ピクシブ百科事典

猿代草太の編集履歴

比較する二つの記事のチェックボックスにチェックをいれてください。

kesuyu
自分自身は人を殺さずに、人を操って人を殺す「人という猛獣を操ってる猛獣使い」と自称し、証拠を残さない巧みで狡猾な策と、自身の手を汚さず、他人に殺人を犯させる策略の前に御剣を幾度も追い込むが、しかし、自らの慢心が災いし、さらに最後の最後まで諦めない御剣達の奮闘で、証拠が暴かれてしまう。