ピクシブ百科事典

影鰐-KAGEWANI-の編集履歴

2016-03-27 20:06:20 バージョン

影鰐-KAGEWANI-

かげわに

突如として出現した「奇獣」の謎を探る、生物学者・番場宗介の物語。

作品解説

現代日本に突如出現し怪事件を起こすUMA「奇獣」と、その事件を追う生物学者番場宗介の物語。
ウルトラスーパーアニメタイムにて2015年10月から1月にかけて放送。
2016年4月から第2期が「影鰐-KAGEWANI- 承」のタイトルで放送決定した。

登場人物

番場宗介(ばんば そうすけ)

CV:杉田智和(幼少期:川庄美雪
本作の主人公兼ストーリーテラーである生物学者。若年ながら京王理科大学の教授を務め、新生物から難病特効薬を発見するなどの功績から遺伝子工学の分野では天才として有名。幼少期に奇獣に襲われたことから各地で発生する奇獣絡みの事件を追っている。左の眼尻に痣があり、奇獣や黒い液体に接近すると痛みを感じるような節がある。
主に黒いスーツを着ているが、13話ラストではパーカーを着用。

木村 雅貴(きむら まさき)

CV:置鮎龍太郎
番場とは別に奇獣を追う製薬会社「猿楽製薬」のエージェント。番場を高く評価し度々研究チームに誘うも「金儲けの話には乗らない」と拒否されている。常に白いスーツを着ている。物腰の柔らかな人物だが、自身の目的や会社の利益のためなら奇獣だけでなく人命すら軽視する冷酷な性格。
会社の私設軍隊を率いて奇獣の出現現場に現れては奇獣の駆除・捕獲を行っていたが、その真の目的は、奇獣の細胞を用いてオリジナルの影鰐に最も近い能力を持つクローンを生み出し、影鰐を生み出した部族と同様にそれを生物兵器として利用することであった。12話にて自分達が生み出した奇獣のクローンが暴走した際、重傷を負った番場や他の研究員達を見捨てて自分だけセーフティーゾーンに避難した。その後、現場に駆けつけた研究スタッフから番場の生存を知り驚愕。監視映像の記録から彼が影鰐と同化・共生したことを突き止め、制圧部隊を向かわせ確保を図るが既に逃走していたことから失敗。施設内が混乱状態に陥り、警備が手薄になった所で自身の元に現れた番場によって解放された影鰐に喰われた模様。


奇獣

本作に登場するUMA。殆どは非常に凶暴な性格で、遭遇した人間を真っ先に捕食する。姿形や有する能力は多種多様だが、黒い体液を持つという共通点があり、猿楽製薬の調査では黒い液体が何らかの要因で他生物の体内に侵入することで寄獣に変異すると推測されている。その正体は10話にて謎の少女と町蔵によって退治され、灰となって散った影鰐の細胞を人間も含めた動植物が吸収、突然変異した物。ほぼ全ての個体に共通する極めて高い攻撃性も影鰐の性質を遺伝的に受け継いだことに由来する。

影鰐

島根の漁村に突然出現した魚に酷似した影の奇獣。村に古くから伝わる怪物で、この奇獣に影を喰われればその本体も喰われてしまうため、影鰐が出現した年には決して漁に出てはいけないという言い伝えがある。影を感知して襲う習性があり、謎の少女曰く村をいくつも全滅させている。しかし、逆に「影」を感知・捕食する特性を利用して暗闇や物陰などに避難をすれば、影鰐も探しようがなく襲われる事がない模様。またこの奇獣そのものが影である為、海だけでなく地上でも移動でき、3体に分裂することも可能。実体を持たず「影」という二次元に存在する故に通常攻撃は通用せず、影鰐を何らかの物体に閉じ込めた後にその物体ごと焼却、あるいは封印するしか倒す術がない。
その正体は、雲南省のとある部族が敵対する他部族を滅ぼす為にあらゆる動物をベースに蠱毒を幾度も繰り返した末に生み出した太古の生物兵器といえる妖怪に近い生命体。その凶暴性は人間の制御の及ぶものではなく、他部族はおろか生みの親である部族すら喰い尽くし、後の時代においても遭遇した者達を容赦なく捕食、殺戮した。
奇獣誕生の元凶でもある。

関連作品

闇芝居