ピクシブ百科事典

和菓子の一種。を平たく伸ばし、小麦粉米粉を水で溶かし練って作ったに包んで焼いたもの。
発祥は江戸時代中期の京都で当初は丸の形をした品しか無く、これがつばに似た形をしているので当初は小麦粉の白を模して「ぎんつば」と呼ばれていたが、「の方が景気が良い」という事で「きんつば」になったとされる。
角形のきんつばは更に時代が下って明治時代に発売され、こちらは先に寒天を四角く固めた上で、水で緩く溶かした小麦粉を塗りながら面々を順々に焼くので製作過程が丸形と比べ若干、異なり味のバリエーションが楽しめる。
他にもサツマイモで作ったをくるんだり、四角い羊羹を用いたりしたきんつばは薩摩きんつば、芋きんつばと呼ばわれ、同じく羊羹を用いたきんつばは栗きんつばと呼ばれる。

この通り、濃厚な味の餡がギッシリ詰まった鍔に小麦粉を塗布して一度、火を通しているので通常のあんこ菓子とは違ってサクサクホクホクとしたサッパリ目の食感が面白い。一方で全国的な菓子である為、形や素材、製法はそれぞれによって大きく異なる事が多い。

日が経って堅くなったものは、を付けてで揚げるとおいしい。

関連タグ

東儀白 六道聖

pixivに投稿された作品 pixivで「きんつば」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37420

コメント