ピクシブ百科事典

オノレンジャー

おのれんじゃー

オノレンジャーとは「スーパーマリオRPG」に登場するボスキャラクター。
目次[非表示]

任天堂スクウェアが共同で作り出したスーパーファミコン専用ソフト「スーパーマリオRPG」に登場するキャラクターである。

説明


通称『鍛冶王戦隊オノレンジャー』。カジオー軍団の一員で、レッド、グリーン、ピンク、ブラック、イエローのメンバーの悪の戦隊。「バーレル火山」でカイザードラゴン(ドラゴンゾンビ)を倒してスターピースを手に入れようとしたところにスターピースを横取りする形で現れ、追いかけっこの末、火山の頂上で戦うことになる。頂上まで追いかける前に、ヒノマートで回復とアイテム調整をしておくといい。

後述のつまらない理由で戦線離脱するため、常にまとまりがない。そのため、グリーンの内心から戦隊解散の危機に陥っていることが解る。

他の軍団の一員の例に漏れず、ラストダンジョン「武器世界」では量産型が登場する。ただし、オリジナルと比べて体力が低く、5人揃って戦える機会が無い。なお、オノフォースは量産型として登場しない。

レッド

チームのリーダーで熱血漢。しかし、ポーズや立ち位置をよく間違えるどドジな一面もある。他のメンバーが2人戦線離脱すると、「きはくアップ」で攻撃力を上げるため、メンバーの中でも意外と仲間想いかもしれない。倒された時の戦線離脱の理由が目が回った。量産型は「こんじょうアップ」も使う。

ブラック

チームのサブリーダーで、ニヒリスト。サングラスをかけているが、レッド曰く安物らしい。1ターンに2度行動で攻めてくるうえに、爆弾で攻撃してくることもある。スペシャル技を喰らったときは、「ばくだんゴロゴロ」でカウンターをとってくる。倒された時の戦線離脱の理由がサングラスが割れたこと。

ピンク

チームの紅一点。回復魔法や「さくらふぶき」を使う。HPはメンバーの中でも最低。厚化粧だったらしく、倒された時は化粧が崩れたという理由で戦線離脱した。量産型は色を塗ってくれないことに不満を抱いていた。

グリーン

オカマっぽい口調をしたノッポな頭脳派。全体攻撃の特殊攻撃を使うほか、「かなしいうた」で沈黙状態にしてくる。運動不足らしく、倒された時は貧血を理由に戦線離脱した。とはいえ、目眩がするのは生まれつきらしい。こころなしか、メンバーの中では攻撃力と防御力が最低で、HPはワースト2。量産型は「キラリしゅうせいぐん」以外の特殊攻撃は使わなくなった代わりに、「フレイムストーン」を使ってくる。

イエロー

語尾に「ゴワス」を付ける巨漢の食いしん坊。割と天然。体力自慢で自分に物理攻撃してくる相手に対してタックルでカウンターする。倒された時は空腹を理由に戦線離脱した(レッド曰く、その割には戦闘前にカレーを食っていた)。

オノフォース

斧の形をした飛空艇。強力な「ジャスティスブレイカ」を使えるがエネルギー充填で2ターンに1回しか攻撃できないのが欠点。最初から使ってもらえなかったことが不満らしい。何故かいつも待ち合わせに遅れて来て、ヤリドヴィッヒとオノレンジャーを困らせた。

なにかんがえてるの

レッド「しまった! さっきポーズまちがえた!」
量産型レッド「この世の悪を 守るのだ」

ブラック「レッドのポーズがちがってたよなあ、いいんかい?」
量産型ブラック「まだ、チームのメンバーが決まってねぇよ!」

グリーン「そろそろ かいさんか、、、、。」
量産型グリーン「めまいがするわ。 これは生まれつきよ。」

ピンク「レッドの立ち位置、おかしいわねえ。」
量産型ピンク「色ぐらい ぬってほしいわ!」

イエロー「みんなひとつにまとまっていて、いいカンジでごわス。」
量産型イエロー「はらへったでゴワス」

オノフォース「最初から、おれを使えよ・・・・。」

余談

スーパーマリオRPG』が発売された当時は『激走戦隊カーレンジャー』で、のちにカーレンジャーでは「暴走戦隊ゾクレンジャー」という悪の戦隊ヒーローがでてきた。また、とある攻略本では、鍛冶王戦隊オノレンジャーのロゴが『超力戦隊オーレンジャー』っぽい感じになっていた。

関連イラスト

「みん」「な」「そ」「ろっ」「て」!!



関連タグ

スーパーマリオRPG カジオー軍団

pixivに投稿された作品 pixivで「オノレンジャー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22238

コメント