ピクシブ百科事典

キース・シャーディス

きーすしゃーでぃす

『進撃の巨人』の登場人物。
目次[非表示]

概要

CV:最上嗣生

スキンヘッドに顎髭が特徴のウォール・ローゼ南方面第104期訓練兵団の教育を担当した教官。
入団式で訓練兵達を某軍曹のように次々と罵倒していった。この恫喝は、毎年行われる通過儀礼であり、「それまでの自分を否定して真っさらな状態から兵士に適した人材を育てるため」に必要な過程である(このあたりの設定も某軍曹と共通する)。しかし、エレンミカサなどのように2年前の巨人侵攻の地獄を味わった者達には必要無いとして行われない。(他に確認できるのは、ライナーベルトルトアニユミル。後に判明するがキースの人を見る目は確かであった事が伺える。)

訓練兵達を厳しく扱いている一方で、それぞれの長所や短所、特性を把握して分析し評価している。
よく問題を起こすサシャコニーを目の敵にしている。
エレンの父親のグリシャ・イェーガーとは面識がある模様で、エレンがグリシャの息子である事も知っていた。また、エレンの悪夢にも過去の姿が登場しており、グリシャがウォール・マリア陥落からエレンのもとに向かうまでの間、彼に会っていた事が判明する。

実は、845年の巨人侵攻前は調査兵団団長を務めており、当時は髪を生やしていた。壁外地域に活動拠点を築くために遠征するも、成果はまったく上がらずいたずらに兵士達を戦死させる結果になることに、己の不甲斐無さを嘆いていた。部下に後の団長のエルヴィンがいた。
わずか2年で風貌が大きく変わっているため、アニメが始まるまで同一人物と気付いた読者はほとんどいなかったと思われる。因みにエレンも気づいていなかった。

また、多くの部下を死なせてきた責任感から結婚はしていないとのこと。
なお、人知れず、後にグリシャの妻となる酒場の娘を愛していたが、様々な要因の上で結ばれることはなかった。この事も、独身を貫く姿勢に繋がってるのかは不明。なぜだか、エルヴィン・スミスも(本人の生死以外は)似たような恋愛事情を経験している。

アニメ本編では初期あたりしか出番はないが、原作初回限定版についているDVDでは出番がかなり多い。
悔いなき選択の番外編(コミック未掲載)によると、通過儀礼は彼が調査兵団団長を現役で務めていたときから存在していたもので、当時は全員に行われていたが、調査兵団に入って間もなかったリヴァイと対面した際の一件で、その必要がない者は免除されるようになった。

余談

公式パロディである、アニメ版『進撃!巨人中学校』ではエレンたちのクラスの担任として登場している。

関連タグ

進撃の巨人 調査兵団 104期生
エルヴィン・スミス

pixivに投稿された作品 pixivで「キース・シャーディス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1168762

コメント