ピクシブ百科事典

テイルモン

ているもん

テイルモンとは、デジタルモンスターに登場する成熟期デジモン。
目次[非表示]

概要

  • 世代:成熟期(ホーリーリング無しの場合は成長期)
  • タイプ:聖獣型
  • 属性:ワクチン/フリー
  • 必殺技:ネコパンチ
  • 得意技:ネコキック、キャッツアイ
  • 勢力:ネイチャースピリッツ、ウィルスバスターズ


聖なるデジモンである証「ホーリーリング」を尻尾に持ち、サーベルレオモンのデータをコピーして作られた爪を備えた聖獣型デジモン。
エンジェウーモン等、あらゆる神聖系デジモンの源となる存在だといわれている。

ネコ型のデジモンに見えるが、開発者の一人渡辺けんじ氏が明かす所によると、実際はネコに擬態したハツカネズミ型デジモンであったという。
なので旧名も「ハツカネズモン」。

なお、後述する八神ヒカリのパートナーであるテイルモンはこの事実を快く思ってないらしく
ヒカリの作っている『パートナーデジモン入門講座』でその事について触れられると、記録を消してしまった。

活躍

デジモンアドベンチャーおよび02

cv:徳光由禾

八神ヒカリのパートナーデジモン。成熟期。
ヒカリ同様おちゃめな一面も見せるが、基本的には姉御肌で落ち着いた性格の持ち主。

他のパートナーデジモン達と違い、長い間過酷な環境で生きてきた為か大人びた性格をしている。
ヴァンデモンの部下として登場し、選ばれし子供たちの前に立ち塞がった。

その正体はゲンナイがダークマスターズから逃亡する際に紛失したパートナーデジモンの一匹であり、現実世界で八神ヒカリに会ってからは自分の本来の役割を思い出し、子供たちの仲間に加わる。
手袋の下にはヴァンデモンからの虐待の痕があり、デフォルトで成熟期の状態を保っていられる上に、パートナー無しで幼年期以上に進化していた。

02の1話冒頭、デジモンカイザーの襲撃から逃げている途中にホーリーリングを失った為、その力は成長期並みのものになってしまい、今作では成長期デジモンと同等の扱いを受けてしまう。
光のデジメンタルが現れるまではパタモン同様足手まといであることを悔しがっていた。
(エンジェウーモン時にしても成熟期並みにまでパワーダウンしている事が仄めかされている。その代わり、ホーリーエンジェモンと違い紋章・タグ・ホーリーストーン無しで進化可能。)

好きな食べ物はチーズ入りカマボコ。
旧名ハツカネズミモンの名残だろうか。

必殺技の『ねこパンチ』は前作ではグレイモンをなぎ倒す程の威力だったが今作では成長期並みの技になってしまった。
前作でヒカリからもらった笛を持っていなかったが、27話の回想シーンでヒカリが持っていたことから再会した際に返したと思われる。

最終回でデジモンカイザーの要塞に放置されていたホーリーリングを、ゲンナイがジョグレス進化のエネルギーとして利用したことを明かした後返却される。
本編中で、前作で自分をヴァンデモンから逃がそうとして消滅したウィザーモンの亡霊と出会い、ヒカリと共に悲しんでいた。

デジモンクロスウォーズ(漫画)

学者であるウィザーモンと縁あって共に旅をしているデジモン。
その昔、人間界に迷い込んだことがあり、その時知り合った人間の少女としばらくデジタルワールドを冒険したことがあるらしい。

相当長生きしているらしく、かつて消滅したウィザーモンをいくつもの世界を渡り歩いてデータを回収し、数百年の時間をかけ再生させた。
最終決戦ではデジモン達が進化の力を取り戻したことで、エンジェウーモンへと超進化して戦った。

アドベンチャーの個体を意識したキャラクター設定だが、性格はだいぶ明るくなっている。

関連デジモン

テイルモンズ


ブラックテイルモン

(上イラスト右端)
亜種。テイルモンとは逆に悪魔系デジモンに進化する。

ミケモン

(上イラスト左端)
亜種。その名の通り三毛猫のようなぶち模様を持つ。

가트몬

pixivに投稿された作品 pixivで「テイルモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1026844

コメント