ピクシブ百科事典

レッドフレーム

れっどふれーむ

機動戦士ガンダムSEED ASTRAYに登場するガンダムの一機。本作の主人公機体である。
目次[非表示]

概要

ナチュラルが操縦することを前提に開発された検証機で、フレームの色はオーブでナチュラル用の機体を表す赤。ヘリオポリス崩壊に際し、ジャンク屋のロウ・ギュールにより発見され彼の愛機となる。
作中では先んじてナチュラル単独の操縦機となったが、ロウは擬似人格コンピュータの「8」をシステムに繋げてサポートを受けている。ベースOSにも積極的に手を加えており、蘊・奥老人から伝授された剣術や、八極拳らしきデータなど、様々な情報を上書きしている。
3機のアストレイの中でも原型を留めている方だが、右腕はゴールドフレームとの初戦以降ヘリオポリスで回収していたP01の物を移植した状態となっている。オプションに関しては150ガーベラやパワーローダーなど奇抜さで他のアストレイの追従を許さず、それらはほとんどロウが自作したもの。

アストレイとジャンク屋組合

ヘリオポリスで建造されたプロトナンバーの中で、民間、それも一ジャンク屋が使用している本機は、同業者をはじめ、その活躍もあいまって次第に高い知名度を得ていく。そして、ジャンク屋組合が、リーアム・ガーフィールドを会長に据え、商業的な一面を持つ組織として機能し始める中で、市販のMSであるレイスタシビリアンアストレイなどを販売、あるいはレンタルが行われた。特にシビリアンアストレイにはこのレッドフレームを含むプロトアストレイのフレームカラーと同じカラーリング版やその外見を似せる為の改造用キットが組合の商品のひとつとして発売、ヒット商品となった。(とはいっても、それらはあくまで外見だけであり、各々がもつ驚異的な機能までは当然ながら再現されていない。さらに、レッドフレームとの差異がカラーリングだけのグリーンフレームは塗装キット(迷彩型紙付き)として発売された。なお、このキットを使用したことによるトラブル等はすべて自己責任となる)。

関連タグ

機動戦士ガンダムSEEDASTRAY
ロウ・ギュール ガーベラストレート
パワードレッド レッドフレーム改
ゴールドフレーム ブルーフレーム グリーンフレーム ミラージュフレーム

pixivに投稿された作品 pixivで「レッドフレーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 101267

コメント