ピクシブ百科事典

勇者(DQ4)

ゆうしゃどらくえふぉー

ゲーム『ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち』の主人公である勇者。プレイヤーは男勇者と女勇者のどちらかを選ぶ。
目次[非表示]

概要

エニックス(現スクウェア・エニックス)より発売されたRPGゲーム
ドラゴンクエストⅣ導かれし者たち』に登場するキャラクター。
物語全般の主人公であり、第五章以降で登場する。17歳。
かつてブランカの北に住んでいた木こりの男性と、天空から舞い降りた天空人の女性との間に生まれた混血児で、両親の所在については父は雷に打たれて命を落とし、母は天空に連れ戻されたとされている。

本人は自らの出生の秘密を知ることはなく、ブランカ北にある人里離れた山奥の村で、血の繋がらない両親や村人に守られながら育てられたが、魔族の王ピサロに自分の住んでいる村を発見された事によって村を滅ぼされ、さらに大事な友人であったシンシアも失い、その仇をとるべく一人で旅立つ。リメイク版では、「序章」にて平和に暮らしており、剣術稽古に励みながらシンシアと楽しく戯れている、幸せだった頃の主人公の姿が描かれる。
世界に平和を取り戻した後、その血筋は遥か未来である続編『V』の花嫁とその子どもたちに受け継がれたとされている。

性別が選べる主人公。
 男ならイケメン勇者。 → タグ『男勇者(DQ4)』推奨
 女ならブロッコリー。 → タグ『女勇者(DQ4)』推奨

一説では天空に帰ったらしい主人公。

リメイク版では、黒幕が別に居るとは言え家族や幼馴染みを差し置いて、彼女らを殺した張本人の恋人を蘇らせるという選択をした主人公。その胸中やいかに。
その悲惨な境遇から、憂いを帯びた陰のある雰囲気のイラストが比較的多い。

公式で使われている名前はメディアにより異なる。
小説版:ユーリル
CDシアター:レイ
ゲームブック:ユウ
PSリメイク版デモ・モンスターバトルロード等:ソロ(男)、ソフィア(女)

山奥の村の人々


商人や農民など普通の人間と、剣士や魔法使いに代表される特殊な人間、そしてエルフで構成されている。小さいながらも平穏で豊かな村であったが、魔軍によって壊滅の憂き目を見る。

両親:勇者の養父母。釣り好きで実直な父は陽気で料理上手な母と共に勇者を健やかに育てた。ピサロに攻め込まれた時、今まで実の親だと嘘をついていた事を詫びつつ勇者を逃がし、滅びる村と命運を共にした。

シンシア:勇者の友達でエルフ。男の子を選んだ場合はガールフレンド、女の子であれば気の良いお姉さんとして勇者に接して来る。モシャスの呪文で勇者の身代わりになった。

騎士魔導士:勇者に戦術を教えた先生。好々爺の魔導士はライデインなど呪文を、騎士は勇者を鍛える一方で談笑を好むなどいずれも好人物。勇者を助けるために率先して魔族と戦い、戦死した。

村人達:田舎訛りの農夫やおしゃべりを楽しむ老人、そして行き倒れの男を助けた宿屋の主人など勇者を優しく育んだ心の温かい人々。だが、その温情が仇となってピサロ率いる魔族の襲撃を招き、全員皆殺しとなってしまった。

山奥の村の南に住む老人

旅を始めた勇者が最初に出会う老人。話しかけると「一晩泊っていきやがれ」と、乱暴な口調で一泊させてくれる(無料。勇者が他のメンバーと合流した後も泊めてくれる)。
ブランカ城に住む老人が「北の森(=山奥の村の南)にきこりの親子が住んでおり、息子は森の中で会った娘と結婚した後に雷に打たれて死亡し、残された父親は今でも1人できこりをしている」という話をするが、その父親がこの老人のことだと思われる。
実際に小屋の横にはお墓がある。更に天空城に、この時息子と結婚した主人公の母親で天空人の女性らしき人もいる。これらの状況を繋ぎ合わせると、彼は勇者の祖父ではないかという説がある。ただし公式発表はされていないため、真実はわからない。
4コマでは時折、勇者と老人の祖父孫水入らずなネタもあったりする。

リメイク版ではパーティの先頭にだれがいるかで呼び方も変わり、勇者(男の子を選んだ場合)とクリフトホフマンピサロは「ガキ」になり、勇者が女の子の場合とアリーナは「じょうちゃん」になる。
また、ライアントルネコパノンは「おっさん」、ブライは「じいさん」、
マーニャミネアルーシアは「べっぴん」と、性別や年齢で呼び方も変化しているが、いずれにしても一泊させてくれるのに変わりは無い。


イラスト

天空の
DQ4ED


おそろ
Ⅳ勇者



関連動画



関連タグ

DQ4 
男勇者(DQ4) 女勇者(DQ4)
緑髪

pixivに投稿された作品 pixivで「勇者(DQ4)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 539476

コメント