ピクシブ百科事典

南総里見八犬伝

なんそうさとみはっけんでん

『南総里見八犬伝』とは、曲亭馬琴・作の長編伝奇小説。
目次[非表示]

南総里見八犬伝』とは、江戸時代後期に曲亭馬琴(滝沢馬琴)によって著された日本の長編伝奇小説古典の一つである。

概要

 里見八犬伝、あるいは単に八犬伝とも呼ばれる「勧善懲悪」「因果応報」をテーマとした作品。
 文化11年(1814年)に刊行が開始され、28年をかけて天保13年(1842年)に完結した、全98巻、106冊の大作である。
 本作は現在に至るまで大衆文学・ドラマ・漫画・アニメなど各ジャンルの創作に影響を与え、多くの翻案が生み出された。
「前世の因縁に結ばれた義兄弟」「共通する聖痕・霊玉・名前の文字」「抜けば水気を放つ名刀・村雨」などのモチーフを借りた作品が数えきれないほど創作されている。

内容

 南総里見家の勃興と伏姫八房の因縁を説く発端部(伏姫物語)、関八州各地に生まれた八犬士たちの流転と集結の物語(犬士列伝)、里見家に仕えた八犬士が関東管領・滸我(古河)公方連合軍との戦争(関東大戦、対管領戦)を戦い大団円へ向かう部分に大きく分けられる。

主な登場人物(八犬士

犬塚信乃 犬川荘助 犬山道節 犬飼現八 犬田小文吾 犬江親兵衛 犬坂毛野 犬村大角

その他人物

里見義実 神余光弘 山下定包 玉梓 杣木朴平 金碗八郎 安西景連 伏姫 八房 蜑崎輝武 丶大 里見義成 里見義通 里見実堯 蜑崎照文 足利成氏 横堀在村 扇谷定正 巨田助友 蟹目前 河鯉守如 長尾景春 箙大刀自 稲戸津衛 千葉介自胤 粟飯原胤度 馬加大記 籠山逸東太 山内顕定 北条長氏 武田信昌 犬塚番作 井丹三 蟇六亀篠 浜路 糠助 網乾左母二郎 古那屋文五兵衛 沼藺 山林房八 妙真 姨雪世四郎 音音 力二尺八 曳手単節 赤岩一角 偽赤岩一角 雛衣  四六城木工作 泡雪奈四郎 浜路姫 船虫 石亀屋次団太 氷垣残三 蟇田素藤 妙椿 政木大全 政木狐 徳用 細河政元   
 

関連イラスト

南総里見八犬伝


関連タグ

里見☆八犬伝 八犬伝ー東方八犬異聞ー 忍法八犬伝 山田風太郎 THE八犬伝 和風  牡丹 コレクター・ユイ

pixivに投稿された作品 pixivで「南総里見八犬伝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 252383

コメント