ピクシブ百科事典

姫海棠はたて

ひめかいどうはたて

姫海棠はたてとは、東方Projectのキャラクター。
目次[非表示]

設定

二つ名今どきの念写記者初々しいスポイラー記者
能力念写をする程度の能力
種族鴉天狗
登場作品ダブルスポイラー』SPOILER、自機 『弾幕アマノジャク』六日目


概要

初登場作品は第12.5弾『ダブルスポイラー』のターゲット及び自機。
また同作のジャケット絵のシルエットも飾っている。

妖怪の山に住む鴉天狗で、射命丸文と同じく新聞を発行している。新聞の名前は「花果子念報」(かかしねんぽう)。新聞記者ではあるが能力の関係であまり出歩かないため、(文に比べて)妖怪の山の中では顔は広くない。

ゲームでは最初は前作『東方文花帖』のように射命丸文を自機として進めて行くが、特定のレベルと一定数のシーンをクリアするとはたてを自機として扱えるようになる。文とはたてのキャラチェンジはシーン選択画面にて行える。各シーンのクリアフラグは文とはたてで別々であり、写真に対するコメントも違うものが用意されている。

ちなみに苗字の「姫海棠」とは、バラリンゴ属の植物である「桷(ズミ)」の別名である。
花言葉は「追憶」。

『ダブルスポイラー』以後は『弾幕アマノジャク』で鬼人正邪の追跡(取材?)を行った他、『東方心綺楼』では当時流行していた宗教家たちの決闘やそのブームに乗った賑わいを観戦している。書籍作品にもはたてと思しきキャラクターの登場が見られており、『東方鈴奈庵』では文が幻想郷の天狗が人間社会に対して行うところを語る際のイメージに力仕事をするはたてと思しき天狗が登場している。さらに『鈴奈庵』での文に関する巻末の設定資料部分にもはたてと思しき天狗が描かれている。このとき、いずれの場面でも犬走椛らしき天狗の姿も共にある。

東方文果真報』では花果子念報が複数回取り上げられている他、文による「文々春新報」創刊号誌面中の袋とじ対談にて本人たちであるとの明記はないもののはたてや文、椛らしき天狗女子たちが昨今の天狗社会を主なテーマとして「 ノーサイドの精神 」で対談している。

テーマ曲

テーマ曲はまだ無い。

ダブルスポイラー』LEVEL SPOILERでは「妖怪の山」がかかるが、これは正確には『東方風神録』の4面ボスである射命丸文のテーマ曲である(妖怪である天狗としての文のテーマ)。また、はたてが使用可能になったことを知らせる画面ではこの画面専用の曲が流れているが、音楽室(サウンドテスト)に載らず、ニュースハウンド(タイトル画面テーマ)のアレンジであり基本的に1度しか聞く事が出来ないのでキャラのテーマとは考えづらい。その為、「妖怪の山」や上述の名称不明の曲ははたてのテーマ曲とは言えない。

はたてのテーマ曲が何らかの形で出る事を気長に待つ事にしよう。

外見

姫海棠はたて
/


癖の強い茶髪のロングヘア―を、紫のリボンで結んでツインテールにしている。
頭には紫色の天狗帽子(文やと同じデザインで色だけが異なるもの)を被っている。
服装は襟に紫のフリルが付いた薄ピンクのブラウスに黒のネクタイをつけ、同
じく黒のハイソックスを着用。
ミニスカートは黒と紫の市松模様が描かれたもので、紫色の部分には上記の姫海棠(桷)の花と思われる模様が描かれている。
靴は天狗らしく一本足の下駄で、それをハイソックスの部分から紫の長いバンドのようなもので縛って履いている。
腰には、カメラを入れるものと思われる茶色のポーチをつけている。

写真を撮るためカメラを持っているが、そのカメラはどう見ても折り畳み式の携帯電話(らしきもの)。
黄色っぽい全体像で、多少明るさの異なる二種類の黄色による、スカートのような市松模様。
ピンク色のハートマークのデコ?が付いている。
を模したストラップがついているがタッチペンだろうか。

性格

「~だわー」「~ねー」「~なのよねー」などとギャルっぽいやや間延びした口調。

気に入ったものや感心したものには非常に素直な賞賛を送り、羨ましいものは素直に羨み、見習うべきは素直に受け入れる。しかし、嫌いなものや気に入らないものは遠慮なく貶したり、「キモーい!」などと嫌悪したり、見下したりもする。良くも悪くも非常に素直。
全体的に明るく軽めの性格。「心に遊びを持たせる」事を大事にしている節が伺える。
上司である大天狗に対してもお祭りなどで無礼講となると頭をド突きに行ったり、大天狗に「接触を控えめに」と言われた鬼に会ってもネタ欲しさに取材を敢行するなど、上下関係にもあまり縛られたがらない。まさに今どき

食べ物にこだわりがあるようで、写真に関するコメントでは食べ物の話が頻繁に出てくる。穣子の取材では焼き芋を欲しがったり、龍宮の使いを見て「どんな味がするのかな」などと考えたり、要石を見て漬け物石を連想するなど、そのこだわりは相当のもの。
爆発する嫉妬心を見て「怨恨殺人燃えるわー」などと発言したり、僧侶の退屈な話に「あーあ、殺人まだー?犯人はー?」などと殺人事件の話を求めるなど不謹慎を厭わない面もある。

また、全く心に裏表がなくて読まれるのが怖くないと言う事なのか、サトリ妖怪に会っても、その能力と彼女らが地底に隠れた経緯を知っていながら「楽しい事を思い浮かべて読ませて喜んでもらおうとする」「自分の新聞の宣伝を相手の読心を利用して行おうとする」など、他の大体の人妖が避け忌み嫌うサトリ妖怪をまるで嫌悪しない。

これらの素直で軽い言動からはかなり若く思えるが、を知っていると思しき発言、及び前述のようにサトリ妖怪が昔妖怪の山に居た頃の事を知っていると思しき発言があることから、かなりの古参妖怪と思われる。ただ、文と比べてどちらが年上かは不明。ちなみに、幻想郷が外の世界と隔離されてから130年近く経つ。(【東方三月精】第9話『長太の妖貝』より)

その素直さは比較的新しいものにも開かれている一面にも垣間見られ、近年の外の世界の技術あるいは人間の流入を、警戒はしつつも概ね肯定している(『文果真報』)。文もまた全く同じテーマで意見を主張しているが、文は外部のものに強い警戒感と拒否感を示しており、開かれることに寛容でそこから得られる実益も見つめるはたてと対照的である。

新聞について

同じく天狗文々。新聞を発行している射命丸文とは、天狗の新聞大会で発行部数を競い合うライバル関係。はたては文の新聞を最低の記事と評し、片や文ははたての新聞を妄想新聞、弱小新聞と揶揄するなど、顔をあわせればキツい言葉が飛び醜い争いが繰り広げられる。しかしこれもライバルとしてお互いに向上するための修行の一環であるため、決して仲が悪いわけではない。

はたての作る新聞は念写の能力を用いて作っていた為、その写真はどこかで見たものしかなく、それ故ネタの新鮮さに欠けるので余り人気が出なかった。その為、自身「不思議な魅力がある」と言う文の新聞の秘密を探るべく行動を開始する。

文とはたてのメディア対決は以後も描かれており、例えば文による「 週刊誌 」である文々春新報(創刊号)では花果子念報の記事二本について取り上げられている(『文果真報』)。
内容への評価は否定的であるが、別の場面では花果子念報のスタイルが文に与えた影響の大きさや刺激など、文個人がはたての花果子念報やそのスタイルから得たものも語られている。
誌面中には、はたて本人の写真(実際の書籍としては挿絵)も掲載されている。
また先述の文々春新報創刊号の袋とじ対談などでみられた「鴉天狗A」と「鴉天狗B」の、ネタの奪い合いにしてそれでも仲の良さも窺わせる様は先述のような『ダブルスポイラー』そのものでもある。

スペルカード




能力

念写をする程度の能力
設定テキスト(omake.txt)によると「持っているカメラにキーワードを入れるとそれにちなんだ写真が見つかる」というもの。

設定テキストに載っているのは以上のものだが、「遠距離を写し、そこに弾幕を発生させる」というスペルカード『遠眼「天狗サイコグラフィ」』も文に「念写」と言われている。
また、正体不明の種で正体を偽っていた封獣ぬえの真の姿をも「念写」で撮影する事に成功している。
この為、設定に載っている念写は現在のカメラを用いた念写の応用の一つである可能性もある。

カメラ

「容姿」欄で述べたように、どう見てもケータイ(ガラケー)の形をしたカメラ。
河童製で完全防水らしい。
文のカメラの範囲よりも撮影範囲が縦に長く、デフォルトの撮影範囲も、横長の文のカメラに対して縦向き。写メだからだろうか。
文のカメラに比べてフィルムを巻く速度が格段に速く、文も内心羨んでいたほど。
その代わり、望遠能力が文のカメラに比べてかなり低い、という欠点もある。
また、軽くて持ち回しやすい為か被写体への振り向きも早い。

ダブルスポイラー時点では、巨大な雲山の撮影時に「パノラマ機能があるって河童が言ってたっけ、どうやって使うのかな」などとまだ使い方が解っていない様子が見られたが、弾幕アマノジャクにおいては『写真「フルパノラマショット」』を使っているので、パノラマ機能の使い方も習得した様子。

二次創作関連

念写に頼りきりで出歩かなかった、という設定から連想された引きこもりぼっちネタと、その延長としての対人恐怖症ネタがある。
それとは別に、制服っぽい服装や携帯電話(らしきもの)、「今どき」という言葉のイメージなどからギャルっぽい女子高生的なキャラとして描かれる事も多い。

と一緒に出てきたときは、文の新聞を最低の記事と評す事からしばしばパパラッチや盗撮を繰り返す文を咎める役を与えられたり、あるいは逆に文と一緒になってパパラッチや盗撮をして2人一緒に咎められたりする。
本編の素直さと裏腹に、容姿(ツインテール)から連想されるキャラ性の印象のせいかツンデレキャラ扱いされる事も多い。
名前が「ほたて」に似ている事からホタテ呼ばわりされることも。

ちなみに念写の能力や服が紫中心の配色なことからジョジョスタンドである「ハーミット・パープル」が連想される。しかもこのスタンドはイバラの形をしており、ひょっとしたら前述の「姫海棠」はこの辺から取られたのかも知れない。(東方には度々ジョジョネタが散見される)

あだ名だったりするはたたんについてはそちらで。

この他『弾幕アマノジャク』において正邪が使用したアイテムであるひらり布がはたてのスカートのカラーリングやデザインと似ていたため、スカート生地を通した正邪とはたての結びつきが考察されたりもしている。

関連イラスト

風舞い
はたはたはたてちゃん


Voices
姫海棠はたて


は~たて~
姫海棠はたてちゃん



最古のほたてイラスト
ダブスポネタバレ ほたてちゃん

関連タグ

東方Project ダブルスポイラー 東方文果真報
今どきの念写記者 初々しいスポイラー記者 花果子念報 妖怪の山 天狗 鴉天狗
イラストタグ
ほたて ひめぱいどう はたぱい はたたん はたたーど 香霖堂天狗装束 はたn ハタテチャンス あやぱいはたぱい
10月9日は天狗の日
カップリングタグ
あやはた はたもみ カラス組 三羽烏 東方三天狗 東方鳥人族

他の記事言語

Hatate Himekaidou

pixivに投稿された作品 pixivで「姫海棠はたて」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40355188

コメント