ピクシブ百科事典

火黒

かぐろ

漫画『結界師』に登場する人型の妖。妖の組織「黒芒楼」のメンバー。
目次[非表示]

曖昧さ回避

1.漫画『結界師』の登場人物。読み方は「かぐろ」。本項では此方を紹介。
2.漫画『黒子のバスケ』における火神大我×黒子テツヤ腐向けカップリングは→こちらで紹介。

概要

◎
無題



年齢不詳(江戸時代末期~)
所属黒芒楼
分類妖・人型、戦闘型
能力身体から刃を出す
CV平田広明

包帯を巻き、を彩った和服を着たミイラ男のような風貌の人型の
生身(人間時代)の頃は江戸時代末期に生まれた人斬りだった。

妖の中でも戦闘に特化したタイプ。

所属する黒芒楼ではまだ若い為か尖兵的立場(幹部達からは若造扱いされている)。しかし戦闘能力は黒芒楼の中でもケタ違いで組織内では重要な戦闘員の一人。

性格は基本的に気まぐれだか好戦的かつ冷酷。それと同時に自分の強さに絶対的な自信を持つ自信家。(紫遠曰く「性格がイケイケ過ぎる」)

彼の言う「自由」はつながりから離れること=孤独(本人も「自由=孤独を恐れないこと」といっている)でありそのためか、自分と同じように孤独である限を仲間に引き込もうとした。
孤独な者に関わろうとし、孤独から解放される者を殺そうとする姿勢をみせる。(限や藍緋など。)
が火黒の強さに目をつけを入れようとするが失敗し、そのとき自ら面白半分で黒芒楼に加わった様子。

独自の美学を持ち、仲間であっても、無様な戦い方をしたら容赦なく斬り捨ててしまう。
自分より戦いを優先させ、より強いものと戦うことを望み、そのためだったらであろうと殺さずに生かしておく戦闘が生き甲斐の戦闘狂である。

人皮を着た状態(行動力・戦闘力・妖力を制限された状態)でも限をも凌ぐ圧倒的スピードを誇る。
全身から無数のを生やす能力を持ち、普段はからを生やしての2刀流で戦うが、戦況によっては腕や胴体から刀を生やす事により標的を引き裂き貫く場合もある。
その刃に斬られた箇所は、妖でも再生が困難になりダメージが残る程。(この特殊な能力で限は傷の再生が困難となり死亡している。)

烏森への総攻撃の際には見物目的で参加するも、完全変化した限を奇襲。その刃にかけて致命傷を負わせ、最終的には死亡させた。

アニメでは人間時代の描写が追加されており、「黒田源一郎(くろだげんいちろう)」という名で紹介されている。江戸時代の天下泰平の世に生まれた貧乏侍だったとされている。
ある道場の門下生の一人だったが師範代を決める勝負で友人であり恩人である坂井との勝負に負けてしまう。
その負けた理由についての坂井からの助言を取り違え人斬りに堕ちる。この際、間時守と出会い「絶界」の脅威を目の当たりにして妖の力を求めるようになる。(しかしこの時に彼が出会った結界師が時守であるというのは原作では詳しく言及されていない為、アニメオリジナル設定である)

最後は妖の誘惑に負けて唯一の友人である坂井を切り捨てて、妖となることを望み、雷の直撃を受け人間を捨てて妖となる。(雷を受けた際に黒焦げとなり、現在の風貌に変わった。)

本人は人間だった頃、刀で人を斬る刹那感覚(何も考えない一瞬)を求めており、ついには人間を捨てて妖となり、望んでいた強さと永遠の時間を手に入れたが求めたものとは何か違っていたらしく、良守により、孤独に耐えられなく仲間を求めていると指摘されている。最期は良守の真界を受け、刹那の感覚を思い出して消滅した。


関連タグ

結界師 黒芒楼

pixivに投稿された作品 pixivで「火黒」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 115129988

コメント