ピクシブ百科事典

猫の恩返し

ねこのおんがえし

柊あおいのコミック『バロン 猫の男爵』を原作とした、スタジオジブリ制作のアニメ映画。2002年公開。
目次[非表示]

概要

監督は森田宏幸。同じスタジオジブリの作品『耳をすませば』の主人公月島雫が書いた物語、という位置づけの作品で、間接的な続編にあたる。

ごく普通の女子高生・吉岡ハルはある日、車に轢かれそうになったを助ける。実は、彼は猫の国の王子・ルーンだった。次の日、猫の国からお礼の品が届けられるが、猫しか喜びそうのない代物ばかり。文句を言うハルに、それならば猫の国へご招待致しますと使者は答え、突然現れた猫の集団にハルは連れ去られてしまう。

主な登場人物

吉岡ハル(CV:池脇千鶴
本作の主人公。朝に弱く遅刻してしまうことが多い。家事が得意で、母が多忙な時は炊事などを引き受けている。初めは猫を助けなければ良かったと思っていたが、気持ちが変わり助けて良かったと思うようになり、普通の生活に戻ってからは時間を大切に生きるようになった。

バロンフンベルト・フォン・ジッキンゲン(CV:袴田吉彦
「猫の事務所」の所長。身の丈30センチほどの猫で二足歩行で歩く。紳士的な性格で、ムタ曰く「キザ」らしい。自身が客に振舞う、特製スペシャルブレンドの紅茶は毎回味が変わるとのこと。

ムタルナルド・ムーン(CV:渡辺哲
バロンの仲間の太った猫。普段は、商店街を徘徊している。口が悪く短気で気難しいが、根は善良でいざという時には頼りになる。昔、猫の国で悪さを働いたらしく猫の国では伝説の犯罪者「ルナルド・ムーン」として知られていた。

トト(CV:斉藤洋介
バロンの仲間のカラス。普段は石像だが、事務所が動き出すと知性を持つ様になる。ムタとは喧嘩ばかりしているが、困難にぶつかった時は力を合わせている。ムタ曰く「靴墨み野郎」。色々とハルやバロンの手助けをする。たくさんの仲間の群れを呼ぶことができる。

関連イラスト

猫の恩返し
猫の恩返し


また会う日まで
無題


にゃ
SP



関連タグ

柊あおい 森田宏幸 ジブリ 耳をすませば バロン  猫耳 擬猫化 バロハル

pixivに投稿された作品 pixivで「猫の恩返し」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2345892

コメント