ピクシブ百科事典

静・ジョースター

しずかじょーすたー

静・ジョースターとは、『ジョジョの奇妙な冒険』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

CV川田妙子(テレビアニメ)
第4部「ダイヤモンドは砕けない」に登場した女の子の赤ん坊。
連載当時は透明の赤ちゃんと呼ばれていた。
後述するスタンド能力のせいでまったく姿が見えず、化粧や装飾品等で視認できるようにしないと探すのも一苦労。化粧越しに見てもカワイイ顔立ちであったので、将来が楽しみな女の子である。
彼女が川に落ちた際の一件は、ジョセフ・ジョースター東方仗助のわだかまりを解くことになった。
その後は親が見つかるまでの間、ジョセフが世話をする事になったのだが
最終決戦が終わっても親は見つからず、ジョースター家に養子として引き取られる事になった。

なお、名前の「静」は「じょう」とも読めるため、この子もまた「ジョジョ」である。

スタンド:アクトン・ベイビー

【破壊力:E / スピード:E / 射程距離:なし / 持続力:A / 精密動作性:E / 成長性:A 】
自身と周囲の物を透明にする能力を持ったスタンド。
その透明度はどこぞの公安警察宇宙戦闘民族が用いる光学迷彩などの比ではなく、「不可視」と言って良いレベル。
ただし、本体の「存在」自体は消せないため、透明化していても本体に触れることはでき、人間よりも優れた嗅覚や聴覚を持つには「いる」ことがわかってしまう模様。
連載当時には名前は無く、後付設定で名づけられた。
静はまだ乳幼児でありスタンドも無作為に発動しているため、感情の高ぶりにおうじて透明化する範囲も拡大・縮小する。なお、自身の透明化は劇中では解除出来ず、顔にファンデーションを塗ることで周囲の目を誤魔化している。サングラスをかけているのは目に化粧は出来ないため。

余談

pixiv内だけではないが、「その後」が空想しやすいポジションのため、二次創作で「成長した姿」が描かれることが多い。代表的な物を制作順に以下に挙げる。
静・ジョースターの学園ラブコメ(2003年開始)
やる夫が杜王町を守るようです(2011年開始)
静・ジョースターの奇妙な日常(2013年開始)
これ以外にも様々な二次創作が描かれているが、短発で終わっていることが多い。

なお、原作では乳幼児だった事に加え、透明化によって外見上の特徴等が一切明らかにならなかった事から、二次創作における成長後の姿は作者によって大きく異なっている。
以下のイラストで見られる姿の静は、『静・ジョースターの学園ラブコメ』の時に既にあったサイト『静主人公学園ラブコメ 妄想ジョジョの奇妙な冒険』で発表されたイラストが元々の元ネタであるようだ。

静ちゃん
【成長捏造】岸辺露伴、静・ジョースターに会う



関連イラスト

【4部】兄妹ゲンカ?
叔母甥



関連項目

ジョジョの奇妙な冒険 ジョジョ ダイヤモンドは砕けない
ジョセフ・ジョースター 東方仗助
マニッシュ・ボーイ(彼も赤ん坊のスタンド使い)

pixivに投稿された作品 pixivで「静・ジョースター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 357323

コメント