ピクシブ百科事典

比較する二つの記事のチェックボックスにチェックをいれてください。

山根コウ
敗北した[[マキシマム>マキシマム(ダイの大冒険)]]に対する「自分がバーン様に買われていると思い込んでいる」「手負いの獣とネズミの区別もつかない」という台詞が、自分自身にも当てはまってしまったのは皮肉としか言いようがない。
山根コウ
[[フェイト(クロノクロス)]]:[[クロノクロス]]の悪役。「人への羨望から[[主人公>セルジュ(クロノクロス)]]の肉体を奪う」「最後は主人公によって引導を渡される」などミストと似た部分がある。
山根コウ
加えてミストバーンはヒュンケルに自身の暗黒闘気を取り込ませたことがあり、それを光の闘気で打ち破られている。これはヒュンケルを我が物にするための策だったのだろうが、この行為がヒュンケルに「憑依されることを見越して光の闘気で対抗する」という手段を思いつかせてしまった可能性は想像に難くない。