ピクシブ百科事典

比較する二つの記事のチェックボックスにチェックをいれてください。

イタチョウ
**この時悟空が作中最初に泣いたシーンであり、このシーンを同作品の名場面に挙げる人も多い。**
霊地王生路
自分が踏み殺されても悟空を恨むことのなかった(ただし、悟空がまた大猿になって他人に被害を及ぼす危険性は警戒していた。)おおらかな人柄は、事実に気付いた時などその後の悟空に大きく影響を与えた。