ピクシブ百科事典

神楽奏助の編集履歴

2018-03-25 11:59:44 バージョン

神楽奏助

かぐらそうすけ

TVアニメ「クラシカロイド」の登場人物。(タイトル画像右の少年)

CV:島﨑信長
クラシカロイド」の登場人物。

概要

「音羽館」の大家音羽歌苗の幼馴染みであり、勝手に音羽館に私物を持ちこんで「居候」している。
※彼にも一応実家(第8話と第17話では数分だけ部屋も登場)が存在し、身内に妹がいることも判明している(第1話と第15話)。

将来はミュージシャン志望であり、度々自身を「アーティスト」と表現するが、口だけばかりで全然楽器の練習をしたりしている気配がない。
動画サイトに歌っている動画をアップしたりしているが評判はイマイチ……というか誰も見ない。
※実際動画を見せられたシューベルトからは、内心、かなり辛口な評価をくらってしまった。

明るいがヘタレで調子のいい性格であり、努力を嫌う。
クラシカロイド達がつかう「ムジーク」を自分も使えるようになりたいと考えている。参考のために彼らにムジークを使わせようとしたりするが、逆に彼らの思惑に振り回されることが多い。

こいつの前世は間違いなくこいつだろう

音羽館のクラシカロイド達と一緒に騒ぎ歌苗をイラつかせることが多々あるが、第5話にてお疲れモードの彼女に好物の饅頭を差し入れに持ってくるなど思いやりがある部分もある。
ミュージシャンや事務所に対する考え方はしっかりしており、第8話後半ではチャイコバダのために一肌脱いだりした。



奏助の歌

作曲面

ミュージシャン志望であるが、前述した通り努力している気配はない。
一応、人工知能タブレット「パッド君」で自作の曲を流すシーンがあるため、時々作曲活動はしている模様。
ただし曲を聞いた周りからの評価は「才能は全く無い凡人」「ミュージシャンとは呼べない」「ミュージシャンに失礼」と散々。
……正直、存在を忘れられやすいシューベルトよりも不憫かもしれない。

おまけに口先のみである場合がほとんどであり、第15話では学園祭で曲を披露すると言っても誰にも信用されていなかった。
その後クラシカロイド達に自分とバンドを組んでもらえるように頼むが相手にされない&作った曲を批判される。
※最も、その批判の内容は的を得ていたが。

精神的にフルボッコになった彼はバンドを解散することを決意し、更にあきらめずに一晩かけて曲を作ることを決意する。
こうして何とか「歌」が出来上がった。

歌唱力面

一言で表すと、「とにかく壊滅的に酷い」。
ひとたび彼が歌いだすと、『人が苦しみだし、周りの物が壊れたり窓ガラスにヒビが入る』というムジークレベルの被害である。
前述した彼が作詞作曲した歌「ぼくは奏助」(後に「ぼくフツウ」に変更)を披露した際には救急車を呼ぶレベルの壊滅的な状況……『地獄の学園祭』をもたらした。
それはクラシカロイドも同様であり、ベトは「これが少年の……ムジーク……!」と気絶し、モツは
「まさかこんなことになるなんて……」と漏らし、チャイコは「もうやめて~っ!!」と泣きながら懇願。あのバッハ様でさえ胸を押さえ苦しむ程。
その後、第18話でミツルロイドに魂を吹き込むために三弦の策略によって(間違って)捕まるが、上記の歌で見事に?ミツルロイドを起動させた。
そのミツルロイドは明らかにロボそのものだったが、音羽館の面々に本人と思われてしまった。


他のキャラクターとの関係

音羽歌苗には強く出ることはできない。ボケ担当。
※ただしクラシカロイド達の行動や発言がぶっ飛び過ぎている時もあるため、ツッコミにまわることもある。
人工知能パッド君相棒として常に持ち歩いており、パッド君には知識のなさをいつも馬鹿にされる。

歌苗の父親がいる頃は、よく近所の子供と彼が作る漆黒のギョーザーを食べに行っていた。
その後も第18話のミツルロイドの件で偶然にもアルケー社内で再会した。

歌苗とは対照的に(概要での思惑以外にも単純に友達的な感覚で)クラシカロイド達には好意的であり、「ベトさん」や「モツさん」などと呼んで一緒につるんでいることがある。

関連イラスト

奏チョとか



関連タグ

クラシカロイド 音羽歌苗 パッド君 ヘタレ