ピクシブ百科事典

カリグラの編集履歴

2018-11-25 11:17:17 バージョン

カリグラ

かりぐら

ローマ帝国の第3代皇帝

概要

ローマ帝政3番目の皇帝。愛称であるカリグラの呼称が一般的だがガイウス帝と呼ばれることもある。英語や仏語読みのカリギュラが使われることも。
暴君として名高く残虐、浪費で知られている。彼の治世は暗殺によって終えた。
フランスの作家アルベール・カミュの戯曲『カリギュラ』でも有名。
ちなみにカリグラとは「小さな軍靴」の意。ローマ軍の軍用サンダルを「カリガ」といい、それにラテン語の指小辞が付いて「小さな」のニュアンスが加わっている。この愛称は幼少期に周囲にいた軍団兵によってつけられた。

ユリウス・クラウディウス朝に属する皇帝で先代であるティベリウスの養孫。
カリグラ暗殺ののち帝位は叔父であるクラウディウスが継いだ。
その他詳細はWikipediaの記事でも見た方が早い。

家族

ユリウス・クラウディウス朝の家系は複雑なのでカリグラを中心に軽く触れておく。
カリグラの父はゲルマニクスで、母は大アグリッピナである。
初代皇帝アウグストゥスの娘ユリアと初代皇帝の腹心アグリッパの間にできた娘の一人が大アグリッピナであり、カリグラにとってアウグストゥスは母方の祖父にあたる。
ゲルマニクスは第2代皇帝ティベリウスの弟大ドルススの息子で、のちにティベリウスの養子ともなっている。従ってカリグラにとってティベリウスは大伯父であり養子縁組上の祖父でもある。またゲルマニクスの母小アントニアはアウグストゥスの姉とマルクス・アントニウスとの娘でもあるため、こちらの血縁からもカリグラはアウグストゥスと関係がある。

第4代皇帝クラウディウスはゲルマニクスの弟であるためカリグラにとって叔父にあたる。
第5代皇帝ネロはカリグラの妹小アグリッピナの息子であるため、カリグラにとっては甥にあたる。またネロはクラウディウスの養子でもある。

カリグラ自身の兄妹にはネロ・カエサル、ドルスス・カエサルの2人の兄とユリア・リウィッラ、ドルシッラ、前述の小アグリッピナの3人の妹がいた。
さらに帝位継承に関係する近しい親族としては、ティベリウスの実子小ドルスス(義理の伯父)及び小ドルススの息子ティベリウス・ゲメッルス(義理の従弟)がいた。

カリグラは複数回の結婚をしているが子供は娘1人しか得ることはなく、またその幼い娘もカリグラ暗殺の際に一緒に殺されている。

ティベリウス ←先代 次代→ クラウディウス帝

ローマ帝国 ローマ皇帝
カリグラ(デモンベイン)