ピクシブ百科事典

サスペンションの編集履歴

2020-02-23 23:45:59 バージョン

サスペンション

さすぺんしょん

吊るすこと。或いは自動車の懸架装置など、振動を吸収する機構のこと。

サスペンション(英:Suspension)とは、英語で何らかの物を吊るすこと。
或いは、ある程度自由に可動し、ダンパーやバネなどで振動を吸収する機構。
一般的に、自動車オートバイのタイヤ~フレーム(シャシ)間のそれを指すことが殆どである。
以下、自動車等のサスペンションについて述べる。

概要

自動車やオートバイの「走る」「曲がる」「停まる」に重要な役割を担う部位で、先に述べたとおり振動を吸収する役割を担うものである。
車両の振動は乗員が不快であるのみならず機器類の故障を誘発させ、高速走行を阻害する要素の1つであるため、サスペンションによる振動の抑制は車両の性能を向上させるうえでは非常に重要であり、古来から様々な形式のサスペンションが考案され、あらゆる工夫がこらされてきた。

振動を吸収するという機能を果たすためにある程度可動する構造であるが、可動するということは当然車体と路面の位置関係が変化することを意味する。
この変化が、常に車両の走行状態や操縦にとって理想であるとは限らず、場合によっては大事故の原因ともなりうるのである。
つまりサスペンションの設計・製造には、必要な方向にのみ可動し、不必要な動きを一切しないという非常に難しい制約が課されるのである。

余談

  • 愛好家らの間では「サス」と略される。
  • 日本語の『懸架装置』も原語に概ね忠実な意味合いである。
  • 「緊張感がある描写を含む作品」を指す『サスペンス』という言葉は、読者があたかも吊るされた(Suspens)ような不安定な心理状態に陥るため、とする説がある。