ピクシブ百科事典

チンギス・ハーンの編集履歴

2012-03-10 19:48:12 バージョン

チンギス・ハーン

ちんぎすはーん

モンゴル帝国の初代帝王。 天下無双の帝王  モンゴルの部族統一後、ハーンとなる。その後参加の軍団が中国の宋帝国・金帝国・南宋帝国・大理国・西夏国・吐蕃国・西遼帝国、アラビアのゴール・コラズム・バクダード。東欧のグルジア・ポロヴェッツ・モルトヴァン・カマブルガリア・ヴィアトカ・キエフ公国を一掃殲滅、一代でその版図を手に入れる・・。

Činggis Qan または Činggis Qa'an 偉大な帝王 天下無双

チンギス・カン(Činggis Qan または Činggis Qa'an, 1162年頃? - 1227年8月18日頃)は、モンゴル帝国の初代皇帝(在位:1206年 - 1227年)。
大小様々な集団に分かれてお互いに抗争していたモンゴルの遊牧民諸部族を一代で統一し、中国北部・中央アジア・イラン・東ヨーロッパなどを次々に征服して、最終的には当時の世界人口の半数以上を支配するに致る人類史上最大規模の世界帝国、『モンゴル帝国』の基盤を築き上げた。

死後その帝国は百数十年を経て解体されたがその影響は中央ユーラシアにおいて生き続け遊牧民の偉大な英雄として賞賛された。

特に故国モンゴルにおいては神となり現在のモンゴル国において国家創建の英雄として称えられている。生年は異説あり。

幼名はテムジン

関連

モンゴル モンゴル帝国
天下無双
現人神
残虐