ピクシブ百科事典

アイスエイジ・ドーパント

あいすえいじどーぱんと

特撮番組「仮面ライダーW」に登場したドーパント(怪人)のひとり。
目次[非表示]

「自分が砕ける音を聞きな!」

概要

19話「Iが止まらない/奴の名はアクセル」と20話「Iが止まらない/仮面ライダーの流儀」に登場したドーパント。
片平清が氷河期記憶を内包したガイアメモリ、アイスエイジメモリを使用して変身。
絶対零度冷気を放出することができ、ヒートジョーカーすらも凍らせることが可能。
また、空気中の水分を氷結させて武器化することもできる。

地面を凍らせて、アイススケートの要領で移動することも可能。
その姿がギアッチョホワイト・アルバム)に似ていると一部でネタにされた。
アイスマンぬ~べ~ゆきめなど、似たようなことをしたことがある氷使いは多いが、Wはジョジョネタが多いので)

初めは照井の両親を殺害したドーパントとして照井竜にマークされていた。

分身体を利用し、仮面ライダーアクセルの「アクセルグランツァー」をかわして逃げるも、(これにより、アクセルグランツァーは初登場で敵を倒せなかったライダーキックとなってしまった)最後は仮面ライダーアクセルのエースラッシャーを受けメモリブレイクされた。
しかし、照井の復讐の相手であるWのメモリとは別人だった。

メモリブレイクの後に正式名が分かった為、ドーパントの中で唯一メモリを挿入するシーンがない

劇場版 仮面ライダーW FOREVER A to Z / 運命のガイアメモリ

劇場版 仮面ライダーW FOREVER A to Z / 運命のガイアメモリでは、T2ガイアメモリのひとつ、T2アイスエイジメモリで変身したT2アイスエイジ・ドーパントが登場。
T2バイオレンス・ドーパントと主に暴れていたが、ルナジョーカーのジョーカーストレンジで倒された。
中の人はサンタちゃんであった。

仮面ライダーウィザード

魔宝石の世界の住人として登場。アマダムに率いられてライダーと戦うが、仮面ライダーオーズオーズバッシュ空間ごとぶった切られて爆死した。


余談

変身者である片平清役の渋谷謙人は、仮面ライダー響鬼で津村努を演じている。

関連タグ

仮面ライダーW ドーパント

pixivに投稿された作品 pixivで「アイスエイジ・ドーパント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4753

コメント