ピクシブ百科事典

ヒートトリガー

ひーととりがー

ヒートトリガーとは仮面ライダーダブルのフォームの一つである。
目次[非表示]

フィリップ「こんな事だろうと思った・・・無茶苦茶だ。」

概要

翔太郎フィリップがそれぞれヒートメモリとトリガーメモリをダブルドライバーに挿入する事で変身する。

トリガーマグナムから炎を纏った炸裂弾を撃ち出し、敵を焼き尽くす。
ヒートとトリガーという攻撃的なメモリ同士の組み合わせである為、初期の9つのフォームの中では最大の火力を誇るが、その反面、最も不安定で危険というハイリスク・ハイリターンなフォームでもある(サイクロンメタルのように相性が悪いのではなく、相性が良過ぎてパワーが強くなり過ぎてしまうため)。
事実、ナスカ・ドーパントとの初対決では脅威の零距離射撃をお見舞いし、園咲霧彦尻彦さんにしたものの、弾丸の強い爆発によってフィリップが意識を失ってしまい、変身を維持できなくなってしまっている。
本編ではピンチの際の切り札的なフォームとして度々活用されている。

またという配色がモチーフとなったキカイダーそのもの(正確にはキカイダー01)になる事から、ネタ絵にうってつけのようである。

マキシマムドライブ

ヒートトリガー・マキシマムドライブ


マキシマムドライブは超高熱のエネルギーを放つ『トリガーエクスプロージョン』。火炎放射でバイラス・ドーパント消毒した。

2つのメモリを同時にマキシマムスロットに挿入する『ツインマキシマム』を初披露したフォームでもある(翔太郎の肉体に余りに負担がかかり過ぎたため、結果は失敗に終わった)。

関連タグ

仮面ライダー 仮面ライダーW 仮面ライダーダブル 左翔太郎 フィリップ
赤と青
接射 零距離射撃 この距離ならバリアは張れないな!

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒートトリガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 139282

コメント