ピクシブ百科事典

アイルトン・セナ

あいるとんせな

本名アイルトン・セナ・ダ・シルバ(Ayrton Senna da Silva, Brazil, 1960-1994)。F1レーサー。生涯65回のポールポジション、そして3度ものワールドチャンピオンを獲得し、「音速の貴公子」の二つ名で呼ばれていた。サッカー選手のペレ、ジーコと並ぶ、ブラジルスポーツ界の英雄。

アイルトン・セナとは1980~90年代に活躍したF1ドライバーである。

別名「音速の貴公子

概要

本名、アイルトン・セナ・ダ・シルバ(Ayrton Senna da Silva)。1960年3月21日にブラジルに生まれる。4歳のころにカートの運転をはじめ、13歳でレースに参加、1983年にイギリスF3に参戦してチャンピオンになり、翌年1984年F1デビューを果たす。1985年ポルトガルGPで初勝利、1988年には初のドライバーズチャンピオンになり、以降1990、91年と3度のチャンピオンとなる。

卓越したテクニックで天才と言われ、史上最高のドライバーと言われる事も多いが、反面天才ゆえに他のF1ドライバーとの確執が絶えなかった。
特にアラン・プロストとは1988年から2年間はマクラーレンで同じチームであり、88年にマクラーレンは年間16戦中、セナ8勝プロスト7勝で計15勝するなど他を圧倒した。
しかし、翌89年もチャンピオン争いを二人が繰り広げ、それが激しくなるにつれて関係が悪化。日本GPではトップを争うさなか、二人は接触。これが原因でプロストはリタイアし、セナは失格に。結果プロストがチャンピオンになるなど、険悪を極めた。
翌90年、プロストがフェラーリに移籍しても対立は続いた。この年は前述の通りセナがチャンピオンを獲得しているが、その決定は、日本GPでスタート直後に接触し両者リタイアという、またしても後味の悪いものだった。

なお、現役時代からお互いにドライバーとしての実力は認めていたとされ、プロストの引退レースとなった1993年オーストラリアGPで、二人はレース後に握手を交わして和解している。
その後は二人で仲良く会話するシーンも見られた他、後述のサンマリノGPでは、フランスでF1中継をおこなっているテレビ局が「練習走行中にセナが無線越しにコースを解説する」という企画をおこなった。この際セナは「アラン、君がいなくて寂しいよ」と無線越しに、テレビの解説者だったプロストにメッセージを送っていた。

1994年5月1日午後2時27分、第3戦のサンマリノGPのレース中にコーナーに高速で直進しクラッシュ、そのまま帰らぬ人となった。満34歳没。その葬儀はブラジルにおいて国葬となった。

この年のサンマリノGPは前日の予選2日目においてもシムテック・フォードのローランド・ラッツェンバーガーがレース中に事故死、さらにその前日である予選1日目にはジョーダンのルーベンス・バリチェロも大クラッシュで重傷を負うなど重大事故が相次いでいた。この事態を重く見た関係者は、選手会組織であるGPDAの再組織、マシンの安全性を高めるための大幅なレギュレーション変更、その後F1が開催された一部コースのレイアウトを変更するなど、緊急安全対策を取っている。
なお、一連の事故が起こったイモラ・サーキットのコースレイアウトは、翌年から事故が起こったコーナーを中心に大きく変更された。

日本において

彼が活躍した1990年代前半はホンダが参戦(セナは長い間ホンダがエンジンを供給するチームに在籍した)、日本人初のフル参戦ドライバー中嶋悟が登場したこともあり、空前のF1ブームになった為であり、セナはF1そのものの代名詞となった。

余談だが週刊少年ジャンプは90~92年まで彼の所属するマクラーレンのスポンサーになっており、彼を主人公とした漫画Fの閃光』(原作:西村幸祐、作画:長沢克義鬼窪浩久)が連載され、1991年シーズンの戦いが描かれた。全2巻。
そのためか、91年シーズンの鈴鹿サーキットのコースサイドには、いたるところに「週刊少年ジャンプ」の垂れ幕が設置されていた。

今後も彼の記録を凌駕するドライバーは現れても、その人気が衰えることは無いであろう。

pixivに投稿された作品 pixivで「アイルトン・セナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33376

コメント