ピクシブ百科事典

カロッゾ・ロナ

かろっぞろな

カロッゾ・ロナ (Karozo Ronah)は、アニメーション映画『機動戦士ガンダムF91』の登場人物である。

私は機械ではない。任務遂行のためにエゴを強化したものだ。

CV:前田昌明

人物像

コスモ・バビロニア建国戦争当時のクロスボーン・バンガードの軍事部門指導者。45歳。
ロナ家当主マイッツァー・ロナの娘婿にして、ベラ・ロナドレル・ロナの父。旧姓はビゲンゾン。
常に頭部を覆う仮面を被り、「鉄仮面」の異名で呼ばれる。

マイッツァーの唱えるコスモ貴族主義の信仰者でもあり、元々はバイオコンピューターの研究者であったが、彼の娘ナディアとの結婚を機に貴族主義思想に傾倒していくようになる。
しかし、そんな夫にナディアは愛想を尽かしてしまい、ベラを連れてパン屋のシオ・フェアチャイルドと共に出奔してしまった。妻を別の男に寝取られた自分を情けない男だと恥じたカロッゾは、鉄仮面を被り自分の素顔を隠し、理想国家コスモ・バビロニアの実現の為に強化人間となり、理想成就まで決して仮面を外さないことを自らに誓う。

彼に施された肉体強化は高度なレベルの物であり、精神的な脆弱さを持たず、また鉄仮面越しとは言え頭を狙撃されても動じることはせず、宇宙空間を生身で行動し、モビルスーツのハッチをその手でこじ開けるなど、文字通り人間離れした能力を発揮した。
加えてモビルアーマーをサイコミュでコントロールしながら他の動作に興じる事からも、彼の強化人間としての完成度の高さを物語っている。

しかし、この強化によって彼の精神は醜く歪んでしまい、その結果貴族主義を曲解して解釈し、増えすぎた人口を削減する目的で独自に「ラフレシア・プロジェクト」を推進するようになり、極秘裏に無人攻撃兵器「バグ」を開発する。
そしてバグの性能テストとして戦いに無関係なコロニーのフロンティアⅠにバグを投下、一般市民を大量虐殺した。
この機械による無作為の粛正を、カロッゾは「誰の良心も痛める事はない良い作戦」と語っており、テストが良好であればバグを月と地球に降下させる予定であったらしい。
なお、カロッゾの発言いによれば「人類の10分の9を抹殺しろと命令されれば、こうもなろう」というものがある為、彼の考案していた人類抹殺計画を最初に提案したのはカロッゾ本人ではないと考えられる(コスモ・バビロニア戦争の裏で糸を引いていた木星帝国クラックス・ドゥガチによる可能性が挙げられる)。

フロンティアⅠでの宇宙空間での戦闘ではモビルアーマーラフレシア」に搭乗し、地球連邦軍の艦隊を一機で全滅させ、セシリーの乗るビギナ・ギナも大破させた。
そして、ラフレシアのコクピットから生身で宇宙空間に飛び出し素手でビギナ・ギナのコクピットをこじ開けるという驚くべき離れ業をやった後、セシリーをコクピットから引きずり出して宇宙空間に放り出してしまう。
その後、シーブック・アノーの駆るF91との戦闘に陥るが、F91の限界稼働の産物である「質量を持った残像」に対処する事が出来ず、眼前に迫ったF91を迎撃する為にラフレシアのテンクタラーロッドを差し向けるが、皮肉にもそのテンクタラーロッドの放った攻撃が行われる前にF91は離脱し、テンクタラーロッドのビーム攻撃がコックピットに直撃した事で命を落とした。


漫画版では尺の都合により宇宙貴族主義が余り掘り下げられず、バグによる殺戮さも好き好んで行っているかのように描かれている、文字通りの「ド外道」なため、ラスボスとしての狂いっぷりが強化されている。

関連項目

機動戦士ガンダムF91
クロスボーン・バンガード ラフレシア
セシリー・フェアチャイルド ドレル・ロナ

pixivに投稿された作品 pixivで「カロッゾ・ロナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 154994

コメント