ピクシブ百科事典

シンデレラガールズ

しんでれらがーるず

「シンデレラガールズ」とは、ソーシャルゲーム『アイドルマスター シンデレラガールズ』及びそのアニメ版の略称、又は同作初出のアイドルの総称、或いは同作に登場するユニットである。
目次[非表示]

略称としてのシンデレラガールズ

アイドルマスター シンデレラガールズについての作品に対するpixivタグは、現在「アイドルマスターシンデレラガールズ」が最も優勢である。しかしこのタグが長いためか、略称である「シンデレラガールズ」タグにて投稿されている作品がいくつか見られる。また、pixivタグではスペースの記入が認められていないが、それに気づかぬままタグ欄に「アイドルマスター シンデレラガールズ」と記入したためにタグが分割された結果、「シンデレラガールズ」タグで登録されているケースも見られる。
いずれにせよ、pixivでは部分一致によるタグ検索が可能なので、「シンデレラガールズ」で部分検索をかければ両タグの作品がヒットする。

この「シンデレラガールズ」はネット上や口頭で本作そのものの略称としても使われる。ただ、略称は他にも「モバマス」、「モゲマス」、「デレマス」、「シンデマス」、「アイマスCG」などと乱立しており、比較的長いこの略称は目立ちにくいのが現状である。そのため、pixivのタグ数では「アイドルマスター」より少ないながら、略称として広く一般に使われている「アイマス」と違い、若干中途半端な立ち位置になってしまっている。

略称については、アイドルマスターシリーズ総合ディレクターの石原章弘(通称「ディレ1」)が、「シンデレラ」を用いることを強く推奨している。また、本作に関連する各種催し物の出演者の間では「デレマス」が若干優勢である。更に、ツイッター上で使用されるハッシュタグは「#imas_cg」が広く普及している。ただし、アニメ版放送開始前からのプレイヤーを中心に「モバマス」も依然として根強く使用されている。
なお、同作から派生したアプリゲーム『アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ』の公式略称は「デレステ」となっている。

総称としてのシンデレラガールズ

また、本作に登場するアイドルの内、765プロ所属の13人を除いた本作初出のアイドルを総称して「シンデレラガールズ」と呼ぶ場合がある。これはディアリースターズパーフェクトサンなどと同じ用法。

但し、pixivにおいては全員が同じ作品に描かれたものには専ら「モバマスオールスター」タグが用いられ、更にアニメ版では本作初出アイドルが346プロダクション所属と定義されたため、総称としての用法は今後も減少するものと思われる。

ユニット名としてのシンデレラガールズ

ソーシャルゲーム版の運営であるCygamesが用いる場合はシンデレラガール選抜総選挙で首位を獲得し、[シンデレラガール]の称号を手にしたアイドルで構成されたユニットの名称として用いられる。現在は、第1回の覇者十時愛梨第2回の覇者神崎蘭子の2人によるユニットである。2013年6月に行われたドリームLIVEフェスティバルに同ユニットが登場したのを皮切りに、その後もしばしばイベントに出演している。
ただし、総選挙が回数を重ねるうちに[シンデレラガール]の称号を持つアイドルも増えている都合上、今後ユニットの形態に変更が出る可能性が大いにある上、そもそも本用語の用法が多岐に亘ることから、愛梨と蘭子のコンビを特に指す用語としては従来のととらんこが推奨される。

アニメ版でのシンデレラガールズ

346プロの主力アイドル9名で、シンデレラプロジェクトの先輩たち。デビュー経緯は明らかになっていないが、内3名は予てからの芸能界経験者である。第1話冒頭でお願い!シンデレラを歌った際、グループ名「シンデレラガールズ」がクレジットされた。それぞれソロ活動もしている模様。
メンバーは高垣楓城ヶ崎美嘉小日向美穂十時愛梨川島瑞樹日野茜輿水幸子佐久間まゆ白坂小梅

第25話のラストシーンでもシンデレラプロジェクトの14人が前述の9人同様スターリングプリンセスとこのユニット名を踏襲して「お願い!シンデレラ」を披露した。

関連タグ

アイドルマスターシンデレラガールズ
モバマスオールスター 346プロ シンデレラガールズユニット
アイドルマスターシンデレラガールズのカップリング一覧 ととらんこ
シンデレラガール
お願い!シンデレラ スターリングプリンセス

pixivに投稿された作品 pixivで「シンデレラガールズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33191965

コメント