ピクシブ百科事典

ヘラジカ

へらじか

シカの一種。トナカイではない。
目次[非表示]

概要

偶蹄目シカ科に分類される哺乳類の一種。漢字表記は「箆鹿」。巨大な角をヘラに見立てての命名。原住民による名前は「木を喰う者」の意味を持つ。
ラクダジカ、オオジカとも言う。

ELK
闇の輝き


通称「森の王」。
アルビノの個体は「神の使い」と原住民から崇められ、殺したハンターがトラブルに巻き込まれたこともある。
首の下にある房とラクダのような顔が特徴。現代に生き残った鹿の仲間では最大。
二番目はアカシカヤックルではない)。
武井壮も、ヘラジカとの遭遇がきっかけで百獣の王を目指したらしい。

最大で肩の高さは2.3m以上体長は約3.4m角の差し渡しが2m弱体重820kgにもなる。馬も逃げ出し、犬に付きまとわれても動じず、自動車と衝突すると車のほうが大破するレベル。実際、年間数百人の犠牲者が、ヘラジカと乗用車の衝突で出てしまっている。

  • 実数値は不明だが、明らかに上の数字よりデカイ個体も撮影されているので、将来的には記録更新されるかもしれない(「Sir」と呼ばれる名前も風格のある個体が有名)。イノシンなど、他の生物にも記録更新が狙える超ド級の個体がいる。

足が非常に長いのが特徴で、このおかげで豪雪部の移動や水泳も得意。

中国やカムチャッカ半島含め、北半球の森林地帯に広く分布し、ヨーロッパでは「エルク」(Elk)アメリカでは「ムース」(Moose)と呼ばれていて、トナカイと勘違いされることも。ただし、エルクは別種の鹿の事を指すことも多い。また、大陸や地域、圏ごとに亜種分かれしていて、アジアなどの種類は角が小さく尖っている。

食性は草食性で、木の葉や樹皮、地面に落ちた種実類、水草等を食べる。地上と水中の水草を両方エサにできるのは彼らのアドバンテージである。

Moosehead


一見危ないように思えるが、実はめちゃくちゃ人懐っこい

裏庭や町中、大学の敷地などにもよく出没し、庭のプールで水浴びすることもある。
家畜化に成功した地域もあり、乗馬ならぬ乗鹿もできる。

もちろん、狩猟が盛んな地域の個体や、親子や繁殖期のオスなどは興奮状態にあるので神経質で危険には変わりないので注意が必要だが。
また、奈良公園のシカ同様、ダニには注意。ヘラジカの場合はダニのサイズも半端なく、なんとヘラジカ自身が殺されてしまうこともあるのだ。

余談

動物が描きたくて


  • 日本での知名度は決して良くない動物であったが、某番組が2016年11月20日に取り上げて認知度が上がったとか。

  • かつては日本にも分布し、もし人類との接触がなかったら/共存が成功していたら、現在でも北海道や本州などにいたかもしれない。ナウマンゾウオオツノジカマンモスケナガサイメガテリウムホラアナグマモア、巨大ウォンバットなど、数多くの大型動物が捕食者としての人間&石器を知らず、人間や家畜のもたらした病気にも免疫がなく、石器の進化などによって殲滅されてしまった&それを餌とする大型の捕食動物も後を追って絶滅した。
    • 現代、アフリカやインドなど、アフリカ大陸に近い地域に大型動物が比較的に多く残っており、それ以外では数も種類も少ないのはそのためである。

関連イラスト

ヘラジカ
「ささえ」 エアブラシ水彩原画
A giantness of Woods
ヘラジカさんと



関連動画


関連タグ

動物 シカ トナカイ 巨ケモ
チョッパー - 怪物モードのモチーフ
ランピー
ムースリーニ先生

pixivに投稿された作品 pixivで「ヘラジカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43125

コメント