ピクシブ百科事典

レベルを上げて物理で殴ればいい

れべるをあげてぶつりでなぐればいい

「レベルを上げて物理で殴ればいい」とは、クソゲーにおける真理である。
目次[非表示]

2010年春に発売されたPS3ソフト『ラストリベリオン』攻略wikiの基本にして極意である

ピクシブでは大体こんな感じに使われる。

ティロ・フィナーレ(物理)!
妖夢「レベルを上げて物理で殴ればいい!」



元ネタ

2010年クソゲーオブザイヤー大賞に輝いた腐朽の迷作『ラストリベリオン』の戦闘システムが、あまりにもあんまりであったために付けられた決め台詞である。

「レベルを上げて物理で殴る」という戦法は、RPGの基本中の基本である。よほど戦略性の高い特殊なシステムのゲームや、根気強いプレイヤーでない限り、レベルをロクに上げずに強敵に挑もうとするプレイヤーはあまりいない。

しかし、このゲームの場合は少し意味合いが異なる。

『ラストリベリオン』は淡々とプレイして淡々と売りにいくタイプのゲームとさえ言われる。
このゲームは、そもそもの戦闘システムが潔いほどつまらない。
複雑な属性ダメージをもつ魔法攻撃システムがあり、制作側のコンセプトとしては「ユーザーが試行錯誤して敵の弱点の属性を見つけ出す楽しさ」を重視していたようで、実際、レベルが自分たちよりも高い敵と出会うと、敵と相性のいいダメージ属性の魔法による攻撃を意識しないとあっという間に全滅してしまう。
しかし、このゲームはそのコンセプトを台無しにする過激すぎる成長バランスになってしまっている。
なんと、レベルを上げるごとにHP上昇値ごと上がっていく。正確には単純にHP値を約1.1倍しているのだが、それだけで特にこれと言った補正はない為、掛け算の掛ける方が上がっていくのである。ヤミ金の利子か指数関数の如く。
レベル1で500だったHPが、レベル50になる頃には53000を超えている
まさにチート

そのため、「○○がたおせないよー!」という話になっても、敵と相性のいい魔法などを見つける工夫などまったくせずとも、単純に「レベルを上げて物理で殴ればいい」で全て解決することになる。

しかし考えてみればゲームとはクリアーして何ぼなのだから、ある程度はプレイヤーに対して優しくて然るべきではある。
とはいえ、それにも限度はある

道具を揃え仲間を殺させなければ相当下手でない限り力押しできる、そういったぬるいゲームが最近のRPGの主流なのも確かだが、「レベルを上げて物理で殴ればいい」とまで言われてしまうとある種の侠気というか真理を垣間見た気分になれる。
(参考のために書いておくが、『ラストリベリオン』には「」という概念はない。アイテムを得る方法はただ宝箱を捜して装備品を漁るだけである)

……もちろん気のせいだが。

やり込み要素も特にないため2010年クソゲーオブザイヤーの据え置きゲームハード部門では、「バグなどの致命的な点はないが、褒められる点もどこにもない」王道クソゲーとして堂々の大賞を獲得した。

何かと勘違いされやすいのだが、製作したのはヒットメーカーであり、日本一ソフトウェアではない

なお属性魔法を使うにはまず敵を物理攻撃しなければならない為、正確には「物理で殴らざるを得ない」のである

あと前年発売のセブンスドラゴン』にも同じ傾向があったとか内緒だぞ。
さすがに『ラストリベリオン』ほど酷くはないが、
具体例 みんなスキルの割り振りとか苦慮してるのにこんなんで勝てたら苦労はないわな。
こっちの発売元はセーッガーッ

何故か『魔法少女まどか☆マギカ』のイラストが多い。……わけがわからなくはない
だいたいマミさんが好きすぎる人まどかタイタスせい
当然、ユーザーが高確率でまどかと同時に影響受けてるだろうこっちの魔「砲」少女のネタもあるのだが、

Fate Testarossa
力を上げて物理で殴ればいい


なぜかこっちは実際に物理的にも強いは描かれていないわけがわからないよ
さらにコレ以降はもはや魔法=物理な状態に。どういうことなの・・・

関連イラスト

攻撃魔法(物理)
レベルを上げて物理で殴ればいい



関連タグ

ヒットメーカー 日本一ソフトウェア クソゲー クソゲーオブザイヤー 物理 作業ゲー
ティロ・フィナーレ(物理) 砲雷撃戦(物理) 地球なめんなファンタジー
ゴンさん(正確には「レベルをカンストさせて物理を強化した念能力で殴る」

pixivに投稿された作品 pixivで「レベルを上げて物理で殴ればいい」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1239143

コメント