ピクシブ百科事典

ロン・ベルク

ろんべるく

漫画「DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」の登場キャラクター。
目次[非表示]

概要

魔界の名工と呼ばれる武器職人。鎧の魔剣をはじめとする、鎧の魔槍ダイの剣等の強力な武器を多数制作した。
居眠りしながら作った手抜きの剣でさえ覇者の剣に匹敵する存在感を持っていた。
ダイを人外だと一目で見破り、ヒュンケルと二人係でも軽くあしらう剣の達人(但し、ヒュンケルはラーハルトから鎧の魔槍を受け継いで、武器を槍に切り替えたばかりだった)。

特徴と言うべき顔の大きな×字傷は、90年前、大魔王バーンの宮廷から彼の元を去った時、私情の元に行動した責を咎めたミストバーンの攻撃を甘んじて受けたためについたもの。

後に魔界から地上へ移りランカークス村周辺の奥まった森にある小さな工房に居を構える。ポップの父ジャンクとは最近知り合ったばかりだが、『偉そうにふんぞり返るお偉い方に反抗して野に下った者』と究めてよく似た境遇から種族の垣根を越え信頼し合う仲である。

必殺技は二刀一対の細身の剣「星皇剣(せいおうけん)」による、縦横同時に二刀を振るう事で敵を十字に切り裂く「星皇十字剣」。絶大な破壊力を持ち、自身が作った「グレイトアックス」も刃が立たなかったザボエラの超魔ゾンビすら完全破壊するも、その代償は大きく、両腕と武器はその威力に耐えきれず破壊される。
腕は回復力の高い魔族でも回復に時間がかかるほどのダメージを負い、200年近く前に強敵との戦闘の際、この技を使い腕を壊している。武器職人の道を目指していたのも、星皇十字剣に耐えられる武具を作りたかったからであり、繰り出した後決戦前に完全に仕上げるべきだった事と、周囲の者が生きている間に新しい武器も作れず悔やむ事を口に漏らしている。
因みに目指すべき最大の目標としていたのは真魔剛竜剣。

ノヴァとは普段の姿勢から不仲だったが、上記の超魔ゾンビ戦を経て和解し、彼を弟子に持つようになり、共同でピラー・オブ・バーン内部の黒の核を停止させている。

大戦後は工房のあるランカークスへと戻り、ノヴァを最高の武器職人にすべく基礎のイロハを逐一教えながら養生している(完治させる方法は近年のドラクエでは非常に多いので可能性はあり得る)。
自然治癒に頼ると両腕を治すのに魔族の高い再生能力を持ってしても70年近くかかる。

関連イラスト

ロン・ベルク
[ダイ冒]傷つき迷える者たちへ


伝説の迷工



余談ではあるが、バトルロードに登場したダークドレアムグランドクロスのモーションがこの技に酷似している。
参考・この動画の2:00あたり。http://www.youtube.com/watch?v=1V3ujgTG8lM

関連タグ

ダイの大冒険
鎧の魔剣 鎧の魔槍 ダイの剣 光魔の杖 ブラックロッド
ミストバーン

魔族 武器 武器職人 鍛冶屋 スカーフェイス 酒飲み

pixivに投稿された作品 pixivで「ロン・ベルク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26406

コメント