ピクシブ百科事典

仮面ライダーベルデ

かめんらいだーべるで

『仮面ライダー龍騎』に登場する13人のライダーの1人。
目次[非表示]

「人間はみんなライダーなんだよ!!!」

概要

TVSP『仮面ライダー龍騎 13RIDERS』にのみ登場する、高見沢逸郎が変身する仮面ライダー
基本カラーは明るいメタリックグリーン
カメレオンの意匠の処理が秀逸なデザイン。頭部のカメレオンの目を模した場所にスリットが沢山あるように見えるが、実際のスリットは真ん中の一本だけで他は全部ダミー。
舌が這うような紅い模様は仮面ライダーアマゾンオマージュ。まぁ、同じ爬虫類モチーフだし。
名前の由来は、イタリア語で「」を意味する「ヴェルデ(Verde)」。

召喚機は舌召糸(ぜつしょういと)バイオバイザー
左足太ももに装着しており、舌のように伸ばしたカードキャッチャーにカードを挿し、離すと自動的に巻き戻り、収納されるとカードが読み込まれる方式。微妙にめんどい

ホールドベントにより召喚する、バイオグリーザの目を模したヨーヨー型の武器・バイオワインダーを武器としており、クリアーベントによる透明化や、ライアのものとは異なり武器だけでなく標的の外見をもコピーするコピーベントといった、様々な特殊技を駆使した騙し討ちを得意としている。
一方、基本能力に関しては、実は最弱扱いされているシザースよりも低い(キック力だけが対等で、パンチ力、ジャンプ力、走力の全てが負けている)
これをカバーする為か、劇中でベルデは他のライダー達を扇動して、標的のライダーを攻撃しているが、利用している事実を指摘されない為か、トドメだけは自身で刺している。

ファイナルベントの技は、バイオグリーザがベルデの足に舌を巻き付け、振り子の要領で標的を捕え、パイルドライバーの要領で標的の頭を地面に激突させる「デスバニッシュ」。
平たく言えばキン肉ドライバー
「HAHAHAHAHA…」の高笑いが印象深い。

所持カード

ホールドベントバイドワインダーを召喚2000AP
クリアーベント自身を透明化
コピーベント相手の姿・武器をコピー
アドベントバイオグリーザを召喚4000AP
ファイナルベントデスバニッシュを発動5000AP


※コピーベントの性能は、仮面ライダーライアがもっている同名カードよりも上。

契約モンスター

契約したモンスターはバイオグリーザ
カメレオン型モンスターで、基本カラーは緑。
保護色によって周囲の景色に紛れ込み、最大600m伸びる長い舌と、バネが仕込まれた逆関節の脚部による高いジャンプを武器としている。

高見沢逸郎

38歳。巨大企業・高見沢グループ総帥。
一見温厚な性格に見えるが、「この世は所詮力のある奴が勝つ」という考えを持つ過激な性格。
詳細は該当記事を参照。

最期

他のライダーを率いて龍騎ナイトを袋叩きにし、ナイトに致命傷を負わせるも、ナイトの起死回生にたじろいて背中を向けて逃げ出した所で、彼のファイナルベントである飛翔斬を後ろから受けて死亡するという無様な最期を迎えた。

なお、「戦いを続ける」結末でも「戦いを止める」結末でも彼の死亡する運命は変わらない。

DRAGON KNIGHT版

本作での名称は仮面ライダーキャモ。キャモとは「迷彩塗装」の事。
裏格闘界のホープの黒人青年、グラント・スティリーが変身。こう見えても20歳。
吹き替えを担当したのは我らがザンキさんこと松田賢二氏。

裏格闘界では名を馳せた実力者だが、自己中心的で手段を選ばないために人望がなく、仲間から見放されていたところに傭兵のスカウトを騙るゼイビアックスと出会い、ライダーとなった。

自分以外の強い者と戦う為にキャモとなり他のライダー達に戦いを挑んでいたが、キットから説得されてようやくゼイビアックスに騙されていた事に気付き、戦いから降りようとするがその隙にトルク(ゾルダ)の不意打ちによって致命傷を負い、ファイナルベントを喰らってベントされた。

『2WORLD 1HEARTS』ではプロの格闘家として名声を手にしつつあったが、スチュアートに「見世物ではなく命を懸けた本物の戦い」こそグラントが真に求める物だと見抜かれ、モンスター掃討に参加した。こちらで初披露したファイナルベントの名称は日本版の「デスバニッシュ」から、米国版の名称に即して「バイオバニッシュ」に変更されている。

格闘家なだけあって肉弾戦を主体とした戦法を好むが、その性格と能力からトリッキーな技で相手を翻弄し、挑発することが多い。
「更なる力を求める」という点では原作の高見沢に近いキャラだったと云える。

結果的にインサイザー(シザース)と似たような扱いとなってしまい、ファイナルベント、バイオグリーザは未登場に終わったが、劇中のアクションは流用のない完全新規映像。キレのある軽快なアクションシーンは一見の価値あり。

仮面ライダーディケイド

ライダー裁判の参加者の1人として登場。
シザースを相手に終始優位に戦いを進めていたが、シザースの「降参する」という発言を鵜呑みにして油断したところへボルキャンサーを召喚され、挟み撃ちにされて倒されてしまう(死亡はしていない)。ミラーワールドから弾き出された後、「卑怯だぞ!!」とシザースを罵るが、「卑怯もラッキョも大好物だぜ!!」と言われてしまった。
なお、変身解除後の描写から、変身者は青年であることが判明しているが、名前は不明。

関連項目

仮面ライダー龍騎 13RIDERS
平成ライダー 仮面ライダー

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーベルデ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 53646

コメント