ピクシブ百科事典

光落ち

ひかりおち

悪役だった、あるいは心に何らかの闇を抱えたキャラが正義や愛などに目覚めて善玉キャラになること。
目次[非表示]

概要

悪堕ち闇堕ちの逆を意味する言葉。
悪役として存在感を持っていたキャラクターが、何らかの理由で善の心を持つようになり、今までとまるで別人のようなキャラとなってしまう現象のことを言う。
少年漫画ライトノベルヒーローものではない方がおかしいレベルのお決まりのパターン。
厳密には光落ちとは呼べないパターンでもそう呼ばれる事がある。

基本

  • 主人公とタイマン張った事で愛や友情に目覚める
  • 自分が間違っていた事に気づく、もしくは自分が信じていた人物が間違っていたことに気づく
  • 「(女性や子供と言った)判りやすい弱者」と成り行きで行動を共にしているうちに情にほだされる


光落ちかは微妙

  • 悪党に騙されていたのに気づいた、もしくは洗脳が解けた
  • 組織に捨て駒にされたり、追放されたりしたのが原因で古巣と対立するようになった
  • 個人的目的を達成してしまった、もしくは不可能になった(妹の手術費用→手術を受ける前に妹死亡、等)事で悪事を働く理由がなくなった
  • 「おまえを倒すのはこの俺だ」とか言って主人公をピンチから救ってしまう

ただしこの後、成り行きで主人公と共闘しているうちに真の光落ちをするパターンも少なくはない

最初から光側の人間=「光側に落ちた」とは言えない

  • 人質を取られて無理やり戦わされていた
  • 悪の組織への潜入捜査のためにあえて悪人を演じていた。つまり「敵を騙すにはまず味方から」
  • 主人公が黒幕から嘘を吹きこまれたか勘違いをしていただけで、本人は悪人ではない


そもそも光落ちしていない

  • 共通の敵が現れたことによる一時的な共闘
    • 自分の手を汚さずに邪魔者(組織内の上司やライバル)を排除するために主人公に近づく
  • 悪の組織よりも主人公側に付いた方が個人的な目的の達成には有利だと判った為(ただし真の光落ちをする可能性あり)
  • 主人公を油断させるために光落ちをしたふりをしただけ


などがある。

何故「光」というポジティブな単語に「落ちる」(墜ちる)というマイナスイメージを持つ単語がくっつく形で定説化したのかは不明。
まぁ単純に「『闇堕ち』のバリエーション」という意味合いを示す上で、他に語呂の良さそうな単語がなかった為かもしれないが。

悪だからこその魅力を持つライバルキャラが光落ちした場合、本来持っていた格好良さが活かせなくなってしまうというリスクもある。下手をするとかませ犬化や死亡への道筋にもなってしまうことも……
稀に悪役の頃よりも強くなる場合もあるが、そう言った展開はごくわずかである。
悪役時代にそのキャラのファンになった者にとってはまさに「愛や友情に溺れて堕落してしまった」と言わざるを得ない仕打ちだったりするわけで、「落ちる」というマイナスイメージを持つ単語がくっつくのも仕方ないかも知れない。カイロ・レンなどはまさに肉親への情による迷いを光の誘惑と認識している。中にはキン肉アタルの様にそう言ったキャラに喝を入れるキャラも存在する。
尤も、創作作品では「強敵だった〇〇よりさらに強い敵」」と言う物語の展開上、昔の敵がかませ犬になるのは光落ちとは関係なしに良くある話だが。

更に話によって性格が違うというパターンが、劇場版『ビーストウォーズⅡ』や『パワーレンジャー・ミスティックフォース』に見られた。それはピンチへの導入だったが、創作上最低の光落ち行為と見て取れるだろう。

主な光落ちキャラ一覧

ジャンプ


マガジン


サンデー



ガンガン


少女漫画


セーラームーンシリーズ


プリキュアシリーズ

光堕ちキュアも参照。

ガンダムシリーズ


トランスフォーマーシリーズ


勇者シリーズ


マクロスシリーズ


ロボットアニメ漫画


劇場版ドラえもん


劇場版クレヨンしんちゃん


デジモンシリーズ


その他アニメ・漫画系


特撮

ウルトラシリーズ

仮面ライダーシリーズ

スーパー戦隊シリーズ

その他


神話伝承


ゲーム

スーパーロボット大戦シリーズ


テイルズオブシリーズ


ポケットモンスターシリーズ


ファイナルファンタジーシリーズ


その他


なお、ファイアーエムブレムシリーズでは大量に存在する。大半は説得によりこのパターンとなる。
また、ドラゴンクエストシリーズにおける魔物使い(主にドラゴンクエストⅤ主人公)の能力で仲間になったモンスターも光落ちとも言える。

ラノベ


表記ゆれ・別名・類義

光堕ち 善落ち 善堕ち ライト化
改心 浄化
落ちる、堕ちるの反対で昇る、上がる、上るを使う光昇り光上がり光上りというのも極稀にある。

対義

闇堕ち 闇落ち 悪堕ち 悪落ち ダーク化

関連タグ

状態変化 光輝サイド
ライバル 必要悪 昨日の敵は今日の友 お前を倒すのは俺だ
裏切り 寝返り 洗脳    
スーパーロボット大戦…原作で光落ちしなかったキャラクター達の光落ち展開が数多く実現している。
桐生一馬冴島大河…光落ち展開を実現させる事に定評のあるキャラクター達。

pixivに投稿された作品 pixivで「光落ち」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 101537

コメント