ピクシブ百科事典

切り裂きジャック

きりさきじゃっく

「切り裂きジャック」とはイギリスに実在した連続殺人鬼。英名はジャック・ザ・リッパー(Jack the Ripper)。なお『ジャック』とは姓名不明の男性につける俗称である。
目次[非表示]

概要

 おそらく世界で最も有名なシリアルキラー(連続殺人犯)の一人。

 1888年イギリスロンドンに出没し、8月末から11月初頭の約二ヶ月の間に中年の売春婦ばかり5人を殺害。犯行の手口はメスのような刃物で喉を掻き切って殺害した後、身体をバラバラにしてその一部を取り去るという極めて残酷なものであり、更に三件目の殺人直前、新聞に自身の犯行声明文を投書して世間の注目を集めた。

 一連の行動は『劇場型犯罪(世間を演劇の観客に見立てて行われる犯罪)』の元祖と言われ、犯行現場であったロンドンの下町イースト・エンドとホワイトチャペルを恐怖に陥れた。彼が行ったとされる犯行は五件だが、関係を疑われる事件も多く、それらも本人の犯行と仮定すれば約8人から20人を殺害していると言われる。模倣犯による犯行と思われる事件も多く発生している。

犯人

 これだけ猟奇的な事件にも関わらず三件目の殺人以外は一切目撃証言が無く、捜査は難航を極めた。犯人は凶器の関係上医者が最も疑われたが、その嫌疑は神経症患者から王室関係者まで極めて広範に及んだ。一時期女性説も持ち上がり、『切り裂きジル』と呼ばれていたこともあった。三・四件目(この二件は同日に起きた)の犯行現場近くでユダヤ人迫害を非難する落書きが見つかったため、ユダヤ人説も有力視されていた。もっとも、この落書きは民衆のユダヤ人差別に拍車をかけることを恐れた警官によって消されている。

 ロンドン市警とスコットランドヤードの威信を賭けた捜査にも関わらず事件は迷宮入り。事件発生より一世紀以上たった今なお真犯人は不明である。
 彼の存在は半ば都市伝説と化し、多くの小説や映画などで好まれる題材となった。
 ちなみに、彼が登場する少し前にロンドンを騒がせた犯罪者で『バネ足ジャック』というのがいるが、こちらはより人間離れしていて都市伝説に近い話が伝わっている。

事件をモチーフにした作品

映画

フロム・ヘル』:「切り裂きジャック」事件がストーリーのモデルとなっている。
名探偵コナン ベイカー街の亡霊』:作中で主人公コナンたちが切り裂きジャックを追うバーチャルゲームに挑む。

ドラマ

相棒』:「平成の切り裂きジャック」と呼ばれる殺人犯が登場する。
仮面ライダーゴースト』:ナイフ眼魔の偉人モチーフ。

漫画

ジョジョの奇妙な冒険』:ディオ配下のゾンビの1人として、主人公ジョナサン・ジョースターの前に立ちふさがる。→ジャック・ザ・リパー
ぬらりひょんの孫』:切り裂きジャックをモチーフにした都市伝説を出自とする妖怪、切裂とおりゃんせ
ミキストリ』:作中に出てくる敵の一人であり、父親が躾のつもりで繰り返した自覚無き虐待のせいで殺人鬼化した、いわゆる毒親の被害者として描かれている。
黒博物館スプリンガルド』:「バネ足ジャック」の友人でもあるかつての犯行の協力者であり、バネ足ジャックへの憧れから暴走した末に彼と対決することに。
ノブナガン』:切り裂きジャックの遺伝子を持つアダム・ミューアヘッド
GS美神』:切り裂きジャックのナイフが登場。犠牲者の肉体を操り犯行を繰り返す存在。
ソウルイーター』:マカソウルが第1話で対戦する。
保留荘の奴ら』:登場人物のJ(保留荘の奴ら)は、切り裂きジャックをモデルにしている。
最後のレストラン』:容疑者とされているマイケル・オストログウォルター・シッカートジェイムズ・メイブリックアーロン・コスミンスキーモンタギュー・ジョン・ドルイトジェイコブ・リーヴィーが現代の日本にタイムスリップしてきた。
黒執事』:女医「アンジェリーナ・ダレス」と彼女に手を貸す死神グレル・サトクリフ」がその正体。

ゲーム

メタルギアソリッド2』『メタルギアライジングリベンジェンス』:主人公の一人雷電のニックネームが「ジャック・ザ・リッパー」。
ワールドヒーローズ』:シリーズ3作目「2JET」から登場。切り裂きジャック本人として英雄達の集う格闘大会に参戦している。
東方Project』:登場人物の十六夜咲夜が「ジャック・ザ・リッパー」という技を使う。他にも彼女は「夜霧の幻影殺人鬼」や「ジャック・ザ・ルドビレ」などといった、切り裂きジャックを連想させる技を使用する。
女神転生』シリーズ:悪魔の一体「ジャック・リパー」として登場。
パワーストーン』:「凶器の道化師」ジャックというキャラが登場。変身前、変身後共に人間離れした外見と能力を持ち『バネ足ジャック』の要素も多い。
ラテール』:大型アップデート『時空の旅人』実装時より登場。
ロンドンをモチーフとしたミステリーゾーンと呼ばれる都市で、同じように猟奇殺人事件を起こしているボスモンスター。
女性のような姿をしているが、その正体は人間の悪意の塊。かつては彼女に関するエピソードもあったのだが2ndシーズン以降からはそのエピソードが削除されてしまった。

Jack the Ripper



小説

Fate/Apocrypha』:黒のアサシンとして登場。厳密には堕ろされた胎児たちの集合体として産まれた悪霊のような存在。→ジャック・ザ・リッパー(Fate)
Fate/strangefake』:フラット・エスカルドスが召喚したバーサーカーとして登場。勘違いから持ち出してしまった師匠宛てのゲームの懸賞品を触媒にかなりいい加減な儀式で呼び出したせいか、本物ではなく世間一般に浸透しているジャックのイメージがエネルギー生命体化したような存在であり、定まった形を持っていない。ある事情から精神そのものは極めて正常である。→バーサーカー(strangefake)

関連タグ

ジャック・ザ・リッパー
殺人鬼 シリアルキラー 殺人事件
R-18G

pixivに投稿された作品 pixivで「切り裂きジャック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 479705

コメント