ピクシブ百科事典

宮本武蔵

みやもとむさし

宮本武蔵とは、日本最強と呼ばれた二刀流の剣豪。
目次[非表示]

日本史上最も有名な剣豪
本名は新免武蔵藤原玄信(しんめんむさしふじわらはるのぶ)、もしくは宮本武蔵藤原玄信(みやもとむさしふじわらはるのぶ)とされている。

概要

天正12年(1584年)生まれ、正保2年(1645年)没。戦国時代末期から江戸初期までを生きた人物。円明流や、そこから発展させた二天一流の開祖。

詳細

出身地

出身地について、武蔵は著作と伝えられる『五輪書』の中で播磨国 (現在の兵庫県南部)と自ら語っており、養子の伊織も『小倉碑文』で播州(播磨)と述べている。地誌『播磨鑑』にも「揖東郡鵤ノ邊宮本村ノ産也」とある。一方で、江戸時代後期の地誌『東作誌』には美作国(現在の岡山県)宮本村で生まれたという説が記載されており、この説では武蔵の姓の宮本は出身地に因んだものとされている。現在では、武蔵本人や養子の伊織の記述である播磨説が有力視されてはいるが、美作国説を採用した吉川英治の小説『宮本武蔵』の影響等もあり、創作物では美作国説が採用されることも多い。

武蔵の自筆とされる有馬直純宛書状・長岡佐渡守宛書状では「宮本武蔵玄信」との名がある一方で武蔵の著作とされる『五輪書』や、武蔵の養子である伊織が建てた『小倉碑文』では「新免」を使用している。「新免」姓と「宮本」姓の関係について、伊織は泊神社に奉納した棟札において、前述の通り「武蔵が神免某の養子となって新免姓を継ぎ、その後に宮本姓に改めた」と述べている。ただし武蔵が死去する直前に書かれたとされる『五輪書』や、武蔵の死後に建てられた『小倉碑文』でも「新免」となっている事から、宮本を名乗る用になった後も、公的な場では新免を使い続けていたのではないかとする意見もある。

吉岡一門との決闘

武蔵の戦歴は生涯無敗とされており、彼のライバルとされた佐々木小次郎吉岡清十郎吉岡伝七郎(吉岡又七郎直重)、宍戸某(宍戸梅喧)、夢想権之助などの武芸家たちも有名である。
武蔵側の記録『五輪書』によると、武蔵は21歳の時(1604年)に上京した。養子伊織による1654年の『小倉手向山武蔵顕彰碑(小倉碑文)』によると、ここで代々足利将軍家の剣術指南役だった“扶桑第一の兵術”といわれる吉岡一門と戦った。まず洛外の蓮台野で清十郎と戦って勝利し、敗北した清十郎は出家する。その後弟の伝七郎が武蔵に挑むも撲殺される。これに怨恨を抱いた門弟ら数百人が兵仗弓箭で武装し、一乗寺下り松で武蔵を襲おうとしたが、武蔵ただ一人に蹴散らされてしまう。この戦いが元で吉岡一族が滅んだとあり、吉川版小説でも漫画「バガボンド」でも似たような展開となっている。
反面1684年に福住道祐が記した吉岡側の史料『吉岡伝』によると、宮本武蔵は蓮台寺野ではなく、所司代を検分役として、越前小将忠直の御前で吉岡憲法の長子・源左衛門直綱と戦い、敗北している。武蔵は再試合を申し込んだが、自分で申し込んだ日に来る事なく逃走。1714年の『本朝武芸小伝』では引き分け、1740年代の『古老茶話』では武蔵は遅刻してやってきたものの、結局勝てなかったとある。
『守貞漫稿』によるとその後吉岡一門は、武蔵と無関係の1614年の禁裡での事件を元に看板を下ろし、染物を家業として暮らした。二天一流関係者が書いた『小倉碑文』『兵法大祖武州玄信公伝来』『武公伝』では武蔵との果し合いの結果吉岡が滅んだ事になっているが、『駿河故事録』その他の史料を見る限り吉岡家はその後も続いており、現在もなお吉岡染が受け継がれている事から、これらが誤りである事は明らかだ。
そもそも『小倉碑文』に登場する「清十郎」や「伝七郎」という名の人物は吉岡に存在しない。武装した数百人の武術者を相手に1人で勝利したという荒唐無稽な一乗寺下り松の戦いは、事実なら京で大きな話題になろう筈のものだが、武蔵側史料の他に記録がなく、創作の可能性が高い。

巌流島の決闘

武蔵が仕官した細川藩では、彼の死後1755年に筆頭家老・松井家の二天一流兵法師範の豊田正脩が、武蔵の伝記を集めた『武公伝』を著した。
中でもここに記された''巌流島決闘''に関するエピソードは、後世の武蔵伝に多大な影響を与えた。当時の武蔵の年齢が29歳だったとか、小次郎の出自や、小次郎が鞘を捨てた事に関して武蔵が「小次郎敗れたり!」と言い放つ有名なエピソード群はここに由来する。
ただし『沼田家記』など、他の資料にある巌流島の決闘とは明らかに異なる多くの矛盾点が見られ、その結果今では『武公伝』は、『小倉碑文』に記載された巌流との戦いを元に創作された可能性が高いとされ、決闘の内容をはじめ年月や対戦相手の氏名・経歴を含めて信憑性がほとんど無いとされている。にも関わらず、現在の巌流島の決戦の一般的なイメージはこの『武公伝』を元にしている。
巌流島の戦いについて書かれた最も古い記録は1654年の『小倉碑文』で、武蔵は舟嶋で、木刀を用いて岩流という者と戦ったとあり、ここには小次郎の名は無い。次に古い資料は1672年に編集された『沼田家記』で、「小次郎」という人物が登場し、立ち合い自体は一対一で行われ武蔵が勝利したものの、その後息を吹き返した小次郎を、隠れ潜んでいた武蔵の弟子たちが袋叩きにして殺したとある。
1714年の『本朝武芸小伝』でも武蔵は多くの弟子を連れて島に乗り込み、一人でやってきた巌流を殺した事になっている。1783年の『西遊雑記』では、岩龍が事前の約束通り一人で島に渡ろうとしたところ、浦の者たちが「武蔵は門人を大勢連れている。一人では敵わないので今日は島には渡らないようにしてください」と止めに入った。しかし岩龍は、「武士は言葉を違えはしない。固く約束をしたことであるから、今日島へ渡らないのは武士の恥である。もし貴方がたの言うように、武蔵が大勢で私を討ったりすれば、かえって武蔵の恥になるだろう」と言って島に渡った。その結果試合中に武蔵の門弟が四人襲い掛かってきて、岩龍は殺されてしまったのだという。
巌流島の決戦については謎が多く、様々な説があり、そもそも小次郎なる人物は存在しなかったとか、決闘そのものが創作だったという説まである。なお当時は武家諸法度のため刀を抜く事も許されない世情だった。そのような中、役人立会いのもとで殺し合いをするというのはいかにも異例な話である。
1727年、二天流師範の立花峯均が著した『丹治峯均筆記』では、巌流島の決闘時の武蔵の年齢が19歳に設定された。更に細川藩は1775年に二天一流兵法師範の豊田景英が宮本武蔵の新伝記『二天記』を著し、小次郎に「佐々木」という姓を新たに追加し、巌流島決戦時の小次郎の年齢を18歳に設定した。なお、1704年に書かれた『江海風帆草』では、武蔵と戦った巌流剣士は「上田宗入」という名前で、1727年の『兵法大祖武州玄信公伝来』や1782年の『兵法先師伝記』では「津田小次郎」、『西遊雑記』では「岩龍」という名前になっており、武蔵の父無二斎と深い因縁があったり、冨田勢源の弟子だったりと(事実なら50~70代の老人という事になる)、それぞれ出自や設定が大きく異なっている。

宝蔵院流槍術との戦い

前述の『二天記』によると、武蔵は初代・胤栄に手合わせを願ったものの、胤栄は80歳を超える老体のため、弟子の奥蔵院という者が相手をした。武蔵は短い木剣一本のみでこれに圧勝。技量に感服した奥蔵院は、武蔵を泊めてもてなし、武術談議に花を咲かせて一夜を明かしたのだという。小説では武蔵が高弟の阿含を殺し、胤栄の跡を継いだ胤舜が10人ほどを率いて武蔵を襲う話になっている。
これら大和国での宝蔵院との戦いをはじめ、宍戸某や柳生新陰流との戦いは全て創作である。『二天記』の原史料である『武公伝』に記載が無く、また、他にそれを裏付ける史料が無いことから史的事実ではないと結論づけられている。しかし内容の面白さから、大衆向けの講談や小説に取り入れられ、爾後広く知られる事になった。

柳生新陰流との戦い

吉川英治の小説では武蔵は柳生庄を訪れ、「バガボンド」では柳生四高弟と死闘を繰り広げた末、石舟斎(柳生宗厳)との邂逅を果たす。これもフィクションで、武蔵が宗厳と会った事を示す史料はない。
柳生と武蔵の関係について残された資料としては、二天流師範が書いた『丹治峯均筆記』では「柳生が将軍家の剣術指南役になれたのに、武蔵がならかったのは、将軍家から誘いは来たものの先に将軍指南役を務めていた柳生宗矩(宗厳の息子)の下につくのを嫌ったからだ」という、信憑性の定かならぬものがある。
この『丹治峯均筆記』にある逸話では武蔵は仕官を望んでおらず、また宗矩も武蔵の仕官に干渉していない。しかし武蔵の死からおよそ100年後に書かれた『二天記』では、「武蔵自身は将軍家への仕官を渇望していたが、宗矩から妨害されたために将軍家に仕官できなかった」という逸話が紹介されており、この『二天記』の記述が元で、近年のフィクションでは「武蔵は高録での仕官を望むも適わなかった不遇の人物」とされたり、一方の柳生宗矩も既得権益を守る事に必死な陰険な性格で武蔵とも仲が悪かった人物として描かれる事がある。
ただし、『二天記』の成立前に書かれた『丹治峯均筆記』からの内容の変化もあり、『二天記』の逸話は『丹治峯均筆記』の逸話を元にした創作であるとする見方が強い。
この他、宗厳の息子宗矩が武蔵に勝負を挑まれるも断ったり、あるいは宗矩が武蔵を師匠と仰いだり、江戸で宗矩の高弟二人を倒したり、細川藩で氏井弥四郎(宗矩の高弟で新当流の達人でもある雲林院弥四郎がモデルとされる)を打ち負かしたりする逸話などもあるが、これはずっと後、寛政年間(18世紀末期~19世紀初頭)頃の文献が初出のため、現在では創作されたものと考えられている。

尾張柳生との関わり

吉川英治の小説では柳生兵庫助(柳生石舟斎の孫で尾張柳生の祖)が廻国修行中に武蔵と邂逅している様子が描かれているが、これは吉川英治によるフィクションであり、この時期に両者が出あった事を示す資料は無い。
ただし、兵庫助が「尾張藩に仕官した後に」両者が出あったとする逸話は、寛政二年(1790年)に神武流開祖・安建正寛が著した『兵術要訓』に記されている。この逸話では武蔵が尾張を訪れた折りに、当時尾張藩主の指南役を務めた柳生兵庫とすれちがい、武蔵が「あなたは柳生兵庫殿ではないか」と問うと兵庫が「そういうあなたは宮本武蔵殿ではないか」と答えて、互いに「久しぶりに活きた人の出あった」と語りあった後に、武蔵はしばらく兵庫の屋敷に滞在したとされている。武蔵の死の150年近く後の資料が初出という事もあって、逸話の真偽は定かではないが、尾張藩に武蔵の円明流が普及していたことから、尾張を訪れたこと自体は確かではないかとする意見もある。
また尾張柳生中興の名人と言われる長岡房成が、武蔵の創始した円明流の出身であることや、現在残っている円名流と尾張柳生等の共通点等から、房成の時代に尾張柳生家の技法に円明流が取り入れられたと考える研究者もいる。

高田又兵衛との戦い

この他小倉に滞在していた折りに、小倉城主小笠原忠真の命で宝蔵院流槍術の達人高田又兵衛と戦ったという。
この試合について、武蔵側の伝記である『丹治峯均筆記』では、武蔵が「三本迄入込ル」(槍の懐に入り込んだ、つまり武蔵が三本続けて取った)が、三本目の勝負については武蔵から「あなたの槍が先に私の足に当たった」として又兵衛の勝ちだと申し出たという。しかし見物人の目には槍が当たったようには見えず、又兵衛自身も「當時ノ挨拶タルベシ」(きっと社交辞令であろう)と認め、「至極ノ達人、言語ニワタラズ」と武蔵を賞賛したとされる。
この話とほぼ同様の逸話は、別の武蔵の伝記である『兵法先師伝記』にもあり、こちらでは中段に構えた武蔵が「二度同ジ位ニテ勝」った後の三本目の勝負で、又兵衛が武蔵の股間(脚と脚の間)に槍を突き入れたため、武蔵は自分の負けを認めたが、又兵衛の方も「武蔵は私の面子を保つために勝ちを譲ってくれたのだろう」と述べたとある。
武蔵と又兵衛の戦いは、又兵衛側の伝記にも記されており、『崇白先生伝』(崇白は又兵衛の隠居後に名乗った号)では、又兵衛と武蔵は三度立ち合ったものの勝負がつかず、最後には又兵衛が「自分は刀より有利な武器である槍を用いても勝てなかったのだから、あなたの勝ちだ」と述べて武蔵に勝ちを譲ったとする逸話になっている。

沢庵和尚との関係

吉川版小説や「バガボンド」において武蔵は、非常にフレンドリーな性格として描かれた臨済宗の僧・沢庵宗彭と浅からぬ交流を持っている。だが現実にはこの二者の接触を示す史料は一切存在しない。沢庵と武蔵を最初に絡めたのは小説家の吉川英治だが、本人が『随筆宮本武蔵』という本の中で、「武蔵と沢庵和尚の出会いは自分の創作で、元となる文献はない」と明言しており、実際には武蔵は一度も沢庵に会った事がない可能性が高い。

英雄として

武蔵は江戸時代に講談や歌舞伎浄瑠璃などの題材に多く取り上げられた流れを汲み、1935~39年に吉川英治が著した朝日新聞の連載小説『宮本武蔵』によって『最強の剣豪』という地位が世間に広く流布されるに至った。
知名度の高さから彼をモチーフとした様々な作品が生み出されている。
余談ではあるが、彼の振り回していた大小揃えの刀は彼の堂々たる体格(身の丈6尺余りといわれる)に見合った長大なものである。これを片手で軽々と、しかも自在に振り回せる膂力の持ち主がそう存在するわけもなく、その意味では二天一流の真の使い手は武蔵一人であったと言えるかもしれない。
もっとも、『五輪書』の『地の巻』に「両手に物を持つ事、左右共に自由には叶ひがたし」とあるように、二天一流の二刀流は片手で刀を扱うための修行法に過ぎない。「武蔵が人並み外れた剛力の持ち主で、片手で刀剣を使いこなすことができた。これが後に二刀流の技術を生み出すに至った」という広く知られている設定は、ソースとなる資料が存在しない伝説に過ぎない。

『最強伝説』への疑問符

『宮本武蔵=最強』というイメージについては、近年の研究で雲行きの怪しい部分が出てきている。
吉岡一門との決戦では、正面突破ではなく藪の中から奇襲をかけ、大将首だけをかすめ取ってい勝ち逃げしたと記された史料が出てきており、釈然としない雰囲気を醸し出している。(吉岡一門との決闘が事実であれば、の話だが)
また武蔵は1614年、神道夢想流棒術の夢想権之助と試合を行っている。
1775年に記された『二天記』では江戸で試合を行った事になっているが、1666年の『海上記』では明石で戦った事になっている。これらの文書では武蔵が勝った事になっているが、夢想流棒術側の口伝によると、最初剣術で勝負して武蔵に敗れたものの、次に棒術で試合したところ武蔵に勝利したという。
宮本武蔵の実態に迫れば迫るほど、その多くが創作や虚構、怪しい伝聞からなっている事わかる。しかし、今日において武蔵最強説は日本人の意識に深く根付いているものであり、今となっては覆しがたい伝説となっていることに間違いはない。

芸術家としての武蔵

枯木鳴鵙図


武蔵が武芸者として過ごした時期は意外にも短く、後半生は静かなものであった。
1637年に武蔵は小倉藩に仕える養子の伊織とともに島原の乱に参戦したが、活躍は無く、有馬直純宛の手紙によると「に当たって立つ事も出来ないほどの怪我を負った」。
一方で伊織はこの戦いで大活躍し、勲功により1500石加増され、4000石になったうえ小笠原家の筆頭家老に出世した。
3年後の1640年、細川家に客分として迎えられ、滞在費として年間に米300石を支給された。この三百石は知行(奉公にかかる必要経費も含む)でなく手取りであり、仮に知行に換算した場合四公免として750石(細川家の三八免なら790石)分に相当する。これは当時の武芸者の収入としては、幕府の中枢に上り詰めた柳生宗矩の12000石や、戦国武将としても活躍した富田越後守の13670石よりは低いが、柳生と並んで将軍家の指南役を務めた小野忠明の600石や御三家尾張徳川家に500石で仕えた柳生兵庫助、紀州徳川家に700石で仕えた木村助九郎等当時の一流武芸者と比べても遜色が無いものである。
こちらの新免武蔵は剣豪というよりは文化人であり、などの刀装具を手ずから制作したり、書や水墨画を嗜んだという。また武蔵はこの地でも二天一流を伝承しており、弟子や孫弟子が細川藩や熊本藩に仕える等幕末に至るまで各地で二天一流を広め、二天一流野田派等現在でも伝承を行っている系統もある。
なお、武蔵が芸術活動に携わっていたとするのは史実であり、武蔵の死後20年程たった寛文6年(1666年)の『海上物語』には既に「画筆の名人」と評する記述がある。一方で現在武蔵の書とされているものの多くが本人の筆とされる手紙と筆跡が異なっており、画についても武蔵作と伝わる作品の多くはそれぞれ作風がまったく異なる。落款(印)も統一されておらず、後入された可能性が濃厚である。

至言

  • 「千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を錬とす」
  • 「我、神仏を尊んで 神仏を恃まず(頼らず)」
  • 「我、いつも後悔せず」


フィクション作品での武蔵

武蔵をモデルにしたキャラクターは、大抵の場合「二刀流の剣士」として描かれており、性格は全体的に野性的(ワイルド)な人物が多い。(幼少期の場合は)活発な少年として描かれている場合もある。

また、ライバルとして前述の佐々木小次郎とセットで登場することが多い。

バガボンド

お前とはもう 分かり合えない



戦国無双

CV:金子英彦 武器:双剣

武蔵


戦国無双2にて初登場。
3には登場しないが4にて復活。
詳しくはこちら

戦国BASARA

初登場は戦国BASARA2で、隠しキャラとして登場。
詳細は宮本武蔵(戦国BASARA)を参照。

武蔵伝

CV:松本梨香(Ⅰ)、甲斐田ゆき(Ⅱ)
※イラストの右がⅠのムサシで左がⅡのムサシ。

武蔵伝


1作目「ブレイヴフェンサー武蔵伝」と2作目「武蔵伝Ⅱブレイドマスター」では設定が異なる(というか別人)。

1作目ではヒロイン・フィーレ姫がヤクイニック王国を救うために異世界から召喚した英雄。
しかし、フィーレ姫の腕が未熟だったため肉体・精神共に子供の姿となってしまっている(本来は大人)。
ゲットイン能力を持った日本刀「雷光丸」と魔人を倒した伝説の大剣「レイガンド」の二本を使う。

2作目では宮本武蔵の少年時代の姿であるとされており、召喚の影響で子供の姿になったわけではない様子。

からくり剣豪伝ムサシロード

CV:野沢雅子

ござるだス!


ジパング国チューゴク山地オカヤマーナのミナモト村に住んでいたからくり人のガキ大将。
一人称は「おいら」で語尾に「~ダス」とつける。
食いしん坊で怠け者だが、ここ一番で実力を発揮するタイプ。
良くも悪くも純情な性格で敵に何度も騙されてしまった事もある。
オツルちゃん一筋。

MUSASHI -GUN道-

CV:浪川大輔

言われなくても スタコラサッサだぜえ!


剣の腕も立つが二刀流ではなく二丁拳銃でアヤカシと戦う少年。本業は城盗り(城専門の盗人)。
本人いわくGUN道は「おいら流」だが非常に高い実力を持つ。
うおっまぶしっ!」「新しい登場人物出し過ぎじゃねぇの!?」といった迷台詞が非常に多い。
『ガン鬼の銃』、『封印魂』にまつわる争いに関わり、凄腕剣士のロウニン、伊賀流忍者の少年ニンジャ太郎、謎の少女夢姫達と共に旅に出る。
佐々木小次郎を非常に嫌っており、名前を聞いただけで怒り出すほど。
好物はほうとうひつまぶし等。

YAIBA

CV:佐藤正治
史実上の人物で、「YAIBA」では400年を生きる二頭身のがめついスケベジジイ(若い頃は小次郎同様に美形であり、生き返った小次郎から「なんといたわしい」と憐れまれていた)。
雷神剣を使いこなせる伝説のサムライを待ち望んでいた。剣を譲ってからはヤイバの師匠となる。
二刀流や兵法の知識、剣の腕はいまだ健在だが、たまに張り切りすぎてぎっくり腰になる。
あらすじも武蔵(の声優)の担当で、「しかぁ~し!」や「そして!」から本編に移るのがお約束。

刃牙道(グラップラー刃牙シリーズ)

宮本武蔵(刃牙道)


当たり前だが既に故人であり、熊本県に土葬されたミイラ背骨の中に残ったDNAからクローンが作られ、魂も降霊術で肉体に降ろされて現代に蘇った。
生き返った武蔵についてはクローン武蔵を参照。

ガンリュウ

主人公である小次郎の最大最強のライバル。通称「日本最強の剣士」。
本名は宮本武蔵(みやもと・たけぞう)で、ムサシは通称(主人公も本名は小次郎だが通称は流派の継承者ということでガンリュウを名乗っている)。他流派滅亡を目論む柳生一門に狙われる。
養子である伊織は彼に敗れ死んだ剣豪の実子と言う設定で、伊織自身は父親を殺した「ムサシ」なる人物がタケゾウであることを知らずついてきている。

仮面ライダーゴースト仮面ライダーシリーズ)

仮面ライダーゴースト・ムサシ魂


平成仮面ライダーシリーズ第17作である『仮面ライダーゴースト』より。
今作では過去の偉人の魂を憑依させて変身するシステムであり、そのうちの一つに宮本武蔵の魂を憑依させた『ムサシ魂』という形態が登場する。

関連タグ

武蔵 二刀流 巌流島 佐々木小次郎

登場作品関連

バガボンド
戦国無双
無双OROCHI
100万人の戦国無双
戦国BASARA
MUSASHI-GUN道-
武蔵伝
からくり剣豪伝ムサシロード
百花繚乱サムライブライド
覇王丸:元々は宮本武蔵をイメージして作られたキャラ。
YAIBA
仮面ライダーゴースト
FF7:主人公のクラウドとライバルのセフィロスは武蔵と小次郎がモチーフ。

pixivに投稿された作品 pixivで「宮本武蔵」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 730196

コメント