ピクシブ百科事典

目暮十三

めぐれじゅうぞう

目暮十三は『名探偵コナン』の登場人物である。
目次[非表示]

『人を一人殺しているお前に勇気などという言葉を使う資格なんてない。恥を知れ。』

概要

CV:茶風林

警視庁捜査一課の警部。妻帯者。

太い口髭と絶対に脱がない帽子がトレードマーク。いつも帽子と同じ茶色のコートを着ている。原作・アニメ共に第1話から登場している最古参キャラの一人。

年齢は不明だが、捜査二課の中森警部(41歳)と同期という設定であるため、彼と同い年かそれに近いと考えられる。

刑事時代の小五郎の上司で、「毛利君」「警部殿」と呼び合う。
仕事においては厳格だが責任感が強く、部下からの信頼は厚い。一方でTWO-MIXへの事情聴取ついでにサインと写真を頼むなど、意外に子供っぽい面もある。佐藤からは父親のように慕われており、一時期高木をやきもきさせたことも。
流行に疎く、コンピューター関連の知識もないに等しい(パソコンを「立ち上げる」という言葉の意味すらわからなかったり、無理してスマホに変えたはいいが使い方を高木に聞いていたりなど)。

基本的に推理力はあまり高いほうではないが、犯罪者には毅然とした態度で接し、諭したり叱ったりすることが多い(アニメオリジナルのエピソードでは、警部が犯人を叱責する場面がしばしば入っている)。また、犯人を取り逃がしたり、新たな事件を防げなかったりと、部下が失態を犯した際に厳しく叱責することもある(『都市伝説の正体』など)。

今でこそ小五郎の推理力を当てにしているが、初期の頃は彼が現場にいると「また君かね」「何でお前がここにいるんだ」などと悪態をつくことも少なくなかった。眠りの小五郎に関しては「いつも(or例)のアレ」などと言っている。逆に新一やその父親の優作のことは非常に頼りにしており、彼らの推理力を高く買っている。
コナンたち少年探偵団が事件に関わることに関しては、小五郎に比べれば比較的寛容だが、度が過ぎると叱りつけることもある。

タグとしては目暮警部がよく使われる。
劇場版では全作品に出演しているキャラの一人で、警察関係者の皆勤賞は彼のみである。

名前の元ネタはジュール・メグレ

余談


関連項目

名探偵コナン 目暮みどり 毛利小五郎 白鳥任三郎 佐藤美和子  
高木刑事 千葉刑事 銭形警部 警視庁

pixivに投稿された作品 pixivで「目暮十三」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 53894

コメント