ピクシブ百科事典

美味しんぼ

おいしんぼ

「美味しんぼ」とは、雁屋哲原作、花咲アキラ作画による漫画作品。1983年から小学館「ビッグコミックスピリッツ」にて連載が開始された。グルメ漫画および日本のグルメブームの中心となったと一般に言われているが、その一方でネタ漫画としても評価されている。
目次[非表示]

ストーリー

東西新聞文化部に勤めるグータラ社員山岡士郎と新人の栗田ゆう子がひょんなことから社の記念事業『究極のメニュー』作りを進めることになる。最初は士郎のだらしなさに辟易していたゆう子だったが、彼の持つ知識や生い立ち、様々な出来事を通じて良いコンビとなっていく。
当初は登場人物の抱える問題を食を通じて解決するストーリーだった。しかし途中で東西新聞のライバル社が『至高のメニュー』を発足させ、絶縁状態の士郎の父海原雄山がそれに関わってくると士郎と雄山の対決や親子の確執が物語の主軸になっていく。

内容

登場する料理の幅は非常に広く、和、洋、中、アジアなど様々な国々の料理が、高級、安価の別なく紹介される。食に関する安全や倫理の問題も多く取り扱い、戦後の食文化に一石を投じたと評価されることもある。

作中でのテーマはグルメブームや食品生産への批判が主だが、食文化に限らず政治的な内容についても書かれる。歴史、産業、政治、環境問題など、非常に広い範囲の事象を取り上げ、『食』を通じてそれらに対する注意の喚起や問題提起を行っている。

常識に挑戦する破天荒なストーリングが魅力で、連載当時の日本に当然のものとして流布している価値観(例えば肉は柔らかい霜降り肉が高級、など)を批判することが多い。これが作品の大事な要素となっている反面、全体的に批判が非常にストレートで、時には侮蔑や中傷に近いものもある。その結果、登場人物(特に士郎)が作者(というか原作者)の代弁者となってしまうことが多々あり、物議を醸すことが多い。また、作中で実在する企業や商品を槍玉に挙げており、この手法が反感を買うことも少なくない。科学的に明らかな誤りである描写により、何度か編集部や原作者名で謝罪文が発表されたこともある。

特に政治や歴史の話題では、原作者の個人的な政治思想(よく左翼的と言われるが、反権威主義的と言ったほうがより適切か)がでてくるため、この作品、延いては原作者本人への批判の大きな原因となっている。

※ちなみに、Mac派の士郎がWindowsユーザーを激しく罵倒するシーンがあり、この回は全体的にMacを賞賛し、Windowsをけなすという内容になっている。そのせいでマイクロソフトは「スピリッツ」誌上に掲載されていた同社の広告を取り下げており、これ以降「美味しんぼ」の世界は登場人物全員がMacユーザーという状況になった。

なお、初期と比べて設定が矛盾し、特に説明や補足もなく放置されている箇所が多いが、この辺はこち亀のような超長期連載ではよくあることなのでご愛嬌である。
ただ、それとは別に登場人物の主張が突然変わることがある。こちらは作者の意見の宗旨替えによるものと思われる。


登場人物


TVアニメ

1988年10月から1992年3月まで日本テレビ系で放送された。
2017年よりDVD&ブルーレイ完全復刊を果たす。

主題歌

オープニングテーマ

「YOU」
結城めぐみの楽曲。第23話まで本編への導入部にも用いられている。

「Dang Dang 気になる」
作詞 - 売野雅勇 / 作曲 - 林哲司 / 編曲 - 船山基紀 / 歌 - 中村由真

エンディングテーマ

「TWO OF US」
作詞 - 平出よしかつ / 作曲 - 和泉常寛 / 編曲 - 大谷和夫 / 歌 - 結城めぐみ

「LINE」
作詞 - 売野雅勇 / 作曲 - 林哲司 / 編曲 - 船山基紀 / 歌 - 中村由真

「気づかせたい」
歌 - MiKa

関連タグ

料理 グルメ 漫画
LINE YOU

pixivに投稿された作品 pixivで「美味しんぼ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1513628

コメント