ピクシブ百科事典

茶々

ちゃちゃ

浅井長政とお市の長女。
目次[非表示]

戦国時代江戸時代初期に実在した。別名では浅井茶々淀殿淀君菊子など。

生涯

永禄12年(1569年)?に近江(滋賀)で浅井長政お市長女として生まれた。兄妹にはの万福丸とがいた。
天正元年(1573年)、浅井家は茶々の伯父である織田信長と対立し攻められ、や兄は討たれ、母子は尾張(愛知)へ移った。
天正10年(1582年)、お市は柴田勝家と再婚したが、明智光秀本能寺の変を起こして信長を討ち、羽柴秀吉が光秀を討ち、今度は秀吉と勝家が対立。天正11年(1583年)、お市は娘達を逃し、勝家とともに自害した。
三姉妹は秀吉の庇護を受け、天正16年(1588年)に茶々は豊臣秀吉の側室となった。翌年に鶴松が生まれるも亡くなり、文禄2年(1592年)に豊臣秀頼が生まれた。鶴松誕生の頃に山城(京都)の淀城を賜り、「淀」と呼ばれるようになった。秀吉死後は秀頼の後見人として豊臣家の実権を握った。
関ヶ原の戦いに勝利した江戸徳川家康とは対立するようになり、大坂の役では指揮を執るも完敗し、慶長20年(1615年)に秀頼とともに自害した。

人物

彼女の名前は色々あるが、「茶々」は生涯ずっと名乗った名で、「菊子」は朝廷から授かった名である。「淀」に「殿」や「君」がついた名前は後年のもので、生前は「淀の方」や「淀様」と呼ばれていたとされる。
戦国一の美女と言われたお市の娘であるが、茶々にはその面影が色濃く残り、かなりの美貌といわれた。さらに身長が約170cmという当時の平均身長を越える背の高さで、父母の大柄だった体格の血を受け継いでいたという。
秀吉は生前のお市に憧れていたが、茶々がお市に似ていたため、彼女を側室に迎えたという。
最もよく知られる逸話としては、息子の秀頼に対しても過保護過ぎていた面があり、後の豊臣の大切な後継者とはいえ、彼が20歳を経ても尚全く戦場へ出陣させなかった判断は、一部の家臣達に不安を抱かせ、徳川勢力の付け入る隙を与え、更には大阪の陣の際に、殆どの名のある武将達を敵に回してしまった理由になったといわれている。しかし、これらは後の創作であり、側室でしかなかった彼女にそこまでの発言力があったかは不明。
現存する資料からは後に言われるヒステリックな性格とは逆に、信仰深く穏やかな人柄であったと伝えられている。

創作作品での茶々

やはり別名の淀君での名義がある。

戦国無双シリーズ

戦国無双真田丸で登場、くわしくはこちら

関連タグ

日本史 戦国時代 江戸時代 創作戦国 大河ドラマ 時代劇
 淀殿 淀君 茶々姫 浅井長政 お市 浅井夫婦 浅井三姉妹  
織田信長 豊臣秀吉 豊臣秀頼 ねね 柴田勝家 徳川家康

羽衣狐(ぬらりひょんの孫の登場人物で戦国時代に淀君に憑依していた)

竹内結子(2016年NHK大河ドラマ『真田丸』にて茶々役を担当)

pixivに投稿された作品 pixivで「茶々」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 257667

コメント