ピクシブ百科事典

血だまりスケッチ

ちだまりすけっち

『血だまりスケッチ』とは、『ひだまりスケッチ』を元ネタとした『魔法少女まどか☆マギカ』の愛称。
目次[非表示]

概要

血だまりスケッチ


元ネタは『ひだまりスケッチ』の舞台である「ひだまり荘」のかつての呼ばれ方のひとつ、「血だまり荘」より。
この他にも「おだまり荘」とも呼ばれていたが、こちらを元ネタとした『おだまりスケッチ』は同名の二次創作漫画のタイトルへの使用に留まっている。

本編があまりにのどかで平和なため、「こんなことは起こるはずがないだろう」とひだまりを文字ったギャグができ上がった。もし以下のことがなかったら、この記事の親記事は間違いなく「ひだまりスケッチ」であっただろう。

そして悲劇は起こった

キャラクター原案を同作者が務めアニメ制作会社も同じ魔法少女まどか☆マギカ』でそれは起こった。
OPにも登場し、主要キャラと見なされていたキャラ(声優が宮子と同一の水橋かおり氏)が第3話惨殺されてしまったのだ。

「え…」



うっかり「萌え萌えな魔法少女モノへの期待」につられた視聴者は、
これによりまんまと脚本家のブービートラップにかかるのであった。
『まどか☆マギカ』の渾名が『血だまりスケッチ』に確定した瞬間である。

…たまに暁美ほむらが(鼻)血の海に沈んでいる絵にもこのタグが付く。

ホムホムホム



公式が最大手

魔法少女まどか☆マギカ』再放送のCMが『ひだまりスケッチ』である。

派生語

血だまりスケッチ׆††(はかみっつ)

ひだまりスケッチ׆††



▼血だまりスケッチ×くびみっつ

血だまりスケッチ×くびみっつ ロゴタイプ



その他

ひだまりスケッチと血の気のある作品のクロスオーバーでもこのタグが付けられることがある。

ひぐらしスケッチ
この流れに乗っかるゆのっち



もちろん、ひだまりスケッチ魔法少女まどか☆マギカのクロスオーバーや中の人ネタも含む。

例のアニメの3話をひだまりスケッチのキャラで再現してみた
ひだまりxまどか
げえっ、ゆのっち!
まどっち☆ゆのっち



関連タグ

ひだまりスケッチ 魔法少女まどか☆マギカ 蒼樹うめ パロディ クロスオーバー コラボレーション くっ、ヒロさんを呼んでこい!
R-15 R-18G みんなのトラウマ ハートフルボッコ
ぞんぞんびより

暁美ほむら:ひだまりスケッチに対応するキャラクターや明確なモデルはおらず「虚淵作品の男性主人公」のエッセンスが色濃く出ている…と、言われている(ニコニコ大百科:暁美ほむらの記事より一部引用・改変)。

両作品に出演する声優


Chidamari Sketch

外部リンク

ニコニコ大百科「血だまりスケッチ」

pixivに投稿された作品 pixivで「血だまりスケッチ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2027358

コメント