ピクシブ百科事典

防衛機制

ぼうえいきせい

防衛機制とは心理学で用いられる言葉である。
目次[非表示]

心理学精神分析で用いられる言葉であり欲求不満など精神的に不安定な状況に陥った際に状況に適応、または不安定な状況を脱却するべく行われるメカニズムのことである。

20世紀前半にイギリスの精神分析の始祖とも言えるジークムント・フロイトの娘であるアンナ・フロイトが用いた言葉である。それによると防衛機制とは本能的欲求、衝動から自我を護ることを目的としている。精神的な病を持つものはこの防衛機制が上手く働かないことから本能的欲求を表面に出す事が多い、と言って良いだろう。しかしながら現在では自我が認めたくない真実などから目を背ける事に対して防衛機制が働くという解釈をされる場合も多い。

防衛機制は多くの場合無意識のうちに行われる為自分では意識していない事が多い。

防衛機制の種類

抑圧

欲求や苦痛などを抑え込むというものである。一般的な防衛機制とも言える。強い抑圧は文字通り抑え込まれ記憶として呼び起こす事が難しい、という場合もある。

同一視

自分の憧れるもの等と自分を重ね合わせることで自分を高めようと考えるものである。日常生活で言えば憧れている人物の真似をする、ということが同一視にあたる。現在と理想とのギャップに対する防衛機制である。

投射

自分の欠点などを他者の所為にするというものである。ネットで言えばニートなのはの所為である、というのが最も最たる例であろう。他者を用いた防衛機制であることから社会ではあまりいい目で見られない。

退行

現在置かれた状況に対して子供のように振る舞う事で身を守ろうとすることである。精神的に幼くなることが多い。幼少期に親の関心を惹こうとしたり、恋人などに急に甘えたり、というのは退行の一種である。

反動形成

抑圧されている感情と正反対の行動を取ることであり感情を表に出してしまわないようにする意味合いが強い。ツンデレはその最たる例であり本当は好き(感情)だがそれを表に出さないようにツンツンした嫌いという意思表示(行動)というものである。

置換

欲求を別のものに置き換えることで欲求を満足させるというものである。PS3を買いたかったが売り切れだったのでPSPを買った、等というのがその例でありこのように買い物などではよくお目にかかれる。

攻撃

欲求不満の原因となるものを傷付けることによってそれを解消しようとするものである。幼少期であればよくある他、ぞうきんで御茶を淹れる等というのも多い。投射同様第三者に不利益が被るものであるため嫌われがち。

昇華

欲求不満などに対して別のことに打ち込む事へと置き換えることである。ここでいう別のこととは芸術運動などであり置換と比べると全く異なる方向へと置き換える点が異なる。失恋したのでを始める、等がこれにあたる。

分離

感情と言動を別個に考えることである。即ち自分自身に降り懸かっている状況を自分自身の事柄というよりは第三者の目線で見ている状況である。例えば自分が批難されている事に対して「私、批難されてますよね」と笑いながら言うというのは分離である。

逃避

現在の状況から逃げるという分かりやすいものである。しかしながら防衛機制としてはどうにも対処出来なかったからその状況から逃げ出す、ということになる。例えば仕事をミスして怒られたくないから仕事をずる休みする、というのは逃避である。

合理化

満たせなかった欲求に対して都合の良い理由を付けて正当化しようとするもの。「今日は調子が悪かった。このぐらいで勘弁してやる」というのが良い例である。フィクションではエリート系のキャラクターが失敗した際にこの合理化をよく行う。

補償

劣等感を自分の得意分野で補うという昇華と同じく非常にポジティブな防衛機制である。例えば運動は苦手だから勉強を頑張る、というのがそれである。

摂取

他者の業績を自分のもの、または自分の手柄だと思い込むこと。自分は有名人の親戚である、とかがその最たる例である。ある程度は良くても度を超すとただの鬱陶しい奴と思われがちである。

関連タグ

精神分析 精神

pixivに投稿された作品 pixivで「防衛機制」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1227

コメント