ピクシブ百科事典

阿良々木月火

あららぎつきひ

阿良々木月火は、『化物語』および『偽物語』の登場人物である。主人公・阿良々木暦の下の妹。
目次[非表示]

「もうお兄ちゃん、妹のおっぱい触り過ぎ!」

概要

CV:井口裕香
つきひフェニックス」のメインキャラクター(ヒロイン)。
化物語』ではほとんど出番が無い(アニメでは予告がメイン)。

解説

外見的特徴

たれ目でゆるい表情(暦曰く「たれぱんだっぽい」)のため、大人しそうに見える。
新陳代謝が非常によく、傷の治りも早い。普通の人間なら死んでしまうような怪我や、一生モノの怪我を負ってもすぐに治り、傷さえ残らない。またその影響でが伸びるのも非常に早く、頻繁に髪型を変えている。髪型は『化物語』ではダッチ・ボブ、『偽物語』ではワンレングス
和服を着るためだけに茶道部に入ったほどの和服好きで、スカートなどの洋服を着ることもあるが、家ではいつも浴衣姿。

性格

大人しそうに「見える」だけで、大人しくはない。
(暦「たれてないぱんだ・・・つまり、だ!」。)ドSである。
火憐より攻撃的で短気(ヒステリーに近く、ヤンデレ気質とも言える)。キレると迷わず凶器を調達してくる。しかも、自分の性格が危ないという自覚が無い。キレた時の凶暴さは、中学生界隈に知れ渡るほどに「かなりのもの」らしく、核兵器に例えられる。それでも人気者なのが彼女の凄いところ。
本人曰く、口癖は「プラチナむかつく!」。語源は「プチむかつく」なため、そんなに怒ってないらしい。

ファイヤーシスターズ

暦曰く、正義の味方ごっこのボランティア「栂の木(つがのき)二中のファイヤーシスターズの参謀担当。
火憐は自称「正義の味方」だが、月火は「趣味正義」。
何かに理由をつけて暴れたがり、手段のために目的を選ばない。信じるのは、火憐の正義。
火憐と別行動のときは厄介ごとに首を突っ込んでいる証拠である。

人間関係

常に火憐と一緒に行動するほど仲がいい。母親にもべったりである。
兄である暦が、近頃妹離れしていってることを内心寂しいと思っている。
「数えられるうちは友達とはいえないと思うよ」という本人の弁のとおり、交友関係は非常に広い。
年上の彼氏(蝋燭沢くん)がいるが、プラトニックな関係。
千石撫子とは小学校時代の同級生で、互いに「ららちゃん」(あ『らら』ぎ)、「せんちゃん」(『せん』ごく)と呼びあっていた。
巻が進むごとに、暦にセクハラされる度合いが増えていく。
  「もうお兄ちゃん、妹のおっぱい触り過ぎ!」
また、浴衣だからか(?)脱がされたり、自分から脱いだりするお色気担当になりつつある。

関連イラスト

阿良々木月火
月火ちゃん


\はぁどっこい!/
月火『あ、お兄ちゃん 待ってたよ~♪』



関連タグ

化物語 偽物語
阿良々木暦 阿良々木火憐 ファイヤーシスターズ
つきひフェニックス 白金ディスコ

pixivに投稿された作品 pixivで「阿良々木月火」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6056607

コメント