ピクシブ百科事典

神原駿河

かんばるするが

神原駿河とは、『物語』シリーズの登場人物である。
目次[非表示]

「やあ、阿良々木先輩。奇遇だな」

概要

CV沢城みゆき
するがモンキー」、「するがデビル」のメインキャラクター。
猿に願った少女。

解説

達より1学年下の後輩で、弱小バスケットボール部を全国大会まで導いた、直江津高校のスター。
キャプテンも務めたが、とある事情により早々と引退してしまっている。
公立清風中学の卒業生で、中学時代には先輩であるひたぎと合わせてヴァルハラコンビと呼ばれていた。(『神』の『戦場』であり、読み方からも神原の『ばる』と戦場ヶ原の『はら』のかけあわせより。)
これは、神原自身が考え流布したもの。
当初は暦に対するストーカーとして登場するも、「するがモンキー」以降は、暦に懐いている。

暦に「甘言褒舌」と称される程のプラス思考で最早美化と言って良いほどやたらと相手(特に暦やひたぎ)を褒め讃え、勤勉で人当たりも良くさわやかな性格。
非公式のファンクラブがあるほど後輩の女子にも好かれ面倒見がいいが、実はレズBL好きな腐女子で受けでロリコンマゾヒスト露出狂で欲求不満。
それらを自認し、ひたぎを熱愛している。その上で暦の「エロ奴隷」を自称している。

運動神経抜群で、自分より背の高い暦を飛び越せるほどの脚力を持ち、本人曰く「最大9人まで分身可能」「本気で走ると体育館の床が抜ける」「特技は2段ジャンプ、Bダッシュ」らしい。
他人には変なところで厳しいが、自分自身には結構ルーズで、自分の部屋は当人が畳の色を忘れていたというほどの散らかりようであり、汚い部屋(いわゆる『ごみ屋敷』状態)であった。その為、定期的に暦が掃除に入っている。このような付き合いから、暦は駿河の祖父母とは面識を持つ事になる。
それ以外の弱点としては、機械の操作に疎いこと(携帯電話の電話帳機能すら満足に使いこなせない)、賭け事に極端に弱いことなどが挙げられる。

自室では常に下着姿。
マゾゆえにツッコミによる罵倒が効かず逆に喜び、ロリコンゆえに撫子や暦の妹達やを狙う。
自分がそういう意味で特殊だという事にある種の誇りを持っている。

バスケ部で鍛え上げられた彼女のスタイルは目を見張るものがあり、「まるで古代ギリシャの彫像」だとか。
しかし、その左腕は猿に願った末に獣の腕となってしまい、暦が怪異を解決した後も包帯は巻かれたままであった。

花物語』では語り手を務め、その内面が語られることとなる。
以前よりアニメのコメンタリーなどでは、「相手によって対応を変える」と語っており、事実バスケ部仲間の日傘などには、上記のような猥談をしていなかった。
反対に猥談の対象である暦からは、「僕のアンダーグラウンドな部分についてこれるのは神原くらいのもの」と言われており、ある意味人を見る目があったと言えなくもない。
(ただしついてこれないレベルの話もされている)

関連イラスト

ハイスペック百合っ子ちゃん
モンキー



関連タグ

化物語 花物語 
阿良々木暦 戦場ヶ原ひたぎ
変態淑女 腐女子
レイニーデビル 沼地蝋花























ネタバレ注意

なお彼女は両親ともに死去しているが、母親の出自・経歴ゆえに、物語の後半では話のキーウーマンになることが多く、叔母母親の後輩に何かと気に掛けられている。

pixivに投稿された作品 pixivで「神原駿河」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5771707

コメント