ピクシブ百科事典

漢の背中のコメント

おとこはせなかでかたるもののコメント

彼の背中には、彼の言わんとしている言葉が乗っていた。彼の背中には、彼の意志が顕れていた。彼の背中の先には、彼が護らんとしている者の姿があった。彼の目の前には、何かがあった。とてつもなくおおきな何かが。しかし、その何かよりも、彼の背中はとても大きく見えた。僕はその背中を、羨望の眼差しで見つめる事しかできなかった。

コメント