ピクシブ百科事典

ベガリオンの編集履歴

2014-01-18 22:05:12 バージョン

ベガリオン

べがりおん

ベガリオンとは、スーパーロボット大戦シリーズに登場する機動兵器(アーマードモジュール)である。

概要

カリオンの発展型アーマードモジュールであり、プロジェクトTDが開発したシリーズ77の完成機。開発コードは「β」。フィリオ・プレスティの遺作。
パイロットは、フィリオの妹であるスレイ・プレスティ
テスラ・ドライブを2機搭載しており、アルテリオンより最高速度と火力が高い。
アルテリオンより大きい分、搭載火器の数も豊富であり、MAP兵器も装備している。
初登場は第2次スーパーロボット大戦α
第2次αの当初、スレイがこの機体に乗ってアイビス・ダグラスを「負け犬」と罵って一方的に追い詰めていたが、過去を振りきったアイビスともう一度勝負して負け、和解した後、アルテリオンと合体してハイペリオンになった。
第3次αでは、敵を欺こうとしたセレーナ・レシタールが攻撃したため、大破してしばらくの間出撃することができなかったが、ツグミ・タカクラが修理したベガリオンに乗ってきたため、再び合体ができるようになった。
第2次OGでは、ハイペリオンのまま出撃できるようになったため、ベガリオンの出番は少なくなっている。
名前の由来は琴座の一等星である織姫「ベガ」。

スペック

分類:外宇宙航行用アーマードモジュール
形式番号:YSF-34
全長:44.8m
重量:79.5t
推進・空中浮揚機関:テスラ・ドライブ×2
開発者:フィリオ・プレスティ
所属:スレイ・プレスティ個人所有⇒αナンバーズ(αシリーズ)、不明(OGシリーズ)

武装

110mmGGキャノン
CTM-05プレアディス
CTM-07プロミネンス
CTM-09セイファート
Gブレイクドライバー

関連タグ

スーパーロボット大戦
第2次スーパーロボット大戦α 第2次スーパーロボット大戦OG
アーマードモジュール リオンシリーズ
アルテリオン ハイペリオン
スレイ・プレスティ アイビス・ダグラス ツグミ・タカクラ
フィリオ・プレスティ