ピクシブ百科事典

ハウザー(七つの大罪)の編集履歴

2015-08-10 22:08:30 バージョン

ハウザー(七つの大罪)

はうざー

鈴木央の漫画「七つの大罪」の登場人物。

概要

二大騎士団長の一人、ドレファス派に所属している聖騎士。階級は「白金」。
ギルサンダーグリアモールとは幼馴染み。

筋肉質の長身。髪型は金髪のリーゼント。
熱血漢である一方、単純思考で「新世代」を仲間に違いないと言い切っていた。平民出身だが王女であるベロニカを呼び捨てにしている。

魔力は暴風。風を操る魔力で、竜巻を起こして移動も可能。戦闘ではギルサンダー、ギーラと合体魔法を披露している。

休暇を利用してバイゼルの喧嘩祭に参加。副賞である神器を求めて参加した<七つの大罪>のメンバー達を手配されている大罪人だと疑うが単純な性格が災いして勘違いと思い込んだ。ベロニカから彼らが<七つの大罪>と知らされ、トーナメント戦でディアンヌと対戦。尋常じゃない強さに惚れ込むが敗北する。

ディアンヌに警戒を見せていたが、民を守ろうとする優しさを見て王国転覆を企む大罪人なのか疑問を抱くとともに彼女に惹かれていく。ディアンヌがエリザベスを助ける為に王国に現れた際には逃げることを願ったが、ドレファスの命令で不本意ながら攻撃をする。
聖騎士の立場に葛藤するも以前からヘルブラムを疑っていたギーラとともに一度は聖騎士を離反(後に<七つの大罪>に味方する大半の理由はディアンヌがいることだとゴウセルによって暴露された)。ヘルブラムの猛攻に追い込まれるが、キングの参戦で難を逃れる。
ドレファスの罪が暴かれたあと、ドレファスの連行に同行するも彼の突然の暴走によって瀕死の状態に陥る。しかしエリザベスの魔力が覚醒したことで生還した。

終戦後は憧れていたドレファスの豹変に思い悩む一面が描かれており、ギルサンダー、グリアモールと真相を掴むための旅に出る。


関連タグ

七つの大罪(漫画)