ピクシブ百科事典

長野県北部地震の編集履歴

2018-11-21 22:28:40 バージョン

長野県北部地震

ながのけんほくぶじしん

東北地方太平洋沖地震から約13時間後に長野で起きた地震と2014年に発生した地震。

いずれも気象庁は基準に達していないため、命名は行っていないが、2014年の地震は2011年に発生した地震と混同しないようにするため、長野県が「長野県神城断層地震」と呼称した。

2011年3月12日の地震

概要

2011年3月12日未明に長野県北部を震源として発生した地震(最大M6.7)。最大震度は長野県栄村で震度6強。逆断層型の内陸地殻内地震と考えられる。東北地方から近畿地方にかけて震度1以上の揺れを観測した。前日発生した東北地方太平洋沖地震の誘発地震と考えられている。

震度都道府県市区町村
6強長野県栄村
6弱新潟県津南町 十日町市
5強群馬県中之条町
新潟県上越市
5弱新潟県南魚沼市 刈羽村 湯沢町 出雲崎町 柏崎市 長岡市
長野県野沢温泉村
※震度4以下は省略

余震活動

地震発生日は震度6相当の揺れを度々観測した。

  • 2011年
    発生日時刻震央震源の深さ地震の規模最大震度
    同日4時31分ごろ長野県北部1kmM5.96弱
    同日5時42分ごろ長野県北部4kmM5.36弱
    同日23時34分ごろ長野県北部5kmM3.75弱
    4月12日7時26分ごろ長野県北部0kmM5.65弱
    4月17日0時56分ごろ新潟県中越地方8kmM4.95弱
    6月2日11時33分ごろ新潟県中越地方6kmM4.75強

被害

飯山線で本地震で路盤が崩壊するなど大きな被害があった。また、国道117号や405号線では路肩崩落や雪崩、落石などによる影響で通行止めなどの被害が出た。
栄村村内の県道(長野県)では、道路崩壊や路肩崩壊による被害が出た。
人的被害では3人が死亡した(いずれも災害関連死)。怪我人は新潟県内31名、長野県内15名が軽傷を負った。
秋山地区を除く栄村全域に避難指示が出され、約1700名余が避難した。

支援

日本各地から消防援助自衛隊、自衛隊、消防ヘリコプター、給水車を派遣した。
岩手・宮城両県知事への発言が問題となり辞任した松本龍前復興担当大臣が、辞任後まもなく栄村を訪問した。

長野県神城断層地震

概要

2014年11月22日22時8分ごろに、長野県北部を震源とするM6.7の地震が発生した。この地震で長野県小谷村、小川村、長野市で震度6弱を観測した。また、震度1以上を観測した地点は中国地方・近畿地方から東北地方に及んだ。負傷者は46人。なお、この地震のpixivの投稿作品は存在しない。

震度都道府県市区町村
6弱長野県長野市 小谷村 小川村
5強長野県白馬村 信濃町
5弱長野県中野市 大町市 飯綱町
新潟県糸魚川市 妙高市
※震度4以下は省略



余震活動

本震後にも度々大きな余震も発生した。最大余震は同日の22時37分ごろに発生したM4.5の地震である。

震度都道府県市区町村
5弱長野県小谷村
※震度4以下は省略
※震度4を観測した地点はない。

地震のメカニズム

神城断層の活動による地震であり、西北西-東南東方向に圧力軸を持つ逆断層型で、地下の余震分布面が東下がりの傾斜を有していることから、震源断層も東下がりの傾斜を持つ逆断層とも考えられている。

過去の地震と周辺の地震との関連

この地震の震央の周囲約20km付近の1910年以降の地震活動を見ると、最大の地震は1918年の大町地震M6.1,M6.5、次いで1986年12月に起きたM5.9・震度4の地震で若干の被害があったほか、1998年7月にM5.0・震度4の地震が発生している。今回の地震はそれらを上回り、過去約100年間では最大である。
2011年3月12日に発生した長野県北部地震の震央(長野県下水内郡栄村・新潟県中魚沼郡津南町)の西南西約70km付近と比較的近接している

前兆現象

地震から4日前の11月18日夜から11月19日午前にかけて、震源の近傍でM2程度のまとまった前震が発生していたが、素直に前震と断定できない。

被害と影響

この地震では幸い死者数は1人も出ていない。その理由としては『白馬の奇跡』とも呼ばれ、「建築基準法における垂直積雪量の基準により太い柱が使用されていたことや、普段から近隣住民通しの繋がりが強く且つ、チェーンソーやジャッキなどの用具を持っていたこと、住民間の情報伝達システムが出来ていたことによる」と分析されている。

住家倒壊の多くは震央に最も近くの地表震源断層が出現した白馬村大出地域では無く、離れた堀ノ内地区・三日市場地区に集中していたことが分かっている。また、長野市では灯油貯蔵用のホームタンク転倒が多数報告されていたほか、善光寺では石灯篭の倒壊や仲見世通りの商店での商品被害が発生した。

中部電力によると、地震後合わせて1,760戸が停電となったが、その後復旧が進み、11月23日16時までに約180戸に縮小、11月24日までにすべて復旧した。また、姫川第二発電所と南股発電所の2カ所の水力発電設備が停止した。白馬村では対応能力を超える断水が予想されたため、白馬村からの要請を受けて、長野県は11月23日に陸上自衛隊に給水活動を主とした災害派遣を要請した。

交通では、国道や県道など複数の箇所で土砂崩落などによる通行止めが発生した。馬村堀田と小川村との境界付近で路面の亀裂が生じた。堀之内地区では液状化により歩道が陥没し、マンホールが浮き上がったりなどの被害が出た。近辺の鉄道においては大糸線で、白馬大池駅と千国駅の間で線路に土砂崩落があったほか、簗場駅と南神城駅の間で液状化現象によるレールの歪みが発生、南小谷駅ではホームの損壊が発生するなどした。

毎年11月23日に長野市で行われている長野えびす講煙火大会は、地震翌日ではあったが、主催する長野商工会議所と長野商店会連合会は「地震に負けず、長野に元気をもたらそう」という意味も込め、予定通り大会を開催した。

関連タグ

地震 飯山線 東日本大震災
白馬の奇跡

外部リンク

長野県北部地震 (2011年) - Wikipedia