ピクシブ百科事典

スプリングマン(ロボット刑事)の編集履歴

2019-06-03 18:38:47 バージョン

スプリングマン(ロボット刑事)

すぷりんぐまん

特撮刑事ドラマ『ロボット刑事』に登場するロボット。

概要

CV:矢田耕司

 『ロボット刑事』第11話『バドー基地の秘密!!』、第12話『マザーが狙われる!』に登場する、バドーのロボット。
 名前通りに全身がバネで構成されており、それを活かしたトリッキーな動きで相手を翻弄する。攻撃を受け吹っ飛ばされてもバネによって跳ね返りダメージをそのまま返すことも可能。両腕も伸縮自在である(使用されたのは11話で一回だけだが)。
 前話のロッカーマンと同じく目的はKとマザーの破壊。ロッカーマンと戦い疲弊したKを襲撃、さらにバドーロボット処理班を率いエネルギー切れ寸前のKを追い詰めていった。
 また善意の科学者になりすました特殊工作員を使い、Kに万年筆型の小型水爆を持たせる。Kがマザーの元でエネルギー補給を行った瞬間に水爆を起動し、親子を一網打尽にする計画であった。
 そして水爆を起動させ計画は成功したと勝ち誇ったが、その前に現れたのは死んだはずのKであった。爆発の瞬間、水中に逃げ難を逃れており、観測されたのはただの爆発に過ぎなかったのだ。
 逃げられないと悟りKと戦闘を開始。バネの体を活かしたトリッキーな攻撃でKを翻弄し戦いを優位に進めるも、その動きの法則性をKに分析され猛攻を受ける。怯んだところをKのロボット破壊銃により破壊されてしまった。

 なお新條刑事、芝刑事と戦った際に「お前らを殺しても一銭にもならん」、「命だけは助けてやる」と身を引いているが、その後の二人の行動により爆破計画が明らかになり、新條刑事の報告でKが難を逃れるという展開になっている。

関連項目

ロボット刑事
バドー犯罪シンジケート
スプリングマン:同名のキャラクターが複数存在する。伸縮自在のバネの体に相手を翻弄するトリッキーな動きといった共通点が多い。詳細はリンク先を参照。