ピクシブ百科事典

衛府の七忍の編集履歴

2020-07-19 22:09:46 バージョン

衛府の七忍

えふのしちにん

チャンピオンREDにて連載されている山口貴由最新作。氏が過去に描いた作品のキャラクターがスターシステムで参戦しており、バラエティ豊かな内容となっている。

概要

山口氏お得意のバイオレンスアクションとシリアスなギャグがマッチした痛快娯楽時代劇である。最大の特徴は山口氏が過去に制作した作品のキャラクターが参戦しているスターシステムを採用している所にあり、かつてないほどバラティに富んでいる。
前作「エクゾスカル零」がダークで乾いた作風であったのに対し、本作は打って変わって熱く爽やかな内容となっている。山口氏お得意のトンデモ展開や息をするように吐かれるパワーワード、時代背景をガン無視したSFガジェットなど、読者をうならせる娯楽要素であふれかえっている。一方で当時の下級階層民に対する社会的差別や侍による理不尽な支配体制などは綿密に描かれており、氏の作品に通ずる「人の尊厳を踏みにじる存在への飽くなき反骨精神」というテーマはより明確に打ち出されている。
しかして本作は勧善懲悪のストーリーではなく、主人公サイドである衛府の怨身忍者たちも一概に正義の味方と言えるキャラクターではない。彼らはあくまでも社会の不条理に怒りを覚える復讐鬼に過ぎず、見方を変えれば徒に太平の世を脅かす悪鬼であると明示されており、彼らの討伐に乗り出す人間サイドのストーリーも合間合間に挟まれている。

ストーリー

大坂夏の陣にて豊臣家を滅ぼした徳川家康は江戸幕府を開き、豊臣の残党狩りをはじめとする苛烈な弾圧を繰り広げていた。
しかし、そんな徳川の圧政に真っ向立ち向かう者達が現れた。彼らこそは怨身忍者!世の不条理に命を絶たれてなお戦う道を選び、”衛府”より力を授かり生まれ変わった怒りの戦士である。
かくして、徳川家康と怨身忍者たちの飽くなき戦いの火ぶたが切って落とされた!!

登場キャラクター

怨身忍者

無惨な最後を遂げた「まつろわぬ者」「化外者」が、異界にあると言われる「まつろわぬ者」「化外者」の都「衛府」よりの使いである龍によって新たな命を授けられ蘇った存在であり、「鬼」とも呼ばれている。
金属成分を含む超高温の血「伐斬羅」を使った技(火炎・爆発・金属化させた血による武器の生成・補強)を使う者が多いが、雪鬼のように冷却系の技を使う者も存在する。
1人1人が並の侍や(人間の)忍者を上回る戦闘能力を持ち、侍の側から見れば、いわば「超身体能力・高速治癒能力・超兵器を持ったゲリラ」と言うべき存在であり、現代戦における正規軍VSゲリラのように、侍から見れば相性が悪い相手。(少数で戦えば、あっさり返り討ち。多人数で立ち向かったり、対多人数用の兵器を使おうとすれば、山野に隠れるか、人間の姿に戻って町中に紛れ込む)
その為、有効な対処法は後述する鬼哭隊のような「鬼(怨身忍者)に匹敵する戦闘能力を持つ少数精鋭の者達」ぐらいしか無い。だが、鬼(怨身忍者)の戦い方が基本的に現代で言う「ゲリラ戦」「テロ」に近いモノである以上、鬼哭隊であっても「鬼が動き出してからの対処療法」となりがちである。

零鬼・カクゴ

我の姿見し者ども、孫の顔拝ませぬ!!
葉隠谷という山奥に住む化外の民(大和民族に追い立てられた者の末裔)の少年。鉈一本でイノシシを倒す狩りの腕前の持ち主。性格は素直で情に厚いが、山育ち故にぶっきらぼうで若干無神経。
徳川の残党狩りに巻き込まれて一族を滅ぼされ、自身も侍に打ち倒されたが怨身忍者・零鬼となって復活し、徳川家康に一矢報いるべく立ち上がった。

衛府の七忍


震鬼・憐

本当にちんこでけぇ奴ぁ道具持たねェ
板倉宿の動地一家に連なる侠客。湯宿を任された女衒のヤクザ者だが、根っこは仁義を尊ぶ熱血漢である。二十人力の怪力を誇る巨漢であり、度胸と頭の冴えもずば抜けている。徳川家の豊臣狩りによって妻を殺され、自身も釜ゆでの刑に処されたが、衛府の導きによって怨身忍者・震鬼となって蘇った。

雪鬼・六花

大した世の中ではないが、もう少し生きてやるか!
飛州の山奥に住むアイヌの末裔の少女。里で知り合った剛力の勇士・深見権九郎と一緒に暮らしていたが、幕府の権威に逆らった権九郎を討伐しにやってきた侍によって彼を殺された上に山一つ滅ぼすほどの毒を撒き散らされたことで自身も毒死した。その際に衛府の力で怨身忍者・雪鬼に転生し、戦いの旅に出ることになった。

霞鬼・波裸羅

我が名は波裸羅、人は呼ぶ、現人鬼
波裸羅と付き合いたくば、大言は吐いても嘘はつくな
異常出生の逸話を持ち、性別を超越した超人。男にも女にもなれる美貌の戦士で、異名は「現人鬼」。自身を持て余した城主を捨て、徳川幕府に帰順した異色の怨身忍者でもある。
性格はとにかくエキセントリック。人間という存在を憎み抜いており、常に人を殺していると言っても過言ではない。その実力は劇中最強クラスで、それこそ逸物にいたるまで全身が兵器の域に達している。

霹鬼・タケル

獅子(シーサー)ぬ眼、身分の檻壊す!
琉球王国九十九城(グスク)に暮らす怨身忍者。石蔓子(島津)の軍勢から故郷を守っていたが、豊臣秀頼を匿って落ち延びてきた犬養幻之介と出会い彼と友情を育んだ。朗らかで豪快な快男児であり、身分という価値観に囚われない自由な人物。残虐な秀頼の手によって薩摩の荒行”ひえもんとり”にかけられ惨殺されたのだが・・・・!!

雹鬼・レジイナ

はれるやは
大阪牢人五人衆の一人明石全登の娘。フルネームは明石レジイナ。大坂夏の陣を辛くも生き延びたが、落ち延びた先で民兵による落ち武者狩りにあい、父と配下を失い自身も拷問にかけられ死にかけた。その際に衛府の導きによって怨身忍者に転生し、現世に楽園を築くべく立ち上がった。敬虔なキリシタンであり、誰よりも優しい人物である。

霧鬼・ツムグ

俺にはアリランが見えるんだ
諏訪の湖名子(はまなご:朝鮮の役にて日本に連れてこられた者の末裔。最下級労働者であり、土地を持たず船上で生活していた)の少年。純朴な熱血漢であり、思い人テヤンを案じている。仲間共々、領主:諏訪頼水の野望に翻弄されるが、武田信玄の遺産である人間城ブロッケンを巡る戦いに身を投じることになった。

霓鬼・谷衛成

無残なり
刀剣御試役を務める一級の剣客。己の剣術が弱者を救えず、為政者の道具に利用される現状に憤りを覚えており、衛府の導きで怨身忍者となってからは残虐非道な旗本侍を切って捨てる辻切りとなった。社会的弱者に救いの手をさしのべる優しい人物であるが、それ故に世間に強い怒りを覚えている。劇中最強クラスの剣客であり、数多の神業を披露している。

虹鬼・雀

河原女(下級娼婦)たちと暮らしている乞食少女。幕臣のもとで働く端女であったが、家宝の皿を割ってしまったために舌を切られ処刑されることになった。谷衛成の手で処刑されたが、衛府の導きで転生し怨身忍者となり、彼女の返り血を浴びたことで谷もまた怨身忍者となった。

雷鬼・京馬

真田忍法は、鬼より手強いぞ!
真田十勇士の末弟。十勇士の忍法を肉体に移植され、忍者には叶わぬ夢である「好きに生きる」という願いを託された。京馬自身も明日を知らぬ忍者であるためその願いを理解出来ず、「誰かの願いを叶えるために戦い続ける」という生き方を選んだ。衛府の加護を受けずに人知を超越した異色の怨身忍者であり、鬼の亡骸で作った皮鎧に身を包んで変身する。彼の討伐に赴いた鬼哭隊の剣士、上泉信綱と死闘を繰り広げることとなった。

徳川幕府

徳川家康

豊臣に代わって日本を制圧した大大名。幕府を創設して間もなく怨身忍者たちによる大反乱を予知し、彼らの討伐に乗り出した。金陀美という巨大ロボットが如き巨具足を身にまとう。

本田正純

幕府の冷厳大老。首と胴体が離れた異形の怪人であり、幕府に推挙された波裸羅の面接を担当した。

白怒火典膳

久保田藩具足奉行を務める老戦士。相撲の奉納試合を通じて幕府の威光を世に知らしめんとしたが、深見権九郎によってお抱え力士を倒されたことで彼に目を付け、逆賊として討伐した。
戦いの際には拡充具足というパワードスーツを身にまとう。

諏訪頼水

諏訪領を統べる領主。武田信玄が残した巨鎧:舞六剣(ブロッケン)を手中に収め天下を簒奪する野望を抱いている。独善的な外道であり、その振る舞い全てが民草への災難となっている。大層な野望を抱くだけあって腕前は確かで、スゴ腕の剣客でもある。

柳生宗矩

糞喰らえである!!
柳生新影流の大剣豪にして将軍家剣術指南役を務める幕臣。当代随一の剣豪だが、根は俗っぽい人物である。沖田総司とともに怨身忍者討伐に赴く羽目になり、嫌々ながら世のため人のためそしてお家と自分の為に命がけの戦いに身を投じることとなった。

服部半蔵

半蔵の胸中(むね)はきゅんきゅん丸にござるよ
公儀隠密をつとめる伊賀忍者の頭領。ステレオタイプな忍者の格好をしており、言葉遣いも某国民的忍者そのものである。隠密としては一級であり、江戸を騒がせる怨身忍者の正体を暴いている。

鬼哭隊

吉備津彦命

安泰じゃ
鬼ノ城の温羅征伐で知られる飛鳥時代の皇子。別名・軍神”桃”。覇府(徳川幕府)の関係者からは「桃太郎卿」と呼ばれる事が多い。ゆうに1000年以上生きながらえているが、いまだに若々しい姿を保ち続けている。これは「不老不死を得る代わりに時の支配者に逆らう者達を粛清する」という契約にちなんだもので、いまは家康に協力しており豊臣家残党や幕府にたてつくものを始末している。お伽噺にちなんだ様な不思議な能力を持っている。鬼退治の専門家であり、怨身忍者の天敵である。
彼の目にとまりスカウトされた戦士で構成されたのが、鬼を討つ遊撃隊こと「鬼哭隊」である。

累(かさね)

吉備津彦命が異能の者達を交配して生み出した兵士。
「さるかに合戦」にちなんだ「栗」「臼」「蜂」「泥」の姿と能力を持つ4体が1組で行動する。
量産されているようで、劇中では2回同タイプが登場している。(ただし、同タイプでも性別が違う場合が有る模様)
4体が連携すれば手負いの状態とはいえカクゴを捕虜にするほどの強さを発揮するが、その連携を崩せば鬼ではない人間の忍者であっても撃破は不可能ではない。
なお、カクゴを襲った4体は、面白半分に罪もない人間を殺して喰っており、「鬼退治をする者こそが鬼畜の所業を行なう」「鬼とそれを退治する者の、どちらがより一般人にとって傍迷惑か知れたものではない」と云うとんでもない事態になっている。

金太郎

山姥と赤龍の子。
オリジナルでない幼体ですら「熊にまたがりお馬の稽古」などやったら確実に動物虐待案件の巨体であり、オリジナルの金太郎に至っては、鬼哭隊の詰所である3階建ての「鬼哭塔」の高さに匹敵する身長を誇る。

三神獣

今、何と申した、現人鬼!
畜生と申した
吉備津彦命に従う「犬」「猿」「雉」にちなんだ姿と能力の持ち主達。
その正体は、「黍団子」により洗脳された両性具有の鬼。
虹鬼には深手を負わせるも、波裸羅との戦いでは「珍獣」「畜生」「奴婢の類」と散々に揶揄された挙句、あっさり撃破される。

上泉信綱

良きかな・・・
室町後期に名をはせた剣聖。自分の間合いの時間を遅くさせる「時淀み」という秘術の使い手であり、対人戦では無敵の強さを誇る。これは猿神に「命よりとうときもの」を捧げて得た能力であり、本人は「子孫と名誉」を捧げたと思っていたが、実際は真に尊きもの、すなわち”慈しみ”を捧げていたのだと判明した(即物的な言い方をすれば、「時淀み」は常時発動しており、しかも、有効範囲内の人間の身体には心拍数低下などの危険な現象が起きる。つまり、信綱が誰かを助けようとすると、結果的に、その誰かを生命の危険が有る状態に晒す事になりかねない)。時の流れに取り残され、人と触れ合うことも出来なくなってからは、鬼哭隊に参列し己の血潮を滾らせる鬼との戦いにその身を捧げている。

その他の人々

兵藤伊織

半端(ぱ)ねぇ、鬼半端(ぱ)ねぇ
真田幸村の家臣の末裔。徳川の残党狩りを逃れてカクゴらの住む化外の里へやってきた。しかし徳川の討伐隊に嗅ぎ付けられ、里の一族と従者の貝蔵を殺されてしまい、カクゴとともに復讐の旅に出た。性格は武家の子女らしく真面目で義理堅いが、根はやんちゃなのか感情が高ぶるとヤンキー口調になる。

銀狐

動地一家の湯屋に転がり込んだ美女。その正体は大阪城奥御殿女中であり、凄腕のくノ一である。憐に見初められて妻になるも、豊臣の残党狩りに巻き込まれ吉備津彦命によって殺害された。

深見権九郎

背中に負った大やけどの跡がさながら阿修羅のように見えることから、阿修羅丸の四股名で呼ばれる力士である。相撲の奉納試合で幕府お抱えの力士を倒して優勝し、徳川の圧政に苦しむ人々に希望を与えた。しかし幕府の権威に逆らったと見た具足奉行に目をつけられ、討伐されてしまう。

豊臣秀頼

大坂夏の陣を生き延びた豊臣家の総領。傲慢かつ残虐な性格の暴君であり、人の命をなんとも思わない卑劣漢である。およそ人として最低な輩であり、匿ってくれた琉球の人々に恩を感じることも無く、自身を貶めたと逆恨みする有様であった。

島津義弘

チェスト関ヶ原!!
薩摩藩の元藩主。鬼島津の異名を取る歴戦の武人である。残酷な薩摩隼人だが、同時に素直で男気溢れる人物であり、立場に関係なく勇者を褒め称える漢である。豊臣秀頼を迎え入れ、君主に仰ごうとしたが・・・!

犬養幻之介

秀頼を護衛する馬廻にして隻腕の剣士。大坂夏の陣にて左手を失い、主君秀頼からも冷遇される鬱屈した人生を歩んでいたが、琉球で出会ったタケルと友誼を交わしたことで”身分”という価値観の牢獄から解き放たれた。秀頼の暴挙によって命を奪われたタケルの無念を晴らすべく立ち上がり、驚愕の結末を迎えることになる。

宮本武蔵

日本一の剣豪。並外れた身体能力と戦闘力を誇る怪物である。怨身忍者討伐に苦戦する島津家の要請によって”鬼退治”に参戦することになった。功名心溢れる戦餓鬼であり、前人未踏の領域に嬉々として挑戦するチャレンジャー精神旺盛な人物。女の趣味がぶっ飛んでいる。

中馬大蔵

誤チェストにごわす
関ヶ原を生き延びた勇壮な侍。怨身忍者を討伐するために宮本武蔵に助太刀を頼んだことから、武蔵の鬼退治に同行することになった。やることなすことが大雑把すぎる人物だが、熱き情熱を宿した薩摩隼人である。実在の人物であり、史実でも逸話の多い武士である。

沖田総司

あざます!
新撰組の一番隊隊長。幕末の暮れには体を病み余命幾ばくも無い状況であったが、何故か江戸初期の世にタイムスリップすることになった。最初は突然の状況に唖然とする総司であったが、二百年前の江戸の世に暮らすうちに己の役目を知ることとなった。性格は飄々としており、年相応に純朴な人物である。

真田十勇士

超常の忍法を使う忍者集団。真田幸村とともに大坂の陣にて奮戦するも敗退し、末弟子である京馬のもとに生き残りである猿飛佐助・霧隠才蔵・筧十蔵・穴山小助らが十勇士の亡骸とともに現れた。彼等の忍法が宿った肉体と京馬を融合させる忍法”おのごろ”によって京馬に自分たちの忍法を移植し、彼の中で生きることを選んだ。
なお、十勇士のリーダー格である猿飛佐助と鬼哭隊の魔剣士の1人である上泉信綱の間には、

  • 上泉信綱の師である愛洲移香斎の子が起こした流派の名前が「猿飛陰流」。
  • 上泉信綱と佐助の得意手は、互いの効力を打ち消し合う。
  • 佐助が「猿」を名乗っているのに対し、上泉信綱の師である愛洲移香斎は、剣士に超常の力を授けてくれる存在を「猿神」と呼び、上泉信綱も「時淀み」を「猿神」に授かったと認識している。
と言った符合が有り、佐助の技・能力は、上泉信綱と同じく、愛洲移香斎の系譜に属するものである事が示唆されている。(但し、佐助本人は気付いていないか、気付いていても気にしてはいない模様)

関連タグ

チャンピオンRED