ピクシブ百科事典

オーグラの編集履歴

2021-01-23 21:33:04 バージョン

オーグラ

おーぐら

『伝説のスタフィー』シリーズのキャラクター。

『伝説のスタフィー』シリーズの1~3に登場するボスキャラクター。
フォルムはウミウシとウナギを足して二で割った感じ。
ピンク色の髪、6本の青い角がある。体は薄水色っぽい色。口元はグレーである。
ボスとして対決するとき、1では普段の姿、魚のような姿、ローブをまとった魔法使いを思わせるフォルムで溶けたマグマのような緑色の体に白い手のある最終形態、2では普段の姿、風船のように膨らんだ姿、最終形態、3ではオーグラ改の姿となって戦うことになる。
一人称は「ワシ」。笑い方は主に「グハハハハ!」(2では、「グワハハハ」などとも笑っている)。

3のCM(ロングバージョン)では息づかいはあるものの、声優は不明。



※多大なネタバレを含んでいます。









1では主人公スタフィーがオーグラの封印されているツボを落としてしまい、復活する。

2ではツボの中で子どもたち(プチオーグラ)を生み出して自力で脱出、復活する。その際ママスタをさらって逃亡、強大な城を造り上げる。

3では生みの親であるイーブルにツボを破壊されて復活する。最終ステージでイーブルの力によって強化されてオーグラ改となり、スタフィーたちをテンカイに撤退させるも、エビルクリスタで倒される。



















※以下、更なるネタバレ
















イーブル撃破後、苦戦するスタフィーたちの前に最後のエビルクリスタを持って現れる。
必死に戦うスタフィーたちに心を動かされ、イーブルを裏切り、ボロボロになりつつ最後にはイーブルを倒す。しかし命持たず、スタフィーたちに今までの行為を謝罪し、お礼の言葉を述べて死亡する。
遺体はスタフィーたちが外へ運び出したあと魂となって昇天した。それを見たキョロスケは「むこうでは良い奴になってるといいな…」と呟くのであった。

余談

1と2ではカタカナで話すが、3では普通に平仮名で話す。子どもたちは平仮名で話す。彼の生みの親イーブルも平仮名で話す。

3の真エンディングで再登場した際にも何故か名前が「オーグラ改」になっている。設定ミスだろうか?

4の『キョロスケの家』で電話を使うと、稀に彼からの電話と思わしきものが来る。

リフォーム前「あ!でんわなってる なってる‼もしもし?……ん?でんせつのスタフィーを知ってるかって??なんだオメェ知りあいか?オレさまとスタフィーとはいろんな冒険してきたからよー うんうん なに?あのころのたたかいを今でもわすれん?オメェいったい あっ デンワきれちまった……」

リフォーム後「ったく…あれがああで ああして…こうして はいーもしもし? ………………ん?おい なにか いったらどうなんだ おい‼ オーグラ…?オーグラなのか⁉ っておい デンワきるなよ‼
おい! おい!!!」

子どもたちからは 「パパ」「とうちゃん」などと呼ばれているが、子どもたちを生み出したのは彼自身である。

関連タグ

伝説のスタフィー プチオーグラ イーブル 光落ち