2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

よお!ぜんこくのかわいいおじょうちゃんたち!またあえてうれしいぜ!」(『4』でのオープニングのセリフ)

概要

スタフィーの親友であるハマグリ。3匹の弟と妹たちがいる。
敵との戦いはスタフィーに任せており、攻略のヒントを教えるなどのサポート役に回っている。
おっちょこちょいなスタフィーに巻き込まれて、大惨事になる場合が多い。
普段はべらんめえ調で粋がったり熱血漢で涙もろかったりする部分もあるが、実はけっこう意地っ張りな小心者でもある。
口ではスタフィーのことを悪し様に言うことも多いが、仲間想いな一面もある。
両親を既に亡くしており、上の弟と妹たちと協力しながら家庭を切り盛りし、末っ子の面倒を見ている。
仲間想いな面はここから来ているのかもしれない。

ハデヒラリというミノカサゴ片思いしており、さん付けで呼んでいる。
彼女の前では、普段とはうって変わってデレデレになって良いところを見せようとする。
彼女は冒険の際には弟妹たちを預かってくれているようで、意外に親しくしているようだが、
ガードが堅く、想いはやんわりと受け流されているようだ。

『3』以降のCMではセリフがあり、『ダイール』のゲーム内ではボイスが収録されている。いずれも声優は不明だが、後者は開発スタッフが声を当てていると思われる。

家族

  • キョロきょうだい

キョロスケの弟たち。上から、緑色の次男、ピンク色の長女、赤色の三男から成る。正式名称は不明。初代の真のエンディングで初登場。キョロスケが金目のものに執着しているのも、彼らを養うためである。

  • キョロスケの母
キョロスケ達の母親。正式名称は不明。直接登場したのは2の真のエンディングのみ。子供達を連れて離婚した後、病を患い亡くなってしまう。

  • キョロゾウ
キョロスケ達の父親。2の真のエンディングで初登場し、3では本編に登場。テレビとゴルフに夢中になるあまり、家族を蔑ろにしており、その結果家族が家出してしまい、キョロスケが借金ならぬ借しんじゅしてしまった。更には旅先でスタフィーの邪魔をしたり、テンカイヘイシを裏切ってイーブルに魂を売り渡して実の息子であるキョロスケをイーブルに差し出すも、キョロスケは「嘘をついてスタフィーを始末すれば助けてやる」という脅しに屈しすることなく、スタフィーに真実を告げて助ける。その際にキョロスケが自身の教えた言葉である「ウソつきはドロボーのはじまり」をずっと覚えていたことを知り改心し、イーブルの攻撃からキョロスケを庇った。そして、自分勝手なことして家族に辛い思いをさせたこと、「ウソつきはドロボーのはじまり」と言うことを教えた自分自身が「ウソつきなドロボー」になってしまったこと謝罪し、更に「どんなことがあってもキョロスケを守る」という約束を果たしてくれたということでわだかまりは解けるが直後ペットであった愛犬を託し息絶える。普通なら息子であるキョロスケが愛犬を引き取るべきはずだが、不思議な事にスタフィーが引き取っている。

セリフ

スタフィーに対しては非常に口が悪く、他のキャラにも愚痴を多々。
「じいさんの癖にサングラスなんかかけやがって…。」
「冷たい温泉に入ったんだとよ。冷たいならやめときゃいいのに。」
だが2のエンディングでは「今回も楽しかったぜ。」と吐露している。

関連タグ

伝説のスタフィー スタフィー ハマグリ

関連記事

親記事

伝説のスタフィーシリーズの登場人物一覧 でんせつのすたふぃーしりーずのとうじょうじんぶついちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「キョロスケ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「キョロスケ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 74057

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました