ピクシブ百科事典

魔傷の編集履歴

2012-06-27 10:37:35 バージョン

魔傷

ましょう

「魔傷」とは「聖闘士星矢Ω」の用語である。

マルスが負わせることのできる特殊な傷。
彼が火の玉状の物を投げつけたところに体が当たると出来る。


傷の場所が宇宙空間のような色合いを帯びるようになり、更に小宇宙を
燃やすと体にダメージを受けてしまうので小宇宙の力を発揮できなくなり、聖衣石からの聖衣召還も十分には出来なくなる。
それでも無理に燃やすと命にかかわり、最悪「闇の力と混ざり合い暴発する」らしい。
本シリーズでは五感が失われようが瀕死の状態だろうがとりあえず小宇宙さえ燃焼すれば乗り切れる!というノリのところがあるので、そこを根本的に封じるという恐ろしいモノである。

普通の衣服はもちろん、聖衣の上から受けても防ぎようが無いうえに
根本的な治療法も作中では見つかっている様子が無く、対処法は
症状を悪化させないため小宇宙を燃やさない様しているしかないようである。

しかしなるべく小宇宙を燃やさない生活をしていても時間とともに拡大していくらしく、
当初肩の部分のみに受けた城戸沙織や、手首の部分に受けたアンドロメダ瞬は、
13年の間に肩から手首にかけて広がる程悪化しており、相応の痛みもある模様である。
(神や聖闘士なので常人よりかなり痛みは我慢できるはずではあるが)
また封印されていたマルスの復活に伴い、沙織の傷が反応していた。

神である沙織ですらこの傷で体調を崩し長期間の隠遁と療養を余儀なくされ、
歩行の際に杖の助けを必要とする状態になった。
1〜2話でマルスの来襲時に怒り、小宇宙を燃やした沙織は闇に飲まれ消滅した。

また、本編開始の13年前に青銅一軍の星矢以外の4人がこの魔傷を受けた模様で、
瞬は聖衣をまとえなくなっており、他の3人もこのためか前線を離脱している。
シャイナも沙織の消滅直後にマルスが放った火の玉状の
攻撃から光牙を庇って背中に直撃して魔傷を負い、一晩意識を失い呼吸器が
必要になるくらいのダメージを受けている。

マルス以外が使用できるかは不明。



なお、雑誌等では「魔瘴」の表記になっている場合もある。

別記・表記ゆれ

魔瘴

関連タグ

聖闘士星矢Ω 火星士 マルス(聖闘士星矢Ω)