ピクシブ百科事典

ナギサ・アーデルハイト・ハウザーの編集履歴

2013-12-01 12:58:09 バージョン

ナギサ・アーデルハイト・ハウザー

なぎさあーでるはいとはうざー

SEGAより発売される「ファンタシースターポータブル2インフィニティ」の新キャラクターである。

概要

ヒューガ・ライトによりGRMの施設に招かれたプレイヤーとエミリアが出会った謎の少女。
種族はデューマン、クラスはハンター。
CVは水樹奈々

「使命」の名のもとに各地に散らばる「欠片」を集めているという。
そのため戦闘術に長けるが、その一方で致命的なまでに物忘れが激しく、極度に不器用な生き方しかできない。
そのせいか彼女が持ちうる常識も何処かズレており、頼み事をするためだけに相手を羽交い絞めにしたり、所かまわず抜刀したりと物騒な真似をやらかしている。
(そもそも初対面/EP2のオープニングも、彼女との対決でストーリーが幕を開けることになるし…)

かなり着やせするタイプらしく、リゾートイベントの際披露したビキニ姿は女性陣(特にルミア)にどよめきを生んだ。
(なおPSUシリーズではたいていこの手のメインヒロインは大抵控えめな体型の持ち主だというのがほぼお約束だった)

なお、本名はトゥルーエンド後に判明するが『ナギサ・アーデルハイト・ハウザー』である。
ただしそれに起因する生い立ちからか、本人はそう呼ばれることを望んでいない。

ワイナール

ナギサの中には旧文明人「ワイナール」(CV:三木眞一郎)の精神が宿っており、ミカと同様限られた人間のみがその姿および言動を知覚することができる。

見た目はポルナレフに近いが、髪型は筒状。内側が空洞になるように束ねられているのである。
露出度の高い衣装を身にまとっているせいで、エミリアからは初対面で「ヘンタイ」の烙印を押されていた。
(ただまぁ、姉であるミカもキワどい姿だったし、なによりそれらは「旧文明の正装」らしいのだが…)
エミリアが彼を名前で呼ぶことになるのは結局トゥルーエンドルート終盤のことになるのであった。

お調子者な性格で、着やせするナギサの肢体を主人公にのぞかせようとするあたりヘンタイの気があるが、
ボケ役というよりはむしろナギサの天然ボケに対するツッコミ役に回るときが多い。
また元研究者だけあって思慮深くもあり、ナギサを幸せにするためなら自分の命を犠牲にすることも厭わない程の覚悟とやさしさも持っている。

武器

ヨウメイ製のライフルのほか、ソード「スティールハーツ」を主に使う。
使用PAはグランドクラッシャー&スピニングブレイク。

高純度ステルニウムをはじめとした合成金属で造られた無銘の業物であり、
刃の形成に独自の技法を用いているため、見た目以上に軽さと堅さが両立されており長期戦闘に強い。
おまけに剣自体にリボルバー状のブースターが内蔵されており、これで威力を底上げするほか、さらには移動時の補助スラスターとしても機能する。
この武器はプレイヤーも所持することが可能で、4つある装備グレードごとに一つずつ存在する。

ちなみにこの武器、同じセガのアーケードゲームボーダーブレイクにもコラボ武器として登場している。(ちなみにあちらからはSW-ティアダウナーなどが有料DLCとして登場)
刃の部分が輝く、振り回した際にブースター炎が噴出する等オリジナル同様のエフェクトを放つが、特殊武器による性能差を考慮してか同ゲーム内の「マーシャルソード」と同性能になっている。

関連タグ

ファンタシースターポータブル2インフィニティ デューマン ヒロイン