ピクシブ百科事典

エミリア・パーシバル

えみりあぱーしばる

エミリア・パーシバルとは、「ファンタシースターポータブル2」に登場する人物。
目次[非表示]

cv:斎藤千和

プロフィール

性別女性
種族ヒューマン
年齢16歳
身長155cm

概要

赤と黒を基調としたセーラー服を着用しているヒューマンの少女。
戦闘タイプはブレイバー。(PSO2ブレイバーとは異なる)

身元不明の放浪娘で、クラブで働くチェルシーに保護されていた。
その後チェルシーが「リトルウィング」の事務員に転職したのを機に自身もリトルウィングに雇われる。
現在はリトルウィング社長クラウチ・ミュラーに預けられ、彼の家に厄介になっている。
嫌々ながらも一応それなりに家事はこなしているらしい。

不精で投げやりな言動が多く、社員であるが全くミッションに出ようとせず引き篭もっていた。
見かねたクラウチに無理矢理任務に連れ出された現場で、 同じミッションを受けていたフリーの傭兵であるプレイヤーキャラクターと遭遇する事になる。
以降はリトルウィングに就職したプレイヤーキャラクターのパートナーとなりコンビを組むが、

プレイヤーキャラクターの部屋を避難所代わりに使うと宣言しベッドを占拠したり、
難易度の高いミッションへは連れて行かないでくれと注文を付けたりと、当初はその言動に変化が見られなかった。

その辺の社員でありながらほぼ篭っている姿勢からあだ名を付けられることも。
ちなみに着用しているパンツは、白とピンクのボーダー柄(いわゆる縞パン)。
第一章でプレイヤーキャラクターの部屋のベッドでうつ伏せになり熟睡している際や、
ミッション中に戦闘不能になった際などに、主観視点モードで覗き見る事が出来る。

レリクスに妙に詳しかったり、
さらにカーシュ族の文字やラグオルにあった「モニュメント」の文字を解読したり、
難しい式から答えを導き出すことができる。
その才はやがて物語の核心として、グラールの命運を担う程になっていくことになる。

過去にキャストのルウの新しいボディの基礎設計や、そして現在でも修理困難な状態だったマガシの修理改造までもこなした。

だが、他人に説明する際に肝心なところを抜かして説明する悪癖があるため、
キャストでなければその説明を満足に理解することもできないほどに要領を得ない説明しかできない。

また、独特の美的センスの持ち主でもあり、特にキャストには「ツノ」をつけたがる癖がある。
なぜなら彼女曰く「かっこいいじゃん」。彼女を決定付ける名台詞といえばこれに尽きる。

結果、ルウとマガシは本来不要だったツノが取り付けられており(キャストのアンテナとしてのツノは元々別に取り付けられている)、またクライアントオーダーでもヴィヴィアンにツノとツバサをつけようとしかねない発言が飛び出す。
この辺はPixivでもネタにされている。(一応、ヴィヴィアンはSUVウェポンとしてツバサを装備しているが…)

なお、このツノに関してはルウもマガシも気に入らないらしく、マガシは「助けてもらった恩が無ければすぐにでも両断しているところだ」と言っている。
普段は感情を表に出さないルウですら、マガシ改装時における問題において総裁の説教を受けさせるため、無表情ながら本人が痛がるほどの強い力で連行しているほどである。

PSPo2iでは

EP1事後(シズル生存ED)の話であり、正式にクラウチの養子になっている。
またシズルと共に亜空間航行技術の研究を手伝っている。

ファンタシースターオンライン2では

彼女の髪型と衣装が期間限定でスクラッチアイテムとして登場した。
なお3月18日のアプデでナギサとシズルの髪型と衣装が出た。

そして、2016年11月2日~12月21日の期間限定でヴィヴィアンと共に登場。クラスはフォース/テクター。
PSPo2の主人公に会いに行くために亜空間航行をしていたのだが、トラブルが発生し惑星ナベリウスに不時着、アークスらに救助される。
キャストの改造グセは相変わらずのようで、提供してもらった航行艦の部品を流用してヴィヴィアンを純白のボディに作り替えようと発言(実行前にヴィヴィアンが話題をそらして逃げたが)。
クライアントオーダーをクリアしていくと、彼女のパートナーカードの他、クラーリタ・ヴィサスの☆13Ver.が入手できる。
なお、期間限定キャラとしては珍しくイベントシーンが用意されており、クエストの同行開始時・オーダー報告前にイベントが挿入される。

関連イラスト

センシティブな作品
ゴミリア
PSP2



関連タグ

ファンタシースターポータブル2 ファンタシースターポータブル2インフィニティ
リトルウィング PSUNPC一覧


































ネタバレ























実はかつてガーディアンズに所属していた研究者であり、凄まじい分析・記憶能力はこの頃から持っていた。

彼女自身をコアとした生体コンピュータの開発計画「テンマ計画」が進められたことがあったが、最終的には凍結されている。

3年前のSEED事変ではリュクロスの調査に向かう研究者達に同行したが、SEEDフォームの襲撃で「そいつはただの部品だ」と真っ先に見捨てられた挙句に命を落としてしまう(この時の記憶は彼女のトラウマになっている)。

その後、リュクロスに宿っていたミカに命を救われるが、記憶を失う。

終盤でエミリアは記憶を取り戻すが、大切な「家族」との交流で辛い過去を乗り越えた。

関連記事

親記事

リトルウィング りとるうぃんぐ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エミリア・パーシバル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2002411

コメント