ピクシブ百科事典

まりんとメラン

まりんとめらん

正式タイトルは『BRIGADOON まりんとメラン』。WOWOWで2000年7月21日から2001年2月9日まで放送された、サンライズ制作のアニメ。全26話。略称「まりメラ」。
目次[非表示]

『BRIGADOON まりんとメラン』に関係するイラストにつけられるタグ。

概要

本作で中心に描かれるのは、主人公まりんと生体兵器であるメランの種を超えたである。いくつもの伏線が張られており、敵の正体や目的がラスト近くまで謎のまま先が読めない。実際に全てが明かされるのは最終回である。
全体を通してテンションの波が激しく、あまりの描写のため見るに耐えないシーンもあれば、第十五話「極彩サヴマトンカラー」のように完全に公式が病気な回もある。
渡瀬のぞみによるコミカライズもされたが、基本的にはアニメ版とは違うストーリーになっている。
何人かの登場人物はにちなんだ名前が付けられており、モノマキアの名前もギリシャ語で色をあらわす単語からきている。
同じく各回のタイトルにも色を連想させるフレーズが入る。ちなみにタイトルの"BRIGADOON"は、スコットランド伝説「ブリガドーン現象」からであると推測される。またモノマキアとはギリシャ語で『ひとつ(単発)の戦』という意味であるため、ギリシャ神話に詳しい視聴者ならモノマキアは戦闘用なのであることを連想するだろう。
なお、海外の一部で『BRIGADOON』というタイトルで放送された。

ストーリー

時は1969年大阪万博の開催まで一年をきったある日、東京下町長屋に住む平凡な少女浅葱まりんは突如空に現われた異世界「ブリガドーン」からやってきた謎の生体兵器(モノマキア)に襲われる。
その時、根津神社御神体として祭られていたアンプルの中から別のモノマキアが現れ、まりんを救う。彼の名はメラン・ブルー。まりんを守るのが任務だという。こうして二つの世界の運命をかけた戦いが始まった。

主な登場人物

浅葱まりん(あさぎ まりん)
CV:KAORI
この作品の主人公。中学一年生。遠視の為いつも眼鏡をかけている。
口癖は「あっは~ん!」。ひどい妄想癖の持ち主。捨て子だったところをモト婆ちゃんに拾われ、長屋の人たちに育てられた。捨て子であったことや長屋住まいであることを理由に苛められることもあるが、たくましく生きる前向きで明るい女の子。新聞配達をして家計を助けている。

如月萌(きさらぎ もえ)
CV:齋藤彩夏
まりんの親友。まりんのことが大好き。家はかなりの資産家だがそれを鼻にかけることはない。おっとりしていて内気性格の為、正反対の性格のまりんに憧れのようなものがあるらしい。まりんをあまりよく思わない母親(声・はやみけい)がいる。

亜呂真(あろ まこと)
CV:緑川光
まりんたちを見守る謎の少年通称あろま。ブリガドーンについて詳しく知る自称未来から来た歴史観測委員。いつでも何かを口にしている。

浅葱モト(あさぎ もと)
CV:愛河里花子
長屋に住んでいる、まりんの育ての親。小柄だがパワフルな肝っ玉おばあちゃんでまりんのことを実の娘のようにかわいがっている。異界の住人であるメランをあっさり受け入れるなど広い度量の持ち主。

藍庵秀太(あいあん しゅうた)
CV:田の中勇
長屋に住む老発明家。いくつもの奇天烈な発明品を製作している。何の役にも立たない物もあるが彼が作ったものが事態の突破口になることも多い。また頭の回転も速く、長屋のブレーン的な役割をする事も。科学や発明とは人を幸せにするための物という確固とした信念を持った科学者の鑑のような人物。だが性格は気さくで親しみやすく、まりんのこともかわいがっている。モトや彼女の夫の元とは昔からの知り合いらしい。実は元日本軍研究員

マイク・ホワイト
CV:岩田光央
長屋の住人の一人で、秀太を親分と呼び、助手をしているアメリカ人青年。かなり訛りのある日本語を使いその文法は微妙に間違っている。優しく陽気な性格の持ち主で、まりんとは年の離れた友達のような関係。物語後半、空母ミッドウェイの艦載機のパイロットとして再登場する(平和主義者で徴兵から逃れる為に日本に来ていたことが判明する)。
米たに作品ファンの間では、この人物が『勇者王ガオガイガー』に登場するスタリオン・ホワイト(1978年生まれという設定)、スワン・ホワイト(1981年生まれという設定)兄妹の父親ではないか?との説も上っているが真偽のほどは不明。

桃井ひとえ・ふたえ・みつえ(ももいひとえ・ふたえ・みつえ)
CV:柚木涼香
長屋に住んでいる三つ子の女性。長屋の近くにある駄菓子屋を経営している。
いつも三人揃って行動し、しゃべる時も三人で流れるようにしゃべる。そのためまりんは彼女たちのことを「桃井のおばちゃんたち」と呼んでいる。
小柄でふくよかな体型の、いわゆる「近所の気さくなおばちゃん」的風貌。実際性格も三人揃って気さくで料理が得意なのも三人一緒。長屋では朝夕の食事は全員で揃って摂っているが、その全てをまかなう長屋の料理番でもある。
独身。長屋に来客があるたび、お茶ジュースコーヒーなどそれぞれ別のものを出し、客がどれを選ぶかを競っている。

鴇田純(ときた じゅん)
CV:荒木香恵
長屋の住人。正の娘。看護婦に溺れる父親を抱えて働く苦労人だがそんな雰囲気は見せない。優しく面倒見のいい性格でまりんの姉的存在。

鴇田正(ときた ただし)
CV:高田裕司
長屋の住人。いつも酔っぱらっている。働きもせず、昼間から酔いどれているダメ親父だが実際は家族思い。酒に溺れるようになったのも、みゆきという奥さんが出て行ってしまったことが原因。実は素面の時は豪胆で非常に頭のキレる人物であり、人々が怒りに任せてメランを襲おうとした際に彼らを宥め、言いくるめてしまったこともある。

真乃みどり(まの みどり)
CV:柚木涼香
まりんの中学の先輩で3年生。よく警察のお世話になるほどの不良だが、自身にも父親がおらず、同じく両親のいないまりんにシンパシーを感じ、何かと気にかけてくれる面倒見のいい優しい先輩。

メラン・ブルー
CV:大塚芳忠
ブリガドーンの銃剣士とよばれる類の生体兵器モノマキア)で、まりんを守るのが任務だという。普段は小さな小瓶のようなアンプルに収まっており、まりんが呼び出した時だけ外に出ることが可能。全体的なシルエットは人と同じだが、体の一部は金属質の素材で出来ており、右手左手になっている。そのため物を掴んだりする場合は腰の部分に内蔵された作動肢を使う。背中のウイングを展開させることで空を飛ぶこともでき、新幹線並みの速度を出すことも可能。普段は露出しているが戦闘時には体と同じ素材で顔も覆う。まりんや長屋の人たちとの暮らしの中で徐々に人間らしい感情に目覚めていく。ご飯を50杯も平らげるという大食漢であり、笛ラムネが吹けないという意外な一面をもつ。一人称は「僕」。

ポイクン
CV:岩田光央
移動用モノマキア。メランやクシャトーンと同じくまりんを守るのが任務。
途中からメランと合流する。

クシャトーン
CV:柚木涼香
戦闘用モノマキア。メランやポイクンと同じくまりんを守るのが任務。途中からメランと合流する。

パイオン・シルヴァー
CV:高田祐司
メランと同じ銃剣士で、メラン曰く「誇り高き最強の銃剣士」。右手に聖剣エクスカリバー、左手にガトリングガンを持つ。
メランを裏切り者だと思っている。あることから残念なイケメンとなり、視聴者からはネタキャラ扱いされることも少なくはない。

エリュン・ガーネット
CV:荒木香恵
パイオン同様銃剣士で、モノマキアにしてはめずらしい女性。右手にレイピア、左手にレーザー銃を持ち、レーザー銃を反射させる反射板を使うことで遠距離戦ではかなり有利。しかし、その分接近戦の剣は残り二人には劣る。メランが裏切ったことで銃剣士の誇りを傷つけたと思い、彼を激しく憎んでいる。

ロロ
CV:新谷真弓
ブリガドーン人。のような姿で服の色は。メランの上司のようなもので、中枢議会のメンバーの一人で、役職は「生活向上委員長」。
常にふざけた態度をとることから周囲に嫌われているが、実はとても優秀。過去に友人を失った経験がある。

ララ
CV:西村ちなみ
ブリガドーン人で服の色はピンク。ロロの数少ない友人の一人で中枢議会のメンバーでもあり、役職は「生態管理委員長」。様々なモノマキアを作ることでまりんの秘密を明らかにする。

ルル
CV:緑川光
ブリガドーン人で服の色は青。ララ同様ロロの数少ない友人の一人で中枢議会のメンバーでもあり、役職は「時空観測委員長」。常になにか食べている。

関連イラスト

ずーっと
紺碧の守護者


まりんとメラン サヴマトンカラーにて
僕は君を守る


関連タグ

BRIGADOON 浅葱まりん メラン・ブルー
まりメラ / メラまり / 海色夫婦
人外×少女 人外×人間
ダブルソーダ

pixivに投稿された作品 pixivで「まりんとメラン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3905487

コメント